advertisement.

HOME<書かれた記事の一覧<ドイツ代表ナディーン・ケスラーが初のFIFA女子年間最優秀選手賞を獲得

ドイツ代表ナディーン・ケスラーが初のFIFA女子年間最優秀選手賞を獲得

Pocket
Share on Facebook

日本時間で12日未明にFIFAの2014女子年間最優秀選手賞が発表され、ドイツ代表でヴォルフスブルクのナディーン・ケスラーが初受賞となった。得票の比率は、ケスラー(17.52%)、マルタ(14.16%)、ワンバック(13.33%)の順となった。

ケスラーは、所属クラブのヴォルフスブルクでは、UEFA女子チャンピオンズリーグ2013-14決勝でキャンプテンとしてフル出場し、クラブの2連覇に貢献している。ドイツ代表としては、昨年のアルガルベカップ決勝の3-0で勝利した日本との試合でも得点を挙げている。今回はこのクラブと代表での大舞台での活躍が評価された結果だと言える。

2014-15シーズンは、怪我をしており、今のところは出場できない状態が続いている。しかし、女子ブンデスリーガの冬休み明けとともに復帰できるのではないかと見られている。ヴォルフスブルクに加入した大儀見優季とはポツダム時代の同僚であり、2連覇中のクラブはケスラーの復帰と大儀見の加入でますます勢いづくはずだ。

追記:ケスラーの復帰時期について / 「女子ブンデスリーガの冬休み明けとともに復帰できるのではないかと見られている」としましたが、これは年明け前に公開されていたいわば楽観的な情報で、今年1月8日に更新された記事では、復帰の目処はまだ立っていないとのことでした。とはいえ、女子ブンデスリーガの冬休み明けとなる第14節は、先日再開したフランスとは異なり、2月15日から始まるので、まだ1ヶ月以上の時間があります。詳細は不明ですが、もしかしたら間に合う可能性もあるかもしれません。また、書き損じていましたが、怪我の部位は膝です。