advertisement.

HOME<書かれた記事の一覧<2014年10月

Month: 10月 2014

 日本時間で30日と31日の未明に、UEFA予選のプレーオフ準決勝の第2試合がそれぞれ行われた。この結果、イタリアとオランダが決勝に進出した。イタリアは、アウェーで臨んだウクライナとの試合を50分の時点では0-2とリードされる展開になったが、その後にベテランのパニコのゴールなどで2点を取り返して、同点に持ち込み、合計4-3として決勝進出を決めた。イタリアは、前回大会予選のプレーオフで、あと1勝すればワールドカップというところでアメリカに敗れているが、今回も出場に王手をかけるところまでたどり着いた。
 翌日に行われた、オランダとスコットランドの試合は、2-0でオランダが勝った(合計4-1)。得点者は、第1試合と同じMartensとMelisのふたり。スコットランド代表でシアトル・レイン所属のキム・リトルは、2試合通じてフル出場したが、得点は初戦のPKのみで、ここで敗れ去ってしまった。
 決勝ラウンドは11月の22日から27日のあいだに、ホームアンドアウェー方式で2試合行われ、この試合の勝者がカナダ大会全24枠最後の参加チームとなる。

  
UEFAプレーオフ準決勝の結果
日付 時刻 対戦カード 試合詳細
10月25日 22:00 イタリア 2-1 ウクライナ URL
10月26日 1:30 スコットランド 1-2 オランダ URL
10月30日 1:00 ウクライナ 2-2 イタリア URL
10月31日 3:00 オランダ 2-0 スコットランド URL

イタリアのベテランのパニコ

スコットランド vs オランダ 1st legのハイライト

スコットランド vs オランダ 2nd legのハイライト
(追加予定)

10月31日が正式な申請の締め切り日となっている、2019年女子ワールドカップの大会招致。今年の3月以来、日本を含む複数の国が関心を示してきたが、最終的にはフランスと韓国の2カ国の招致派遣団がチューリッヒのFIFAを訪れ、ブラッター会長らと面会し、正式に招致のための書類を手渡した。これで、カナダの次は、韓国かフランスに決定した。なお、どちらも2018年のU-20女子ワールドカップにも同時に申請しているため、こちらもこの2カ国のいずれかとなる。

フランスよりも早く提出した韓国は、KFA(韓国サッカー協会)チョン・モンギュ会長は、女性大統領であるパク・クネ氏からの厚いサポートがあること、2002年の日韓同時開催の男子ワールドカップ、2007年のU-17男子ワールドカップでの開催経験を強調した。一方のフランスは、ノエル・ル・グラエ会長や女子代表監督のベルジュロー氏らが現れ、フランスでの女子サッカーが過去10年のあいだにますます盛んになりレベルも向上していることなどをアピールした。どちらの国での開催になるかは、2015年3月に行われるFIFAの執行委員会で決定される予定。


フランスは、提出後に記者会見を開き、代表選手のティネ、ジョルジュなども出席した。ここで、フランスで開かれた場合の大会ロゴ(下写真)や、開催予定地などが公表された。予定地には、オセール、グルノーブル、ル・アーブル、リヨン、モンペリエ、ナンシー、ニース、パリ、ランス、レンヌ、ヴァランシエンヌが挙げられている(参照)。

(韓国については、開催候補地などの詳しい情報がまだネット上に上がってきていない。明らかになり次第、公平を期すためにも、ここに追加して書く予定)

これまでの経緯

2019年のFIFA女子ワールドカップをどこで開催するかは、6月のニュージーランドとイングランドの撤退によって、フランス、韓国、そして南アフリカの3カ国に搾られていた。今回、南アフリカが見送ったことで、2枠へと搾られ締め切りを迎えた。

イングランドの招致も注目されていたが、BBC Sportsが過去に報道した内容によると、イングランドの取り下げは、同じヨーロッパのフランスが候補としてより有力であるために見送ったとされている。いわば、戦略的撤退という形だった。

同じく6月に取り止めていたニュージーランドは、財政的な判断によるもので、ニュージーランドフットボールの最高経営責任者であるアンディ・マーティン氏は、取り止めに際して「女子ワールドカップのような大きなイベントを招致することがもたらす効果に対して財政調査をしたが、2019年の時点でというのは我々に取って時期尚早であると結論を下した」と述べていた。


参考リンク

 

 フランス女子代表は、25日に行われたドイツとの親善試合で2-0で勝利したが、その試合の前半10分にリヨンのカミーユ・アビリーが右膝を負傷し、直後に交代していた。
 今週月曜日に行われた検査の結果を伝えるリヨン公式サイトの記事によると、アビリーは2、3週のあいだリーグを欠場することになった(怪我の名前は、d’une entorse du ligament latéral du genou droit)。また、同じくリヨンのアマディーヌ・アンリも代表でのトレーニング中に左のハムストリングを負傷していたため、今週11月1日土曜日に行われるPSGとのリーグ戦の出場が危ぶまれているという。


