advertisement.

HOME<書かれた記事の一覧<代表専念のキム・リトル、代表100試合出場へ。9月中の切符獲得なるか

代表専念のキム・リトル、代表100試合出場へ。9月中の切符獲得なるか

Pocket
Share on Facebook

今季のシアトル・レインの快進撃を支えた中心選手で、NWSLのMVPにも選ばれたキム・リトルが、9月13日に行われるUEFAワールドカップ予選のフェロー諸島との試合で、代表通算100キャップに到達する。地理的な要因もあるが、この数字は同じ世代の熊谷紗希(リヨン)やチ・ソヨン(チェルシー)のキャップ数よりも大きい数字となる。
なお、キム・リトルは、NWSLシーズンオフ期間のプレー先が注目されたが、シアトルのフィジオで川澄奈穂美の通訳も務めていたシーラさんのブログによると、代表活動に専念するという。

Kim little scotland.jpg
Kim little scotland” by Alasdair Middleton from Rothesay, Scotland – IMG_5293. Licensed under CC BY 2.0 via Wikimedia Commons.

スコットランドは現在、スウェーデンとUEFA予選グループ4の1位通過争いを繰り広げている。8試合終了時点で、全勝のスウェーデンが1位で、1敗のスコットランドがそれに続いている。両代表チームは、9月17日にスウェーデンのホームで直接対決を控えている。

残り2試合、スコットランドが1位通過を決めてワールドカップの出場権を9月中に得る為には、13日のフェロー諸島戦で大差で勝利し、17日のスウェーデンとの試合で、3-1以上の成績で勝つ必要がある。スコットランドは、リサ・エヴァンス(ポツダム)らを怪我で欠いているため、厳しい戦いになることが予想される。

キャップ数の大台が近い選手

  • 澤穂希(日本代表) あと3試合で200キャップ到達
  • クリスティー・ランポーン(アメリカ代表) あと5試合で300キャップ到達

参考リンク


ヨーロッパ予選は、この1週間でプレーオフ1枠を除いた全ての枠が決まります。イングランド、スイスに続くのはどこの代表なのか。グループ予選最終日前に記事を公開する予定です。
※9/13シーラさんに関する部分の記述を補足変更