advertisement.

HOME<書かれた記事の一覧<2014年12月

Month: 12月 2014

山郷のぞみに続いて、またしてもなでしこリーグの偉大なベテランが現役引退を表明した。26日、日テレ・ベレーザが所属選手の小林弥生の引退を発表した。小林は今年で33歳で、ユースから国内クラブではベレーザ一筋で活動してきた。

近年の小林は、2013年シーズンでは、IWCC2012モブキャストカップのキャンベラ・ユナイテッド戦で左膝前十字靱帯損傷という大怪我をおってしまったために、リーグ戦では出場がなかった。しかし、2014シーズンからは怪我から復帰し、チームの若返りもあって先発出場の機会は大幅に減ったものの、いわゆる「スーパーサブ」という扱いで、時間こそ短いものの多くの試合に出場した。レギュラーシーズンだけをみても、190分という短い出場時間ながら、4ゴールを決めている。

[関連1: 小林弥生の最新シーズンの成績]

[関連2: 小林弥生と左膝前十字靱帯損傷の怪我について、本人のブログから]

代表選手としては、54試合に出場し、12得点をあげている。代表初出場となったのは、1999年の3月にフランスのサンカンタンで行われたフランス女子代表との試合で、柳田美幸に変わって途中出場した。その後は、柳田や井坂美都に代わって出場する形で機会が増え始め、2000年に入ってからはレギュラーに定着し、アテネオリンピック終了まで活躍した。最後に代表として出場したのは、2004年のアテネオリンピックのアメリカ女子代表戦だった(なお、この時途中交代した小林に代わって入ったのは丸山桂里奈)。

小林は、クラブ公式サイトを通じてコメントを掲載している。ベレーザは、今回の皇后杯でベスト4に残っており、28日の準決勝(対ベガルタ仙台レディース戦)を控えている。勝った場合は、元旦の決勝もあるが、小林の現役の姿を見られるのも、最高でも残すところ2回となった。

※最終更新日 3/15
[関連する投稿: 2013-2014 なでしこリーグ 入退団/引退/移籍情報]

