advertisement.

HOME<書かれた記事の一覧<ホープ・ソロ、とりあえずは出場OK。スカイブルー戦で復帰か

ホープ・ソロ、とりあえずは出場OK。スカイブルー戦で復帰か

Pocket
Share on Facebook

 6月21日(以下、日付と時刻はすべて現地時間)に、姉とおいへの家庭内暴力の疑いで逮捕されたホープソロに対する公式見解を所属クラブのシアトル・レインが6月26日になりfacebook上で公表した。

 シアトル・レインは、事件が発覚してすぐの段階では、「私たちはソロの状況を認知しており、いま情報を集めている最中です。現時点でお知らせできるような、詳しい内容の情報はありません」という短い声明を発表するに留まっていた。だが5日後、裁判とその後のクラブとソロ間の話し合いの結果を踏まえた今回の文では、対応についての詳細が明らかにされた。それによれば、シアトルは、ソロがチームの理念の掲げるに十分叶った選手であるとし、そのクラブへの貢献度と推定無罪の原則に則って、クラブでの練習と試合出場を可能なものとする判断を下した。この決定により、早ければ、今週土曜日のホームでのスカイブルー戦から出場するものと見られている。

 ただ、必ずしも安堵できないのは、無罪を主張しているソロの裁判が8月11日に再び行われることだ。NWSLのシーズン期間は8月いっぱいまであり、この裁判で仮に有罪判決が出たとすれば、また新たな対応が迫られることになる。シアトルも先の公式見解で「万が一ソロに非があるとされたならば、その時にはクラブの価値と信念に従って然るべき対応を取ります」と記している。つまり、最終的な順位を決定する一番肝心なプレーオフに出られないという可能性がある。さらに言えば、クラブの対応とアメリカサッカー協会の対応が異なることも考えられ、代表戦での活動には何らかの影響があるかもしれない。

 上は、約1週間ぶりにTwitterを更新した男子チームを応援するソロの様子。このツイートの後にはfacebookでサポーターたちへのお詫びのメッセージが公開された。


参考リンク