 リヨンとPSGはフランス女子1部リーグでともに7戦全勝の勝ち点28で並んでいる。その首位攻防戦となる直接対決を控えるリヨンにとってはまさかのアクシデントだ。11月1日の試合を終えたあと、両チームは11月8日から13日にかけて行われる、女子チャンピオンズリーグ(UWCL)のラウンド16でPSGともう2試合を戦う。昨年、ポツダムに敗れ早々とUWCLから退いたリヨンがリベンジにかける思いは強い。しかし、今回、思わぬ試練が課されることになった。


 その後、アビリーは、12月3日のサンテティエンヌ戦で、60分にアンリに代わって復帰した。12月7日のメス戦では、フル出場でチームの11-0という大勝に貢献した。

 現在なでしこリーグ二部にあたるチャレンジリーグに属している、東京都のクラブ、スフィーダ世田谷は、今年から原則すべての試合を有料化する決断をシーズン前にしていた(参考: 川邊健一ブログ-有料試合)。チャレンジリーグでは、他にも大阪高槻などが有料で試合を開催しているが、一度も一部昇格を果たしていないクラブとしては大きな決断だったはず。世田谷のホーム最終戦が先週日曜日に終わったいま、有料化前後の観客数の変化を見比べてみることにしよう。なお、チケット代は、一般が1000円、会員が800円、中高生が500円、小学生以下は無料。
スフィーダ世田谷の観客数推移
 ご覧になればわかるように、数としては減った。昨年のホーム11試合の合計が、7041人だったのにたいして、今年は5797人となった。この数字をどう受けとめるかというのは、クラブの経営側の問題であるため、ここでは数字を示すに留めておくことにする。

2013シーズン
# 日付 観客数 会場 相手
1 4月7日 1682 駒沢陸上 C大阪堺
2 4月21日 409 夢の島 バニーズ
3 5月5日 632 夢の島 常盤木
4 5月18日 472 夢の島 福岡AN
5 6月2日 423 川場村 AC長野
6 6月16日 516 大蔵 愛媛FC
7 6月30日 493 味スタ西 HOYO
8 7月20日 623 大蔵 AC福島
9 8月10日 586 夢の島 J鹿児島
10 9月1日 362 西が丘 清水第八
11 9月15日 843 駒沢陸上 AS狭山 ※有料

 開幕戦を除いた最多動員数の試合が、2013年と2014年ともに「なでしこジャパンで有名な選手が選手が所属している」という点で共通している(もちろん、「ガンバノミクス」的な事態が起きているかどうかは他のクラブの数字も証拠として出す必要がある)。2013年のAS埼玉戦は、リヨン帰りの大野忍が出場していた。ちなみに、2013年の11月に行われたホームでの入れ替え戦も有料ながら1259人の観客を集めていた。

2014シーズン
# 日付 観客数 会場 相手
1 4月6日 734 駒沢陸上 清水第八
2 4月20日 381 夢の島 JSCL
3 5月3日 355 江戸川 静産大ク
4 5月18日 292 川場村 常盤木 無料
5 5月25日 611 駒沢陸上 福岡AN
6 6月8日 385 世田谷公園 日本体大 無料
7 6月21日 502 味スタ西 C大阪堺
8 7月6日 874 駒沢陸上 大阪高槻
9 9月20日 489 味フィ西 AC長野
10 10月5日 453 駒沢陸上 AC福島 豪雨
11 10月26日 721 武蔵野 ハリマ

大蔵での開催がなくなり、駒沢陸上での試合が増えた。チームは昨年と違って、苦戦を強いられたが観客数に大きく影響することはなかったと言える。今年のホーム最終戦は、今までになかった武蔵野陸上での開催となった。スタッフの千葉さんのfacebook投稿から察するに、来年は武蔵野での開催が増加しそうだ。

advertisement.

29日に行われた、クック諸島とのゲームを11-0の勝利で終えたニュージーランド女子代表が、オセアニア予選から出場権を獲得した。初戦のトンガ戦では16-0で大勝し、2試合目のパプア・ニューギニアとの試合は、3-0で勝利。大会を通じて通算30得点無失点と圧勝した。

ニュージーランド女子代表は11月下旬に、フランス女子代表と1試合、ノルウェー女子代表と2試合を行うヨーロッパ遠征を控えている(参照)。簡単に出場権を獲得したニュージーランドだが、代表の真価はこの遠征で試されることになるだろう。

ASエルフェン埼玉所属のサラ・グレゴリアスは、1戦目と2戦目にフル出場し、1試合目では3得点の活躍。3試合目は出番はなかった。

なお、大会初戦では、ニュージーランド女子代表のアビー・アーセグが、代表史上初となる100試合出場を達成した。2014年には、なでしこジャパンの岩清水梓、ドイツ女子代表のメラニー・ベーリンガーなどが同じく100キャップを達成している。