フィルタリング: 
なでしこリーグ1部2部 入退団移籍引退情報
 名前  タイプ  前チーム  新チーム  日付
櫻林亜佐子 入団 サン ガブリエル AS埼玉 2015/03/15
モリー・メンチェル 入団 伊賀FC 2015/03/03
グロリア・ダグラス 入団 伊賀FC 2015/03/03
平田光佐登 入団 J鹿児島 福岡AN 2015/02/20
矢次亜佳音 入団 武庫川女子大 福岡AN 2015/02/20
西田愛来 入団 秀岳館高 福岡AN 2015/02/20
上田恵里那 入団 仙台大学 福岡AN 2015/02/20
小林真規子 移籍 伊賀FC 湯郷ベル 2015/02/14
髙橋千帆 移籍 吉備国大 湯郷ベル 2015/02/14
中島千尋 移籍 ハリマ 湯郷ベル 2015/02/14
橋本祥子 入団 福工大福井 湯郷ベル 2015/02/14
大久保舞 入団 藤枝順心 湯郷ベル 2015/02/14
岸野早奈 入団 村田女子 湯郷ベル 2015/02/14
作間琴莉 入団 村田女子 湯郷ベル 2015/02/14
森迫あやめ 入団 作陽高 湯郷ベル 2015/02/14
小林映里奈 入団 尚美学園大 湯郷ベル 2015/02/14
三田一紗代 入団 早稲田大学 湯郷ベル 2015/02/14
青柳麻理鈴 入団 日本体育大 湯郷ベル 2015/02/14
平尾恵理 入団 筑波大学 AC長野 2015/02/10
有原蒼葉 入団 姫路日ノ本短大 ハリマ 2015/02/08
代田美希 退団 ハリマ 2015/02/04
カンポス ジョバーニャ ドミンゲス 入団 サンジョゼ ベガルタ 2015/02/04
池尻茉由 入団 日ノ本学園 吉備国大 2015/02/03
井上葉月 入団 FC Terra 吉備国大 2015/02/03
入口菜之花 入団 追手門学院 吉備国大 2015/02/03
上田麻衣 入団 柳ヶ浦高 吉備国大 2015/02/03
宇良ほたる 入団 名護高 吉備国大 2015/02/03
小山裕美 入団 成立学園 吉備国大 2015/02/03
小林琴音 入団 福岡女学院 吉備国大 2015/02/03
呉屋絵理子 入団 大阪桐蔭 吉備国大 2015/02/03
佐々木佑香 入団 常葉学園橘 吉備国大 2015/02/03
橋本真子 入団 星稜高 吉備国大 2015/02/03
広瀬さえ 入団 小松高 吉備国大 2015/02/03
間明瀬奈 入団 湘南学院 吉備国大 2015/02/03
宮地明日翔 入団 作陽高 吉備国大 2015/02/03
吉田凪沙 入団 日ノ本学園 吉備国大 2015/02/03
酒井美鈴 入団 甲賀健医専 吉備国大 2015/02/03
吉永結衣 入団 沼田高 吉備国大 2015/02/03
柳井里奈 入団 ジェフL 2015/02/02
山口麻美 退団 ベレーザ 2015/02/01
石川鈴香‬ 入団 高梁日新高 吉備国大 2015/01/27
小松里弥‬ 入団 高梁日新高 吉備国大 2015/01/27
逸見桃子‬ 入団 高梁日新高 吉備国大 2015/01/27
松久保明梨‬ 入団 常盤木学園 AS埼玉 2015/01/29
松岡沙由理‬ 入団 大体大 AS埼玉 2015/01/29
北野梨絵‬ 入団 日体大 AS埼玉 2015/01/29
鳥谷部梢 移籍 伊賀FC AS埼玉 2015/01/29
櫻木彩菜 移籍 S世田谷 AS埼玉 2015/01/29
高野紗希‬ 入団 吉備国大 AS埼玉 2015/01/29
‬中野真奈美 移籍 湯郷ベル ベガルタ 2015/01/28
有町紗央里‬ 移籍 湯郷ベル ベガルタ 2015/01/28
川井保奈美‬ 入団 姫路日ノ本短大 ハリマ 2015/01/26
足立英梨子‬ 引退 吉備国大 2015/01/27
金森彩加‬ 引退 吉備国大 2015/01/27
森本希世‬ 引退 吉備国大 2015/01/27
‬中井優那 引退 吉備国大 2015/01/27
‬佐藤莉奈 入団 大阪体育大 ハリマ 2015/01/26
布志木香帆‬ 移籍 湯郷ベル ハリマ 2015/01/26
原志帆‬ 入団 慶應義塾大 S世田谷 2015/01/26
下條彩‬ 移籍 S世田谷 伊賀FC 2015/01/24
鈴木薫子 移籍 AS埼玉 伊賀FC 2015/01/24
荒川恵理子 移籍 AS埼玉 ベレーザ 2015/01/24
井指楓 入団 吉備国大 伊賀FC 2015/01/24
村松真冬 入団 吉備国大 愛媛FC 2015/01/23
中村沙樹 入団 大阪国際大 愛媛FC 2015/01/23
塩谷真里 移籍 アンジュ 大阪高槻 2015/01/23
山本菜桜美 移籍 ジェフL S世田谷 2015/01/22
渋澤杏奈 入団 INAC B INAC 2015/01/22
中村みづき 退団 浦和L 早稲田大 2015/01/22
河村有紀 引退 S世田谷 2014/01/21
金札杏 移籍 AC長野 静産大ク 2015/01/21
奥田美香 入団 静産大ク 2015/01/21
北岡千明 引退 静産大ク 2015/01/21
秋田千穂 引退 静産大ク 2015/01/21
