advertisement.

HOME<書かれた記事の一覧<アーセナル・レディース、IWCCで2度目の来日へ

アーセナル・レディース、IWCCで2度目の来日へ

Pocket
Share on Facebook

アーセナル・レディース(以下、アーセナルL)は公式Webサイトを通じて、12月に行われる予定の国際女子クラブ選手権2014へ参加することを発表した(URL)。今シーズンのアーセナルLは、前節でFA WSLの優勝(リーグ優勝)の可能性は途絶えてしまったが、既にFA Women’s Cupのタイトルを手にしており、リーグ終了後にはマンチェスター・シティ・ウーマンとのコンチネンタルカップ決勝を控えており、「国内2冠」に王手をかけている。

アーセナルLが来日するのは2011年のチャリティー・ツアーに続いて2度目となる(その時の様子は写真でこちら(ゲッティ-“JPN: Arsenal Ladies FC Sight Seeing in Kyoto “)から見る事ができる)。その時は、INAC神戸レオネッサとTOYOTA Vitz CUPとして試合を行い、1-1で引き分けた(参照:アーセナル日本版Webサイト-“INAC神戸レオネッサ 1-1 アーセナル・レディース”※また、他にも日テレ・ベレーザや武蔵丘短期大学とも親善試合を行った。ツアーの詳細は、アーセナル公式のArsenal Ladies Japan Charity Tour 2011のページによくまとめられている)。

今年のIWCCにおいて、なでしこリーグの岡山湯郷ベルが既に出場権を獲得しているが、アーセナルLの記事によれば、南米チャンピオンの、サン・ジョゼ・エスポルテ・クルーベとオーストラリアのWリーグの優勝クラブ、メルボルン・ヴィクトリーも参加するという(※昨年のCSDコロコロとシドニーFCの枠)。

なお、ここからは筆者の推測になるが、アーセナルLが招待されたということは、UWCLのチャンピオンであるヴォルフスブルクの出場は昨年同様に叶わなかったと見られる。