advertisement.

HOME<書かれた記事の一覧<ティレソーとヴォルフスブルクが決勝進出 UWCL

ティレソーとヴォルフスブルクが決勝進出 UWCL

Pocket
Share on Facebook

ティレソー 3-0 バーミンガムシティ (計3-0)

 前半までは0-0。49分にマルタのPK失敗があったものの、その後の61分と72分のプレスの2得点で試合の流れはティレソーに。試合終了直前には、UWCL終了後にチームを去るマルタのダメ押しゴールでとどめを指し、決勝進出を決めた。

ヴォルフスブルク 4-2 ポツダム (計4-2)

 ドイツ勢同士の対決は、10,000人を越えるホームの歓声に後押しをされたヴォルフスブルクに軍配が上がった。36分、41分のアレクサンドラ・ポップの2ゴールで、同点と逆転に成功。その後はポツダムの攻撃を封じ、最後は80分のミュラーの得点で勝ち越し、そのまま逃げ切った。これでヴォルフスブルクは昨年に引き続き決勝進出が決定し、連覇に挑むことになる。決勝は、5月22日にリスボンで行われる。

 WCLで唯一準決勝まで残っていた日本人選手だった永里は、2nd legでは先発で出場し、90分間通してプレーした。33分には、ヴォルフスブルクのディフェンダーとゴールキーパーとの間のミスを逃さず、キーパーからボールを奪い、ポツダムの2点目となったアノンマのゴールを演出した。