高畑愛梨 引退 静産大ク 2015/01/21
鈴木里菜 退団 静産大ク 2015/01/21
緒方友里加 退団 静産大ク 2015/01/21
串山早希 退団 愛媛FC 2014/01/20
森岡千尋 退団 愛媛FC 2014/01/20
山田真弥 引退 愛媛FC 2014/01/20
仙波優菜 退団 愛媛FC 2014/01/20
上辻佑実 移籍 ベガルタ ベレーザ 2014/01/19
杉田妃和 入団 藤枝順心 INAC 2014/01/17
伊藤侑菜 入団 日体大 S世田谷 2014/01/16
浅野奈々瀬 入団 常葉学園橘高 バニーズ 2014/01/16
桑原なつみ 入団 柳ヶ浦高等 バニーズ 2014/01/16
小山田沙織 入団 聖和学園短大 バニーズ 2014/01/16
篠丸沙希 入団 武蔵丘短期大 バニーズ 2014/01/16
黒木あさ子 退団 大阪高槻 2014/01/16
遠山さゆり 退団 大阪高槻 2014/01/16
吉澤亜依 移籍 福岡AN バニーズ 2014/01/16
池田あすみ 移籍 大阪高槻 バニーズ 2014/01/16
後長美咲 移籍 大阪高槻 バニーズ 2014/01/16
永井那津希 移籍 AC長野 バニーズ 2014/01/16
籾井美香 移籍 ハリマ バニーズ 2014/01/16
作元芙美佳 移籍 伊賀FC 大阪高槻 2015/01/16
北川和香奈 移籍 ハリマ 大阪高槻 2015/01/16
武田ありさ 移籍 AS埼玉 大阪高槻 2015/01/16
高橋紗樹 入団 ルクレMYFC 大阪高槻 2015/01/16
米山涼美 入団 ルクレMYFC 大阪高槻 2015/01/16
林萌々 入団 武蔵丘短期大 大阪高槻 2015/01/16
山本真穂 入団 横須賀シーガルズ 大阪高槻 2015/01/16
藤野涼加 入団 常盤木学園 大阪高槻 2015/01/16
市野愛月 入団 作陽高校 大阪高槻 2015/01/16
チャンスルギ 入団 江原道立大 INAC 2015/01/16
鮫島彩 移籍 ベガルタ INAC 2015/01/16
長船加奈 移籍 ベガルタ 浦和L 2015/01/15
須田綾香 入団 武蔵丘短期大 S世田谷 2015/01/15
花桐なおみ 移籍 ジェフL S世田谷 2015/01/15
齋田由貴 引退 ベガルタ 2015/01/15
小山季絵 引退 ベガルタ 2015/01/15
武仲麗依 移籍 INAC ベガルタ 2015/01/15
磯金みどり 移籍 INAC ジェフL 2015/01/15
井口祥 退団 ジェフL 2015/01/15
山本菜桜美 退団 ジェフL 2015/01/15
木付優衣 入団 日ノ本学園 ジェフL 2015/01/15
西川彩華 入団 常盤木学園 ジェフL 2015/01/15
三橋明香 入団 常盤木学園 ジェフL 2015/01/15
高橋彩織 移籍 ベレーザ AS埼玉 2015/01/15
下川沙織 移籍 新潟L AS埼玉 2015/01/15
五嶋京香 移籍 大分L AC長野 2015/01/15
ゴーベル 移籍 INAC シアトル 2015/01/14
中村ゆしか 入団 関東学園大 S世田谷 2015/01/14
中田麻衣子 引退 湯郷ベル 2015/01/14
中野真奈美 退団 湯郷ベル 2015/01/14
有町紗央里 退団 湯郷ベル 2015/01/14
布志木香帆 退団 湯郷ベル 2015/01/14
山田真帆 移籍 INAC ハリマ 2015/01/13
今井晴香 移籍 INAC ハリマ 2015/01/13
川島はるな 移籍 ベガルタ ノジマ 2015/01/13
小林海青 移籍 ベレーザ ノジマ 2015/01/13
石田みなみ 移籍 ルクレMYCF ノジマ 2015/01/13
権野貴子 入団 早稲田大 ノジマ 2015/01/13
齊藤夏美 移籍 AS埼玉 INAC 2015/01/13
伊藤香菜子 移籍 AS埼玉 INAC 2015/01/13
南麻菜 入団 武庫川女子大 バニーズ 2015/01/13
畑美咲 入団 大阪国際大 バニーズ 2015/01/13
今野真衣 移籍 バニーズ ノルディーア 2015/01/13
田中陽子 移籍 INAC ノジマ 2015/01/10
西村温美 移籍 ノジマ 大和シルフィード 2015/01/10
金城愛理 退団 ノジマ 2015/01/10
齋藤春菜 退団 ノジマ 2015/01/10
南条真沙代 引退 ノジマ 2015/01/10
坂本理保 移籍 浦和L AC長野 2015/01/09
齊藤あかね 移籍 浦和L AC長野 2015/01/09
泊志穂 移籍 浦和L AC長野 2015/01/09
成合瞳 移籍 浦和L 福岡AN 2015/01/09
堂園彩乃 引退 浦和L 2015/01/09
竹山裕子 引退 AS埼玉 2015/01/09
原歩 退団 AS埼玉 2015/01/09
内田紗希 退団 AS埼玉 2015/01/09
山崎小百合 退団 AS埼玉 2015/01/09
高橋優子 退団 AS埼玉 2015/01/09
齋藤有里 退団 AS埼玉 2015/01/09
