advertisement.

HOME<書かれた記事の一覧<星川敬 元INAC監督のいま ポーランドで指揮

星川敬 元INAC監督のいま ポーランドで指揮

Pocket
Share on Facebook

 2012年のシーズンを持ってINAC神戸レオネッサの監督を退任していた、星川敬氏の近況が明らかになった。彼はいま、ポーランドのクラブ、コンコルディア・エルブロングで監督をしている。

 星川氏は、INACの監督を退任した後、2013年シーズンは、チェルシーレディースのコーチとして活動していた(参照記事: ニッカン-「INAC星川前監督がチェルシーコーチに」Samurai Football Academy の Facebook )。

 そして、昨シーズン終了後のオフの期間である2014年2月に、INACのチームアドバイザーに就任することが発表された(参照記事: INAC公式-「星川敬氏 チームアドバイザー契約締結につきまして」)。

 この発表のあと、星川氏が具体的に何をしているのか、あるいはINACとどのように関わっているかは不明だった。しかし、星川氏が6月30日からTwitterを始めた(@keihoshikawa)ことにより、またそれに続く形でブログを始めたことにより、いくつかのことが明らかになった。

 まず、冒頭に述べた通り、星川氏は現在、ポーランドの国内リーグ2部3部のクラブ、コンコルディア・エルブロングで監督をしている(本人は、直接「コンコルディア」という名前を出していないが、ブログから推察が可能。さらに、クラブのウェブサイトにもKei Hoshikawaの名前がある)。クラブ公式サイトを見ると、リーグは開幕戦の第1節を終えたという段階だ。

 こうなると、INACとの関係はどうなるのか、という疑問が出てくるが、この記事が書かれている現在、INACのウェブサイト上にある星川氏の名前が消えていないことから、アドバイザー契約は続いているものとみられる。また、Twitter上でもINACのアカウントと多くやりとりをしており、関係は悪くないようだ。

 また、Twitter上の気になる発言としては、「女子サッカー唯一の心残りはオールスターの監督出来なかった事です」(URL)と述べたあとの以下のやりとりがある。


※ 2部->3部 へ訂正。及び不確かな状態が続いているためタイトルのと第一段落の一部を削除。 (8/12 12:35) / Twitter上で指摘してくださった@ym_085さんに感謝致します。/ 12:35の段階でも、果たして3部なのか100%の確証がないので保留しています。申し訳ありません。/ 8/12 21:00更新 3部の根拠としては、2013-14シーズンにII ligaに所属しているという記述がWikipediaにあり(情報があるのがWikipediaくらいなので…)、このII ligaはポーランド全体で、Ekstraklasa、I ligaに次ぐリーグなので、3部としました。また、参照元が2013-14シーズンになっていますが、コンコルディアが降格したという事実はないので、そのまま3部として扱っています。

参考リンク