advertisement.

HOME<書かれた記事の一覧<ニュージーランドが危なげなくカナダ大会へ。残すはあと2枠に

ニュージーランドが危なげなくカナダ大会へ。残すはあと2枠に

Pocket
Share on Facebook

29日に行われた、クック諸島とのゲームを11-0の勝利で終えたニュージーランド女子代表が、オセアニア予選から出場権を獲得した。初戦のトンガ戦では16-0で大勝し、2試合目のパプア・ニューギニアとの試合は、3-0で勝利。大会を通じて通算30得点無失点と圧勝した。

ニュージーランド女子代表は11月下旬に、フランス女子代表と1試合、ノルウェー女子代表と2試合を行うヨーロッパ遠征を控えている(参照)。簡単に出場権を獲得したニュージーランドだが、代表の真価はこの遠征で試されることになるだろう。

ASエルフェン埼玉所属のサラ・グレゴリアスは、1戦目と2戦目にフル出場し、1試合目では3得点の活躍。3試合目は出番はなかった。

なお、大会初戦では、ニュージーランド女子代表のアビー・アーセグが、代表史上初となる100試合出場を達成した。2014年には、なでしこジャパンの岩清水梓、ドイツ女子代表のメラニー・ベーリンガーなどが同じく100キャップを達成している。