坂梨さくら 入団 福岡大学 福岡AN 2015/01/09
小林菜津美 移籍 清水第八 福岡AN 2015/01/09
佐藤楓 移籍 清水第八 福岡AN 2015/01/09
小松美里 入団 AC長野 福岡AN 2015/01/09
近賀ゆかり 移籍 アーセナル INAC 2015/01/08
大野忍 移籍 アーセナル INAC 2015/01/08
守屋都弥 入団 AC福島 INAC 2015/01/08
竹村美咲 入団 日ノ本学園 INAC 2015/01/08
齊藤仁美 移籍 バニーズ アンジュ 2015/01/08
山口友里恵 移籍 バニーズ アンジュ 2015/01/08
赤嶺美月 移籍 バニーズ アンジュ 2015/01/08
川野真彩 移籍 バニーズ アンジュ 2015/01/08
三宅あゆみ 入団 吉備国大 アンジュ 2015/01/08
渡邊和美 入団 吉備国大 アンジュ 2015/01/08
久保つぐみ 入団 尚美学園大 アンジュ 2015/01/08
金山美輝 入団 尚美学園大 アンジュ 2015/01/08
赤城史香 入団 武蔵丘短期大 アンジュ 2015/01/08
江頭鮎季 入団 広島文教 アンジュ 2015/01/08
加藤希 入団 青崎Hanako アンジュ 2015/01/08
明神由佳 退団 アンジュ 2015/01/08
田中彩子 引退 アンジュ 2015/01/08
赤木裕衣 退団 アンジュ 2015/01/08
河合奈世 退団 AS埼玉 2015/01/07
有馬静佳 移籍 AS埼玉 鴨川FC 2015/01/07
岩崎杏奈 入団 仙台大学 ハリマ 2015/01/06
岡田理可 入団 ルネス学園 ハリマ 2015/01/06
谷村佳世 入団 大商学園高 ハリマ 2015/01/06
近藤あかね 入団 神戸親和女子大 ハリマ 2015/01/06
中山純奈 入団 姫路日ノ本短大 ハリマ 2015/01/06
安藤美幸 入団 姫路日ノ本短大 ハリマ 2015/01/06
青島雅 退団 AC長野 名古屋FC 2015/01/06
小松美里 退団 AC長野 2014/12/25
卯木真緒 退団 AC長野 名古屋FC 2015/01/06
高須咲帆 入団 早稲田大 AC長野 2014/12/29
渡辺彩香 移籍 INAC 新潟L 2014/12/29
チェルシー 退団 INAC 2014/12/29
野口美也 入団 神戸親和女子大 AC長野 2014/12/27
三澤知紘 引退 福岡AN 2014/12/26
嶋田萌 退団 福岡AN 2014/12/26
井上未来 退団 福岡AN 2014/12/26
鈴木梓 入団 信州大学 AC長野 2014/12/26
小林弥生 引退 ベレーザ 2014/12/26
山口絢子 引退 伊賀FC 2014/12/25
佐藤愛 引退 伊賀FC 2014/12/25
高島瑠里子 移籍 伊賀FC AC長野 2014/12/25
堤早希 退団 伊賀FC 2014/12/24
高橋美春 退団 伊賀FC 2014/12/24
冨樫香織 退団 伊賀FC 2014/12/24
岡本莉奈 退団 伊賀FC 2014/12/24
大島稀 引退 AC長野 2014/12/24
吉田葵 引退 AC長野 2014/12/24
髙木奈央 引退 AC長野 2014/12/24
浦崎優香 引退 AC長野 2014/12/24
能本華子 引退 AC長野 2014/12/24
篠原志穂子 引退 AC長野 2014/12/24
飯村亜美 退団 福岡AN 2014/12/22
田子亜貴‬ 引退 S世田谷 2014/12/22
川嶋珠生‬ 引退 S世田谷 2014/12/22
三間睦美‬ 退団 S世田谷 2014/12/22
小田加奈子‬ 退団 S世田谷 2014/12/22
桑原由恵‬ 引退 S世田谷 2014/12/22
池田貴美‬ 退団 S世田谷 2014/12/22
谷かおり‬ 退団 S世田谷 2014/12/22
中岡桃子‬ 退団 S世田谷 2014/12/22
大野翠‬ 退団 S世田谷 2014/12/22
畑中美友香 移籍 大阪高槻 伊賀FC 2014/12/18
西川明花 入団 吉備国大 ベガルタ 2014/12/17
波佐谷灯子 退団 ハリマ 2014/12/16
中塚理加 退団 ハリマ 2014/12/16
小平紋 退団 ハリマ 2014/12/16
伊藤遥 退団 ハリマ 2014/12/16
今井まゆら 退団 ハリマ 2014/12/16
杉山祐香 退団 ハリマ 2014/12/16
小島美玖 入団 AC福島 新潟L 2014/12/15
阪中澪 入団 大阪高槻 2014/12/12
万屋美穂 入団 日ノ本学園 ベガルタ 2014/12/11
千葉梢恵 入団 リトルスターズ ベガルタ 2014/12/11
山郷のぞみ 引退 AS埼玉 2014/12/09
平尾知佳 入団 AC福島 浦和L 2014/12/09
大滝麻未 移籍 浦和L ギャンガン 2014/12/06
白木星 入団 常盤木学園 浦和L 2014/12/02
川崎咲耶 入団 常盤木学園 新潟L 2014/12/01
八坂芽依 入団 日ノ本学園 新潟L 2014/12/01

