advertisement.

HOME<書かれた記事の一覧<フランス代表がコロンビア代表に0-2で負けたわけだが……

フランス代表がコロンビア代表に0-2で負けたわけだが……

Pocket
Share on Facebook

グループFでアップセット。FIFAランキング28位のコロンビア女子代表が今大会の優勝候補に数えられるフランス代表を2-0で破り、グループFのトップに立った。

見逃されたハンド

65分にウジェニー・ルソメがペナルティエリア内で高く跳ねたボールを頭でおさめようとした際に、コロンビアのディフェンダー、Montoyaがボールに手を触れたものの、審判のQIN Liang(中国)はこれを見過ごした。

しかし、この時点でコロンビアは1点リードしており、試合終了間際にはさらに追加点を決め、最終スコアは0-2となった。シュート数ではフランスが21本であるのに対して、コロンビアは3本。枠内シュート2本で2点をものにしたコロンビアはともかく賞賛に値する。Sepulvedaも繰り返しファインセーブを見せた。アメリカの女子サッカー専門サイト「イコライザー」はこの金星でドイツ大会の日本対ドイツの試合を思い出したと書いた。

フランスが2位通過した場合

各紙の予想だと、フランス代表は首位通過というのがもっぱらの見方で、首位通過した場合のなでしこジャパンとは決勝では当たらない(決勝トーナメントで別の山になる)ことになっている。フランス代表の最終戦の相手はグループ最下位のメキシコだが、これに勝ったとしても、現在首位のコロンビアがイングランド相手に同様のパフォーマンスを見せて首位通過すると、2位となり日本代表と同じ山にくる。

この場合、なでしこジャパンとしては「え、フランス代表、こっちくんのかよ」となってしまうかもしれないが、その心配はあまりない。というのも、F組2位の決勝トーナメント初戦の相手は、B組2位で、ここにはドイツかノルウェーがくる可能性が高い。つまり、準決勝でなでしこジャパンと当たる前に、強豪国同士が打ち消しあってくれることには変わりない。なでしこジャパンとしては、グループリーグ2連勝で首位通過を最も早く確定させたブラジル代表との準々決勝が、最初の山場になるだろう。

ところで

グループリーグ2試合目で0-2で負けるというのは、前回大会の優勝チームが唯一の負け試合であったイングランドとの試合で記録したスコアだ。

  • r・ニッシー

    コロンビアがフランスに勝ったと聞いて、驚きました。この時点で、F組の順位は①コロンビア、②イングランド、③フランス、④メキシコ、と最終戦までわからなくなりましたね。日本が1位通過した場合、このF組3位と当たる可能性がありますから、最後まで気が抜けませんね。現状、フランス、イングランドといきなり決勝Tで当たることもありえますから。

    それとAとBの最終戦が終了し、各組の3位は、Aがオランダ、Bがタイになりました。タイは失点の数があまりに多いので、日本と当たる可能性が低いと思います。

    そうなると、オランダ、フランス、イングランドと当たることになるかもしれません(まだコロンビア、メキシコの可能性もありますが)。ホントは強いところと当たりたくないのが本音ですけど、トーナメントの組み合わせはどうしようもありませんし、何を言っても無駄かもしれません。当たる以上、勝たなければ、生き残ることはできませんから。