advertisement.

HOME<書かれた記事の一覧<アレックス・モーガンの左足首の捻挫が再発 4-6週間の離脱

アレックス・モーガンの左足首の捻挫が再発 4-6週間の離脱

Pocket
Share on Facebook

 CONCACAF予選を戦っている真っ最中のアメリカ女子代表は、第2戦のグアテマラ女子代表との試合を、5-0のゴールラッシュで終えた。1-0で勝ったトリニダード・トバゴ戦での勝利に続いて、これで2連勝となり、本大会出場権獲得は盤石といった感があるが、ひとつ大きな不安が生じた。アレックス・モーガンがグアテマラ戦の前半に古傷を痛め交代したのだ。


 アレックス・モーガンは2013年秋に、左足首を捻挫し、今年の6月になってようやく復帰したばかりだった。当サイトでもこれまで何回かその経過を追って来た。

 復帰後のリーグ戦やフランス女子代表をホームに迎えた親善試合でも大きく活躍し、完全復活したかのように見えたが、そもそも捻挫とは癖になりやすいもので、今回、相手ディフェンダーと衝突した際に、再び痛めてしまった。前半37分の出来事だった。


 問題は、今回の怪我はどの程度のものなのか、ということだが、アメリカサッカー協会は18日に公式サイトで以下の様に伝えた(U.S.Soccer -“Alex Morgan Ruled Out of CONCACAF Women’s Championship with Ankle Injury”)。

モーガンは、今朝MRI検査を受け、捻挫をしたことが確認されました。それでも、他に怪我をしたところはありませんでした。およそ4週間から6週間のあいだリハビリのために離脱することになります。

 これで、大会を離脱することが決まり、再びリハビリに専念することになった。とはいえ、モーガンは割と楽観的で、サイトを通じても以下の様に述べている「不運なタイミングだけど、チームの皆が順当に勝ち進んで出場権を獲得してくれるだろうから、私は家でカウチにかけて見ていることにします。治療してチームに復帰するまで、休暇期間は十分にあります。だから今専念すべきことは、リハビリに集中して、できるだけはやく復帰することです」。 
 アメリカ代表はA組の第3試合を、10月20日(現地)にハイチ代表と戦う。