※「移籍」について : 両クラブ間に直接的な契約の取り決めが行われていないような場合でも(例えば、あるチームを退団したのちに、セレクションで他クラブに加入することになった選手など)、広義の「移籍」としてこのタイプに組み込んでいます。ご了承ください。

成績不振により今年9月に浅野哲也前監督を解任していた伊賀FCは、今シーズンのすべての日程が終了したあとの12月24日に、金鐘達(キム・ジョンダル)氏が新たに来シーズンから監督になることを発表した。

[関連記事: 伊賀FC、成績不振で浅野哲也監督を解任]

金新監督は、1969年11月7日生まれの45歳で、最近までは愛知朝鮮中級・高級学校サッカー部の監督を務めていた。2010年には、男子南アフリカワールドカップ予選における北朝鮮代表チームの臨時コーチを任されたこともある。

また、偶然にも、この金氏就任会見があった24日に、前監督である浅野哲也氏の鹿児島ユナイテッドFC監督就任会見も行われた。こちらはJFLからJ3昇格を目指してる。

 

今まさに行われている最中の、皇后杯全日本女子サッカー選手権大会が、来年の第37回大会から48チームで競われる方針に決まった。これは、日本サッカー協会の2014年度第12回理事にて協議されたことで、来年から変わる日本女子サッカーリーグの構成の変更を反映させたものだ。

[関連記事:Q&Aで知る、2015シーズンから3部制となる日本女子サッカーリーグ / ※追記あり ]

第37回大会からは、なでしこリーグ1部2部の計20チームと、地域代表28チームが出場する。来季から日本女子サッカーリーグ3部となるチャレンジリーグのクラブは、地域予選からの参加となる。これによって、今年チャレンジリーグ(2014年時点での日本女子サッカーリーグ2部)の上位に食い込みながらも、皇后杯に出場できないクラブがあったが、来年度からはそういったことがなくなる。

同時に明らかにされた日程では、初戦が2015年11月7日に行われ、決勝戦は、2015年12月27日に行われる予定だという。


 

参考リンク / 共にJFAが発表したPDF資料。

 

advertisement.

ヴォルフスブルクは、今シーズン怪我で欠いているケスラーに加えて、ポップも出場できないというチーム状況だった。1-0でリードしていた試合の終了間際に同点ゴールを決められ、延長戦にまでもつれたが、最後はベテランのミュラーが勝ち越しゴールを117分に決めて、2-1でザンドに勝利し、無事駒を進めた。

この12月に2度目の対戦となったフランクフルトとバイエルン・ミュンヘンの対決は、ホームのフランクフルトが3-1で勝利した。岩渕真奈は先発出場したものの思うように仕事をさせてもらえず、61分で下がった。安藤梢の出番はなかった。

