advertisement.

HOME<書かれた記事の一覧<アメリカ、ブラジル、中国、アルゼンチンが総当たりで競うブラジリア国際トーナメントが開幕

アメリカ、ブラジル、中国、アルゼンチンが総当たりで競うブラジリア国際トーナメントが開幕

Pocket
Share on Facebook

ブラジルの首都、ブラジリアで4カ国の女子代表チームが集まって行われる国際大会(ブラジリア国際トーナメント)が12月10日から開催されている。参加チームは、ホスト国のブラジル代表、世界ランキング1位のアメリカ代表、アジアからは中国代表、そして近隣国のアルゼンチン代表となっている。

10日から17日にかけて、総当たりで試合をした後、21日に上位チーム、下位チームに分かれて、3位決定戦と決勝を行う予定となっている。

日付(現地) スコア
10 中国 1-1 アメリカ
ブラジル 4-0 アルゼンチン
14 アルゼンチン 中国
ブラジル 3-2 アメリカ
17 アメリカ アルゼンチン
ブラジル 中国
21  アルゼンチン 0-0 中国
 ブラジル 0-0 アメリカ

ブラジリア大会は、リオデジャネイロ・オリンピックに備えて、女子サッカーに力を入れているブラジルが主催する大会。2009年に設立され、4つの参加チームはブラジルを除いて毎年変動的に選ばれている。アメリカの参加は今回が初となった。

ブラジル代表は、大会前にエースのマルタが自動車事故にあうトラブルがあったが、マルタは軽症で済み、無事大会前にチームに合流した。第一試合のアルゼンチン戦にも出場したので、この事故の影響はないものとみられる。また、ブラジル代表は、今年の秋に行われた国際試合ではフルメンバーが揃うことはなかったが、今大会では、フランス遠征で抜けたサンジョゼ所属の選手、南米予選で抜けたマルタを含む海外組が合流している。今大会は、3連覇中のブラジル代表が、アメリカ代表の参加があっても連覇を維持できるが注目されている。


 

参考リンク

  • アメリカ代表の招集メンバー (怪我が懸念されるアレックスモーガンがリスト入り。また、2009年以来の招集となったロリ・チャルプニーの復帰が注目されている。チャルプニーは、2008年の北京オリンピックで、準決勝でなでしこジャパンをアメリカが破った試合の2得点目を決めた選手)
  • 今回ブラジル代表に関連する部分では、Twitter上で、NOBUO HIRANO様から多くのことをご教示賜りました。この場を借りてお礼申し上げます。ブラジル代表関連については、この記事以外のも扱う予定です。