advertisement.

HOME<書かれた記事の一覧<リオ五輪アフリカ予選のベスト4が決定 大会上位2チームが出場権獲得

リオ五輪アフリカ予選のベスト4が決定 大会上位2チームが出場権獲得

Pocket
Share on Facebook

リオデジャネイロオリンピックのアフリカ予選のベスト4進出チームが決定した。準決勝に進んだのは、カメルーン、コートジボワール、南アフリカ、赤道ギニアの4チーム。一方、アフリカの強豪のひとつに数えられるナイジェリアは、ここで敗退した。

8月2日に準々決勝の第二試合が行われた。結果は以下のとおり。

  • ガーナ 2-2 カメルーン (計 3-3 ※アウェイゴールの数でカメルーンが勝利)
  • 南アフリカ 1-0 ケニア (計 2-0)
  • ナイジェリア 1-2 赤道ギニア (計 2-3)

コートジボワールの結果が無いのは、相手のジンバブエ代表が第二試合を棄権したため。第一試合で、ジンバブエ代表はアウェイのコートジボワールでの試合に登場しなかったことにより、FIFAから制裁を受けてしまった。これにより、第一試合が3-0として扱われることになった。これに加え今回、第二試合がなされなかったことで、コートジボワールが実質不戦勝という形で勝ち上がることとなった。

カナダワールドカップに出場できなかった赤道ギニア代表のオリンピックにかける思いは強いだろう。このアウェイで迎えた第二試合では、12分にナイジェリア代表のオコビ(W杯敗退後にNWSLのワシントン・スピリットと契約)に先制点を決められてしまう。

しかし、赤道ギニアは86分に同点にすると、延長戦でさらに勝ち越しゴールを決め、ナイジェリアを2戦合計3-2で破った(試合の経過はGoal.comの記事、及びナイジェリアサッカー連盟のTwitterアカウントを参照)。なおこの準々決勝において、現在ポートランド所属のアノンマは、試合に出ていないものとみられる(NWSLの出場状況から判断)。

このアフリカ予選からは上位2チームが出場権を得ることができる。つまり、次のカードの勝利チームがアフリカからのリオデジャネイロオリンピックへの出場国となる。次の試合はそれぞれ、カメルーンとコートジボワール、南アフリカと赤道ギニアの間で、10月上旬に行われる。