ポツダムはケルンと対戦し、3-0で勝利した。なでしこジャパンの永里亜紗乃は先発出場し、75分にLia Wältiと交代した。

フライブルクとギュータスローの間で行われた試合は、先に格下のギュータスローが前半を終えて、3-0でリードするという波乱の展開ながら、フライブルクが後半に3点を取り同点に追いついた。延長では30分のあいだにフライブルクが4点を追加して、結果として7-3でフライブルクの大勝に終わった。

準決勝の組み合わせは、2015年1月に行われる予定で、また、準決勝は4月1日に、決勝は5月1日にケルンで行われる日程となっている。

アルガルベ・カップ2015のグループ分けが決定した。なでしこジャパンはフランス女子代表などと同じグループCに入った。2015年大会は、来年の3月4日から11日にかけて行われる。

[関連記事: 2015年のアルガルベカップとキプロスカップの出場チームが決定]

アルガルベ・カップ2015グループ分け
A B C
スウェーデン ノルウェー デンマーク
ドイツ 米国 フランス
ブラジル スイス 日本
中国 アイスランド ポルトガル

詳細はまだ未定の段階で、今回はグループ分けの発表となった。その詳細というのは、グループCの扱いについて。通常、アルガルベカップは、グループAとグループBの首位同士が優勝決定戦を行うことになっている。そして、グループCには、主催国のポルトガルが含まれていることからもわかるように、やや戦力で劣るチームが配属される。

しかし、2015年大会からは、ブラジルとフランスがアルガルベカップに参入したことによって、アルガルベカップの大会としての水準が上がった。そのため、FIFAランキング3位、4位のフランス女子代表となでしこジャパンが、溢れるような形で、グループCのチームになってしまっている。これについては、大会規則について何かしらの変更があると考えられる。

なでしこジャパンの岩渕真奈(バイエルン・ミュンヘン)が、フライブルクとの試合(女子ブンデスリーガ第13節)であげたゴールが、サポーター投票による週間ベストゴールに選ばれた。得票率は、2位に対してダブルスコアに近い56パーセントだった(2位と3位はそれぞれ29パーセントと15パーセント)だった。

岩渕は前節のフランクフルトとの上位対決でも先制点を決めており、2試合連続ゴールとなった。その時は、受賞こそ逃したものの、週間MVP候補に選ばれていた

女子ブンデスリーガは、この第13節終了後にウインターブレークに入った。バイエルン・ミュンヘンは、この期間にフロリダ州へのキャンプが予定されており、フロリダ大学とアメリカ女子U-20代表とトレーニング・マッチをおこなう予定だ(詳しく取り上げる可能性あり)。


※12/20 追記 ) 厳密には、第13節終了後、フランクフルトとのDFBポカール準々決勝(12/21)を戦った後に、ウインターブレークとなります。ポカールがあることを明記すべきでした。

 

日本時間で12月19日の午後6時に、最新の女子FIFAランキングが発表された。今回の発表で特筆すべきこととして、アメリカ女子代表が長らく維持してきた首位の座が、ついにドイツ女子代表に取って代わられたことがあげられる。アメリカとドイツのポイント差は、今年から徐々に縮まっていた。そのため、遅かれ早かれ抜かれることは予想されていたが、ついに実現された形になった。

ドイツは、今年だけでも、アルガルベカップとU20代表のワールドカップで優勝しており、男子チーム同様に、非常に安定した強さを誇るチーム作りに成功している。一方のアメリカは、今年のアルガルベカップの2敗に象徴されるように、思うようにいかないシーズンとなった。アメリカ女子代表が2位になるのは、2007年12月発表時点のランキング以来だという

もう一つの大きなニュースは、日本女子代表がトップ3から外れてしまったことだ。代わりに入ったのは、フランス女子代表。なでしこジャパンは、ポイント数では3ポイント上げて、2084としたものの、フランス女子代表が24ポイント上げて2091としたために、抜かれてしまった。フランス女子代表は、ベルジュロー監督就任後は、ランキングを着実に上げている。今年のキプロスカップ(アルガルベカップの裏で開催される国際大会)では優勝という成績をおさめ、10月25日のドイツとの親善試合では2-0で勝利していた。

他には、アジア大会の決勝で日本を破った北朝鮮が、順位を4つあげて7位になってトップ10に復帰し、UEFA予選のプレーオフを制したオランダ代表も同じく4つ上げて、11位になるなどしている。次回の発表は、アルガルベカップ後の、3月27日の予定となっている。