advertisement.

HOME<書かれた記事の一覧<UEFAヨーロッパ女子最優秀選手賞はケスラーの手に

UEFAヨーロッパ女子最優秀選手賞はケスラーの手に

Pocket
Share on Facebook

ヴォルフスブルク所属のフィッシャー、ケスラー、ミュラーの3人が対象となっていた、UEFAヨーロッパ女子最優秀選手賞の受賞者が8月28日に発表された。受賞したのはナディーン・ケスラー。2年連続で女子チャンピオンズリーグ(WCL)と国内リーグを制覇したチームのキャプテンとしての貢献や、WCLファイナルのティレソー戦でチームの決勝点となったミュラーのゴールのアシストなどが評価された。

ケスラーは受賞コメントとして、「この賞をもらうことはたいへん名誉なことです。チームの皆とチームを裏で支える皆に感謝します。この賞は皆でとったものです」とコメントした。

なお、最後の3人の中での順位は、ケスラー、ミュラー、フィッシャーの順だった。これ以下のトップ10については以前の記事、“UEFA女子最優秀選手候補は、フィッシャー、ケスラー、ミュラーのヴォルフスブルクトリオ”を参照のこと。以下の動画は2014年のケスラーのプレー動画。

<hr/>

参考リンク UEFA -“Kessler wins Best Women’s Player Award”