advertisement.

HOME<書かれた記事の一覧<スペイン女子代表、初のワールドカップ出場決定

スペイン女子代表、初のワールドカップ出場決定

Pocket
Share on Facebook

スペイン女子代表が、初のワールドカップ出場を決めた。スペインは、ヨーロッパ予選のグループ2でイタリアと終盤まで1位通過をかけて争っていたが、2013年10月31日に行われたグループ第2節のスペインvsイタリアの試合を2-0で勝利していたことが、今回の出場権の獲得を決定づけることになった。敗れたイタリアだが、プレーオフ進出は決めたので可能性が途絶えたわけではない。

これで、ヴェロニカ・ボケーテの姿を初めてワールドカップで見ることができる。ボケーテは、今年、NWSLのシーズン中盤(10試合目から出場)にポートランドに加入しながらも、4ゴール6アシストで川澄らと共にベストイレブン(MF部門)に選出され、自らが世界トップレベルのプレーヤーであることを証明した。NWSL終了後は、安藤や田中明日菜の所属するドイツのフランクフルトへ移籍し、レギュラーの座を掴んでいる。

また、スペイン代表には、バルセロナに所属するアレクシアという若手の注目選手もいる。


※更新のタイミングが遅れてしまい申し訳ありません。他の記事に追われている最中に自然に埋もれてしまっていました。そのまま放っておくこともできましたが、スペインだけ残さないというのも変なので、多少おざなりになってもこのたび公開する事に致しました。