advertisement.

HOME<書かれた記事の一覧<2014年03月

Month: 3月 2014

 25日、クープ・ドゥ・フランス準々決勝の組み合わせ抽選会が行われた。前回優勝のオリンピック・リヨンは、モンペリエと対戦することになった。モンペリエとリヨンは、昨年のクープ・ドゥ・フランスでも対戦しており、その時は準々決勝で4-0という結果だった。試合予定日は、4月13日。熊谷の怪我が先日の発表通り1ヵ月を要するものであるならば、出場は難しい。

#
1. オリンピック・リヨン vs モンペリエHSC
2. ビシャイム vs パリSG
3. ロデズ vs ジュビジー FCF
4. ソヨー vs ヴェンドゥナイムFC

 これ以降の日程として、準決勝が5月11日に行われる予定で、組み合わせは以下の通りになっている。

#4の勝利チーム vs #1の勝利チーム
#3の勝利チーム vs #2の勝利チーム

 決勝は6月7日の土曜日、サン=ブリユーにて行われる。


参考リンク

 今年からNWSLに参加するなでしこジャパンアルガルベ組の、木龍と川澄がようやく新たなチームへと合流した。

 まず、木龍から。2011年のワールドカップ優勝とロンドン五輪銀メダルの時のメンバーではなかったためか、チームのサイトやTwitterで取り上げられることはなかったが、チームTwitterが24日に投稿した画像の中にその姿を発見することができた(下添付画像の右から3番目。※スマートフォンの場合はリンク先でご覧になってください。)。キプロス・カップに参加していたカナダのシュミットらと共に、開幕前キャンプ第3週からの参加となる。
 スカイブルーFCの次の試合は、3月29日午後4時(現地・予定)のノースカロライナ大学戦。ここでの出場が期待される。

 もう一方の川澄は、Twitter上で大きく紹介された。

 シアトルの間近の試合は、4月3日午後7時(現地)のワシントン大学で、それまでは川澄の新天地への適応も含め、チームを開幕に向けて組織していく日が続く。

 上の動画でハーヴェイ監督の後に喋っているのは、ミッド・フィルダーのウィンターズで、途中頻繁に映像が切り替わることからもわかるように、川澄のニックネームと英語について主に語っている。日本では「ナホ」と呼ばれていた川澄を、ウィンターズは「気に入ってくれるかまだわからない」としつつも「ホーミー」と呼びたいようだ。
 シアトル・レインは外国人枠を、川澄の他に、ジェシカ・フィッシュロックとキム・リトルに使っている。この2人はそれぞれ、ウェールズとスコットランドの出身なので、非英語ネイティヴは川澄だけということになる。言葉の面でも川澄の挑戦は続く。


参考リンク

本日、3月23日からUEFA WCL準々決勝が始まる。4年連続で決勝に進んでいたオリンピック・リヨンや、最多優勝クラブであるフランクフルトといった顔ぶれが見られないはファンにとっては残念かもしれないが、見所は多くある。

前回のステージからは、ウインター・ブレイクを挟んだということもあり、さまざまな変化がクラブにはあった。中でも、スウェーデンのティレソーは、今月の初めに財政危機に陥ったことが報告された、最悪の事態は免れたようだが、現在もクラブ再建に奮闘している。WCLの優勝賞金は、25万ユーロ(日本円でおよそ3500万円)。クラブのためにも選手たちが優勝を意気込んでいることは間違いない。
また、なでしこジャパンの大野近賀コンビの加入で話題のアーセナルレディースは、このオフに選手が10人入れ替わった。新しく加入した選手には、近賀、大野の他にイングランド代表主将のケイシー・ストーニーなどを含むが、手放した選手にはキム・リトル(米:シアトル・レインへ移籍)やエレン・ホワイト(英:ノッツ・カウンティへ移籍)などのA代表レベルの選手も含まれており、この大きな入れ替えによって、これから結果がどのように異なってくるかが注目されている。

日本人選手情報として、ポツダムの永里亜紗乃にも、先週のリーグ戦でゴールを決めているだけに、出場の期待がかかっている。ポツダムはリヨンを破って準々決勝進出を果たしていることからも、優勝候補筆頭であることは間違いない。大儀見優季が貢献した2010年以来の優勝となるか。

WCL準々決勝1st Leg組み合わせ
Home Kickoff. Away
ティレソー 3/23 14:45 ノイレンバッハ
トーレス 3/23 15:00 ポツダム
ヴォルフスブルク 3/23 17:15 バルセロナ
バーミンガム 3/24 20:00 アーセナル

4月6日に行われるアメリカ代表と中国代表の親善試合が、前回のロシアとの試合に続いてussoccer.comにてストリーミング中継される(下の動画は2/13のロシアとの試合の様子。YouTubeにもアーカイヴとして保存される)。

会場はコロラド州にある、ディックス・スポーティング・グッズ・パーク。ここは、2012年9月に現スウェーデン代表監督のスンダーゲ監督が最後にアメリカ代表を指揮した時に使用したスタジアムで、この会場が女子代表の試合に使われるのはそれ以来だという。

キックオフは、日本時間で4月7日、月曜日の午前6時(現地時間では4月6日午後3時)。なでしこジャパンとAFC女子アジアカップのノックアウトステージで対戦する可能性のある、中国女子代表の「予習」として見るのもいいかもしれない。

<hr/ >

参考リンク

advertisement.