 

 女子ブンデスのフランクフルトは、日本時間で28日に日付が変わって間もない時間に、なでしこジャパンの田中明日菜が退団することを公式サイトで発表した


 記事よれば、契約は2015年6月末日までの予定だったが、田中とフランクフルトの双方の合意により、打ち切ることが決定したという。理由は「個人的な理由」とされているが、日本でのプレーを希望しているということで、なでしこリーグのクラブに復帰する可能性が極めて高い。
 フランクフルトは、2013-14シーズン後にアルシ、ベーリンガーといった主力選手が抜け、田中明日菜には今シーズンから安定した出番が回ってくるかのようにみえた。しかし、クラブは開幕直前になって、ウェールズ代表のジェス・フィッシュロック、スペイン代表のヴェロニカ・ボケーテといったスター選手を獲得した。そのため、開幕こそフル出場したものの、それらの選手が徐々にクラブにフィットしていくに連れて田中の出場機会は薄れることになってしまった。
 田中は、ドイツでの1シーズン半弱の間に途中出場を含め28試合に出場し2得点だった。詳しくはDFB(ドイツサッカー連盟のページ)へ。

10月26日(現地)にCONCACAF予選の決勝戦が行われ、アメリカ女子代表がワンバックの4ゴールを含む6得点でコスタリカを圧倒し、優勝した。初戦のトリニダード・トバゴとの試合は1-0と苦戦したものの、終わってみればアメリカ代表は予選の全5試合においてトータル21得点無失点で全勝。2011年のドイツワールドカップの予選時には、イタリアとのプレーオフに勝った末でやっとの事で獲得した出場権だったが、今回は無難な予選大会となった。


やはり注目に値するのは、アビー・ワンバックの4得点だ。今年のアルガルベでアメリカ代表は不甲斐ない結果に終わったが、その際にアメリカ代表サポーターの間でおそらく最も批判されたのは、ワンバックだった(その後解任されたサーマンに監督に対しては「スンダーゲが怠ってきた世代交代を今やってくれている」というような擁護する立場が一部にあった)。また、NWSLのシーズンでは、怪我で離脱していたこともあり、出場試合は全24試合のうち10試合にとどまった。そのワンバックが、決勝の4得点に加え、1-0で勝利した初戦のトリニダード・トバゴ戦でも決勝点を上げる活躍。大会を通じては全7ゴールと奮起した。
以下は決勝戦のハイライト。

 10月最終週は、FIFAによって国際Aマッチデーに指定されていることもあり、多くの国際試合が行われます。さらに、この期間の試合の中から、オセアニアから1チーム、アフリカ他予選の最終枠、CONCACAF予選の3チームが新たにカナダ大会出場国に決定します。これで、すでに決定済みの17カ国に新たに5つ加わることになり、残すところはプレーオフの2枠のみとなります。
 以下が親善試合を含む試合を時系列(日本時間)に並べたものです。10月26日に欧米でのサマータイムが終了することにご注意ください。

10月最終週に行われる主な女子サッカーの国際試合一覧
日付 時刻 対戦カード 試合詳細 形式
25 5:30 コスタリカ 1-1
pk.3-0
トリニダード・トバゴ URL CONCACAF予選
8:30 アメリカ 3-0 メキシコ URL CONCACAF予選
11:00 トンガ 0-16 ニュージランド URL オセアニア予選
21:00 ドイツ 0-2 フランス URL 親善試合
22:00 イタリア 2-1 ウクライナ URL UEFA予選PO
26 0:00 南アフリカ 0-1 コートジボワール URL アフリカ予選3位決定戦
1:30 スコットランド 1-2 オランダ URL UEFA予選PO
4:00 ナイジェリア 2-0 カメルーン URL アフリカ予選決勝
5:00 カナダ 0-3 日本 親善試合
27 4:00 パプアニューギニア ニュージーランド URL オセアニア予選
4:00 CONCACAF予選3位決定戦
7:00 CONCACAF予選決勝戦
29 11:00 クック諸島 0-11 ニュージーランド URL オセアニア予選
11:00 カナダ 2-3 日本 親善試合
30 1:00 ウクライナ 2-2 イタリア URL UEFA予選PO
2:00 スウェーデン 1-2 ドイツ URL 親善試合
31 3:00 オランダ 2-0 スコットランド URL UEFA予選PO

 ※オセアニア予選についてはすべての試合をカバーすることはできませんでした。詳しくは、協会公式サイトをご確認ください。また、ニュージーランドの試合のキックオフ時間は、ニュージーランドの公式ページに記されていた時刻から時差分を引いたものとなっています。なお、万が一時刻が違っていた場合でも、当サイトは責任を負いかねますので、ご了承ください。