advertisement.

HOME<書かれた記事の一覧<オリンピック・リヨン、リーグ9連覇達成

オリンピック・リヨン、リーグ9連覇達成

Pocket
Share on Facebook

フランス女子1部リーグの、オリンピック・リヨンが、ロデズ戦に6-0で勝利した。この結果残り2試合で、首位のリヨンが全敗し2位のPSGが全勝して、勝ち点82で並んだとしても、現在の得失点差でリヨンが53点分上回っているため、事実上リヨンの優勝が決定した。リヨンはリーグ9連覇となった。

2014-15シーズンのリーグは、PSGの戦力強化とリヨンの新監督就任(2つめの埋め込みツイート内左。プレシュール監督)があったことなどから、上位クラブの成績に何かしらの変化があるかと思われたが、リヨンは昨年とほぼ同じ成績を残したことになる(モンペリエとのカップ戦決勝が残っているが)。

今シーズンのリヨンは攻撃で他のチームを圧倒していた。代表で目覚ましい活躍を見せているルソメや既に実績十分のスウェーデン代表のシェリンに加えて、ポツダムから新たに加わったノルウェー代表のヘイヘルバーク(Hegerberg)が要所で活躍した。昨季はシーズン終了時点で95得点12失点(得失点差83)だったが、今シーズンは残り2試合を残している時点で130得点6失点(得失点差124)という驚異的な数字となっている。

このように危なげなくリーグタイトルを獲得したリヨンだが、懸案事項としては2年連続でUWCLで早期敗退をしてしまったことだろう。今季のUWCLでリヨンを破ったのは、同じ国内のクラブであるPSGであり、このPSGとの勝ち点差は昨季と比べて縮まってしまっている。この辺をシーズンオフに補強などでどう対処するのかが注目される。