 明日、INACとUCLAブルーインズがFamilyMart Dream Matchで対戦する。場所は、沖縄県総合運動公園陸上競技場でキックオフは13:00からとなっている。

 UCLAブルーインズは、昨シーズンの大学全米チャンピオンの強豪チームで、メンバーの中には、今年のアルガルベ・カップにも招集され、またU-20女子ワールドカップ2012日本大会でも活躍した、サマンサ・ミューウィスやサラ・キリオンらがいる。なでしこジャパンのアルガルベ第1戦で得点した、シドニー・ルルーもブルーインズのOBである。

 なお、この試合は、生中継ではないものの、BSフジにて3月29日26時30分から28時30分にかけて録画で放送されることが決定している。


 この日本訪問に関連して、ブルーインズはWebサイト上でSNSを駆使した大々的なキャンペーンサイト(UCLA Soccer-WOMENS SOCCER/Japan)を立ち上げている。このサイトでは、#BruinsinJapanというハッシュタグに紐付けられたTwitterとInstagram投稿が一覧できるようになっている。またそれとは別に、フォームからブルーインズに対してメッセージを送るという機能もついていて、それがページに反映される仕組みもついている。

 サイトによれば、ブルーインズはINACと沖縄で試合をしたあと、26日に静岡に移り、その翌日にJFAアカデミー福島と対戦する(14:00キックオフ予定)。そして、最後に東京に寄って、カリフォルニアに戻るという行程。



参考リンク

オリンピック・リヨンはWebサイト上で、所属選手である、なでしこジャパンの熊谷紗希の怪我の詳細を明らかにした。

怪我をしたのはアルガルベ・カップの招集期間であるとされており、今週月曜日に検査をしたところ、右足首の捻挫と発覚。2週間のギプス装着が必要とされており、およそ1ヵ月は試合には出られないものと見られている。

参照: リヨン公式Webサイト- “KUMAGAI PLÂTRÉE DEUX SEMAINES”


3/20 追記:この投稿の後、チームメイトでフランス女子代表のGKである、サラ・ブアディがTwitter上で熊谷に「はやく回復してリヨンに戻って来て!」とエールを送った。

米メジャーリーグサッカーの、ヒューストン・ダイナモ対ニューイングランド・レボリューションの試合のハーフタイムに、ダイナモの女子チームであるヒューストン・ダッシュのメンバーがピッチに降り立った。ダイナモのホーム、BBVAコンパス・スタジアムで、サポーターたちにダッシュの選手が紹介された。

集まったメンバーの中には、7日にヒューストンに到着して間もないなでしこジャパンの鮫島彩のほか、昨年アルビレックス新潟でも活躍したマッカーティーや、ラ・マンガでU-23アメリカ代表としてプレーし帰国したばかりのケアリア・オハイなども出席した。

ヒューストン・ダッシュの公式戦初試合は、4月12日(現地)にホームで迎えるポートランド・ソーンズ戦。ファンもいよいよ開幕を待ちきれなくなってきたところだ。

参考・その他のリンク

下写真:その他、Twitterに投稿された写真


https://twitter.com/search?q=houston%20dash&src=typd

なでしこジャパンの熊谷紗希が、同じリヨン所属のルナール、シェリンと共に”THE FIFA WEEKLY”の表紙に起用されている(※明日公開予定)。”THE FIFA WEEKLY”は、FIFAが昨年10月から発行されており、男女の区別無くFIFAとサッカーに関わる事を扱う週刊誌。過去にはミア・ハムの大きな特集を組んだこともある。

冊子はネット上で読む事が出来るほか、PDFでのダウンロードも可能となっている。”THE FIFA WEEKLY”のURLはこちら(FIFA-THE FIFA WEEKLY)。※公開は明日なので、現時点では2月28日号のものが写っています。明日、公開され次第、そのページのURLをこのページで新しく貼ります。


3/7,22:56追記 ※更新されましたのでURLを貼ります。Issue #20 – 7 March 2014 リヨンというクラブの特集とスウェーデン代表スンダーゲ監督のインタビューがメインになっています。FA WSLのことも触れてあります。内容をそのまま訳すと著作権的にアウトなので出来ませんが、いつかかい摘んで紹介するかもしれません。