advertisement.

HOME<書かれた記事の一覧<※訂正あり/カナダ大会の抽選ポット分けが決定、シード入りの日本と想定される組み合わせは

※訂正あり/カナダ大会の抽選ポット分けが決定、シード入りの日本と想定される組み合わせは

Pocket
Share on Facebook

FIFAは、12月6日(現地 : 日本時間7日2時)に迫った女子ワールドカップ2015カナダ大会の抽選会に先駆けて、そのポット分けを公表した。なでしこジャパンは、開催国とFIFAランキング上位国で構成されるポット1に入った。以下の4つのポットの中からそれぞれ1チームずつ選ばれ、全6グループが決まることになる。

  • Pot 1 (開催国&FIFAランク上位): カナダ, ドイツ, 日本, アメリカ, ブラジル, フランス
  • Pot 2 (CAF & CONCACAF): ナイジェリア, カメルーン, コートジボワール, コスタリカ, メキシコ, ニュージーランド
  • Pot 3 (ACF&CONMEBOL): オーストラリア, 中国, 韓国, タイ, コロンビア, エクアドル
  • Pot 4 (UEFA): スペイン, スイス, スウェーデン, ノルウェー, イングランド, オランダ

アメリカの女子サッカージャーナリストで、NHKにも出演したことのある、ジェフ・カソーフさんが「アメリカ代表にとって悪夢となる組み合わせの可能性は?」ということを記事で扱っているので、ここで、それを真似てなでしこジャパンでもやってみよう。

まず、ポット4からのチームでは、スウェーデンかイングランドを避けたいところ(順当に決勝トーナメント進出を決めたいという観点からして)。スウェーデンが強豪なのはもちろんのこと、イングランド代表はなでしこジャパンが前回大会で唯一負けた相手でもある。ポット2では、今年のU-20ワールドカップMVPのオショアラなど若手の台頭著しいナイジェリアが強敵だ。ニュージーランドが来ても手ごわいだろう。

ここまではだいたいカソーフさんと同じだが、ポット3では異なる。カソーフさんは4つ可能性をあげた中でポット3で避けたい相手を全てオーストラリアに設定しているが、日本としては同じアジアの大会を戦ってきた中で、中国と韓国も十分強力な相手であることを知っている。このポット3の結果がグループリーグの行方を左右するかもしれない。オーストラリア、中国、韓国、タイはAFC加盟国で地域が同じであるため、日本代表と予選であたることはありませんでした。「原則として同一地域から重複してチームがグループに属さない(8チームあるUEFAからは2グループにおいて重複可)」という規則があることを抜かして述べてしまっていました。日本代表がポット3からあたる可能性のあるチームは、コロンビアかエクアドルになります。訂正いたします。申し訳ありませんでした。

組み合わせは抽選会は日本時間で12月7日午前2時にオタワで行われる。