advertisement.

HOME<書かれた記事の一覧<2015年07月

Month: 7月 2015

FIFAは2日(現地時間)に、3位決定戦と決勝戦に先駆けて、カナダ大会の各種表彰の候補者を発表した。今回発表されたのは、アディダス・ゴールデンボール賞、アディダス・ゴールデングローブ賞、そして若手選手に送られるヒュンダイ新人選手賞の3つ。ゴールデンボール賞の受賞者が大会MVPとなるが、この賞にはなでしこジャパンから有吉と宮間がノミネートされている。全候補者は次の通り。

続きを読む

現地(エドモントン)時間の7月1日17時から行われた、イングランド代表との試合に日本代表は2-1で勝利し、2大会連続の決勝進出を決めた。決勝は前回大会と同じくアメリカ代表との対戦で、オリンピックも含めると3大会連続の決勝での対戦となった。

日本とイングランドは前半に、互いに際どい判定ながらPKを獲得すると、これを日本の宮間、イングランドのウィリアムズがそれぞれ決めて1-1で最初の45分を終えた。後半、なでしこジャパンはイングランドの厳しい攻めにあい、60分台前半には、ダガンのクロスバー直撃のシュート、ホワイトの枠内シュート、ジル・スコットのヘディングシュートと立て続けに攻撃を浴びせられながらも、ディフェンス陣がなんとかこれをしのいだ。

その後も、ややイングランド代表が優位に試合を進めながらも、日本は70分に岩渕真奈を投入すると得点チャンスが増した。それでも、依然として1-1の状態が続き、延長戦に突入かと思われた中、思わぬ形で試合に終止符が打たれた。

後半アディショナルタイム1分に、熊谷が相手の前線へのパスをカットして、右サイドの川澄選手へパスを送ると、そのボールを持った川澄がサイドを上がって、エリア内に詰めていた大儀見選手にパス。このボールを大儀見についていた相手デイフェンダーのバセットがクリアしようとして触れたものの、そのボールはクロスバー下をたたいたあとにゴールラインを割った(以下埋め込みツイート内のGIF動画がそのシーン)。

92分に決まったこのオウンゴールにより、日本がイングランドを2-1で下して勝利し、決勝進出を決めた。プレイヤーオブザマッチには有吉佐織が選ばれている。アメリカとの決勝戦は、日本時間で7月6日(月曜日)の午前8時から行われる。

 

 

フランスサッカー協会は1日、フィリップ・ペルジュロー監督と契約を2017年まで延長したことを明らかにした。これでベルジュロー監督は、2017年にオランダで行われる女子EUROまでフランス代表の監督を務めることになる。

 

今大会の優勝候補と言われながらも、ドイツとのPK戦に破れベスト8に終わったフランス代表だが、2013年8月から指揮をとって以来、ベルジュロー監督がフランス代表にもたらしたものは多かった。

2014年にはキプロスカップでの優勝を経験し、同年には親善試合でアメリカ代表とドイツ代表を破り、FIFAランキングで日本代表を抜いて3位となった。今年から参加したアルガルベカップでは、準優勝という成績をおさめている。

なお、フランス代表は、現在行われているカナダ大会の成績により、すでに来年のリオデジャネイロオリンピックの出場権を手にしている。 これが、協会側の評価のポイントのひとつになっている。

FFF “Philippe Bergerôo reconduit dans ses fonctions jusqu’en 2017 “