advertisement.

HOME<書かれた記事の一覧<アフリカ予選からナイジェリアとカメルーンがカナダ大会出場決定

アフリカ予選からナイジェリアとカメルーンがカナダ大会出場決定

Pocket
Share on Facebook

 ナイジェリア、南アフリカ、カメルーン、コートジボワールの4カ国で争う、アフリカ予選のノックアウトステージ準決勝の2試合が10月22日(現地時間。以下同)に行われた。この中の上位3チームがカナダ大会への出場権を手にし、4位のチームはそこで敗退決定となる(※時間的に早い南アメリカ予選を未だ記事にできていませんが、編集上の都合で前後してしまっています。済みません)。


 10月22日午後5時に始まった、ナイジェリアと南アフリカとの試合は、先日行われたU-20ワールドカップ2014で大会MVPに輝いたオショアラ(上写真)が前半のうちに2点を挙げる活躍をし、南アフリカも後半に1点を返したものの、追いつく事はできずに試合終了(CAF公式試合詳細へのリンク)。もう一方の、カメルーンとコートジボワールとの間で行われた試合は、ペイシェンスの延長後半13分のゴールで、カメルーンが2-1で勝利し、カメルーン女子代表初のワールドカップ出場権を手にした(CAF公式試合詳細へのリンク)。
 これらの結果を受けて、カメルーンとナイジェリアの出場が決定した。決勝は10月25日に、最後の1枠を争う南アフリカとコートジボワールによる3位決定戦も同日に開催予定。