advertisement.

HOME<書かれた記事の一覧<シアトル・レインの「5つの発表」

シアトル・レインの「5つの発表」

Pocket
Share on Facebook

INACの川澄選手の移籍が報じられましたが、これはシアトル・レインがTwitter上で予告した今週なされる「5つの発表」の最初の発表にあたります。当サイトでは引き続き、残りの4つの発表についてもフォローしていきます。=> 完結いたしました。[2/15]

第1弾 川澄奈穂美のローン移籍[日本時間2014年2月11日14:30発表]

川澄選手の移籍に関しては既に記事にしましたので、以下のリンクをご覧下さい。「川澄、シアトル・レインにレンタル移籍

第2弾 ケンドール・フレッチャーの加入[日本時間2014年2月12日5:00発表]

フレッチャー選手は、1984年11月6日生まれの、アメリカのプレイヤーで、米代表としても出場経験がある選手です。前所属クラブは、オーストラリアのキャンベラ・ユナイテッド。(cf:Wikipedia Kendall Fletcher)上のツイートでは「シアトル・レインとの契約は超嬉しい。アメリカに戻るのが楽しみで、let it reignするのを待ち切れない!」と言っています。(※let it reignは訳すのが難しいので保留させて下さい。また、stokedという表現についてはこちらを参考にさせて頂きました)

第3弾 アマンダ・フリズビーとの契約 [日本時間,2014年2月13日2:00発表]

フリズビー選手は、2014年のNWSLのドラフトにかけられていた今年からキャリアを積む新人の選手です。ディフェンダーとして期待されています。フリズビー選手もTwitterアカウントを持っていて(@Frizzbie)、「シアトルを新しいホームと呼べることがどれほど嬉しいか言葉じゃ言い表せない!初めてユニフォームを着るまで待てない!」とTL上でコメントしています。

第4弾 ヘイリー・コップマイヤーの入団 [日本時間,2014年2月14日2:00発表]

4人目はキーパーでした。ソロ選手以外にキーパーが所属していない状況だったので、5人のうち誰かはキーパーだろうと予想されていた中でのコップマイヤー選手との契約発表となりました。例に洩れず、コップマイヤー選手もTwitter(@hkopmeyer)上で喜びのコメントを投稿しており「みんな、ありがとう!シアトル・レインに戻ることができて、選手として成長し続けられる以上の喜びなんてないわ!」と言っています。昨年、2013年のドラフトで全体31位、シアトルの4巡目で指名されていた選手です。身長は180cmで、ソロ選手よりも5cm高い、女子では長身のGKです。
cf. Wikipedia “Haley Kopmeyer”

第5弾 ジェシカ・フィッシュロックとの再契約 [日本時間,2014年2月15日2:00発表]

シアトル・レインは5つの発表の最後の締めくくりとして、フィッシュロック選手と2014年も契約する事を発表しました。2015年、2016年までのオプションもつけられています。フィッシュロック選手は現在27歳の、ウェールズ代表の選手です。昨季は、シアトル・レインのメンバーとして21試合に先発出場し、計1878分のあいだに4ゴールを上げ、NWSLの2013シーズンベストイレブンにも選ばれました(参照)。フィッシュロック選手のTwitterアカウントはこちら(@JessFishlock)。