advertisement.

HOME<書かれた記事の一覧<アルガルベ・カップ

「アルガルベ・カップ」タグの記事

アルガルベ・カップ2015のグループ分けが決定した。なでしこジャパンはフランス女子代表などと同じグループCに入った。2015年大会は、来年の3月4日から11日にかけて行われる。

[関連記事: 2015年のアルガルベカップとキプロスカップの出場チームが決定]

アルガルベ・カップ2015グループ分け
A B C
スウェーデン ノルウェー デンマーク
ドイツ 米国 フランス
ブラジル スイス 日本
中国 アイスランド ポルトガル

詳細はまだ未定の段階で、今回はグループ分けの発表となった。その詳細というのは、グループCの扱いについて。通常、アルガルベカップは、グループAとグループBの首位同士が優勝決定戦を行うことになっている。そして、グループCには、主催国のポルトガルが含まれていることからもわかるように、やや戦力で劣るチームが配属される。

しかし、2015年大会からは、ブラジルとフランスがアルガルベカップに参入したことによって、アルガルベカップの大会としての水準が上がった。そのため、FIFAランキング3位、4位のフランス女子代表となでしこジャパンが、溢れるような形で、グループCのチームになってしまっている。これについては、大会規則について何かしらの変更があると考えられる。

 なでしこジャパンはデンマーク代表とアルガルベでは今回で3年連続の3回目の対戦となる。過去2回の成績は、2012年、2013年ともに2-0といずれも勝利している。昨年の試合の得点は、17分の川澄と41分の大儀見によるものだった(以下のYouTube動画は昨年のハイライト動画)。

 デンマーク女子代表は、最新のFIFAランキングでは13位に位置している。アルガルベでの過去2回の結果から見ても、安全に勝つことのできる相手に見えるかもしれない。

 しかし、デンマーク代表は、昨年スウェーデンで開催されたUEFA 2013で好成績を残している。グループリーグでは2分け1敗という結果で、辛うじて決勝トーナメントに進出をしたくらいだったものの、ノックアウトステージでは、グループCを3戦全勝で勝ち抜いたフランスをPKの末破り(スコアは1-1)、準決勝に進出。決勝をかけたノルウェーとの試合では、0-1のビハインドの中、マリアン・クヌーセンの終了間際のゴールで追いつき、延長戦に持ち込んだ。ノルウェーとのPK戦では敗れたものの、ベスト4という結果で大会を終えた。

 ロンドン・オリンピック準決勝でたくさんのシュートでなでしこジャパンを脅かしたフランス代表と、昨年のアルガルベで日本代表に2-0で勝利したノルウェー代表に対して、互角かそれ以上に戦い合ったということは、手強い相手には変わりないということの証明になっている。

デンマーク女子代表のUEFAでのフォーメーション

 チームとしての特徴をUEFAがUEFA2013大会後にまとめたレポートから一部引用する。

  • ・4-2-3-1か4-4-2で基礎とした、自信に満ち、構成されたコンビネーションプレー。
  • ・バランスとボール供給に長けたソンダガード・ペダーセンのMFとしての際立った能力
  • ・冒険的な両サイドバックの縦横無尽な攻撃参加
  • ・クヌーセンとハーダーという中央の攻撃的プレーヤーのオン/オフザボールの上手さ
  • ・GKペーターセンのコンパクトで堅実な守備
  • ・ 高いレベルのスタミナと戦術的な意識。訓練され、よく組織されたチーム

 デンマーク代表は今大会、メンバーを大きく変更してきている。例えば、上のキープレイヤーとして上げられているペダーセンは、昨年妊娠を公表し、代表から退いた。アルガルベ初戦と上のフォーメーションにあるノルウェー戦の、両方で先発出場した選手は、ペターセン、ヴァイェ、ニールセン、クヌーセンの4選手しかいない。また、若手ながら既にチームの攻撃の柱であったハーダーは先週土曜日に怪我をして離脱している。

 これらの新しい顔ぶれがなでしこジャパンとどのような試合を繰り広げるのか。それは試合を楽しみに待つ事にしよう。本日のテレビ放送は、23時からフジテレビ系列で行われる。


 アメリカ代表は今年に入ってから、カナダと1試合、ロシアと2試合の計3試合を行っている。結果はいずれも勝利で、スコアはそれぞれ1-0、7-0、8-0となっている。大勝した試合は、格下ロシアということもあるものの、それを差し引いて考えても高い攻撃力を誇っていることには変わりない。

 “杖のとれたモーガン しかしファンからは「焦らないで」”で記事にしたように、アメリカ代表は現在アレックス・モーガンという攻撃の柱を怪我で欠いている。しかし、それでもこれだけの攻撃水準を維持しているのは、フォワードの層の厚さに由来する。

2014年1月に行われたアメリカ対カナダの試合のアメリカ代表のフォーメーション

 アメリカ代表のサーマンニ監督は、今年に入ってからはいずれも4-4-2のフォーメーションで試合に挑んでいる。そのフォワードのうちの左側はワンバックでほとんど固定だが、そのもう一方を主に2人の選手がモーガン不在を感じさせない程、実力でカバーしている。ルルーとプレスの2人だ。

 シドニー・ルルーは、モーガンよりも1歳下の現在23歳の選手。クラブはシアトル・レイン所属。年齢的には若いが、既に代表キャップ数は46で、通算ゴール数は26に及ぶ。先日のカナダ戦の決勝ゴールはルルーによるものだった。プレイスタイルとしては、見方が前線にロングボールや長めのスルーパスを放り込み、自らは脚の速さをもってボールに直進し、脚下に納めた後はキーパーとの1対1に持ち込んでゴールというパターンがよく見られる。これはどことなくモーガンを想起させる。

 一方の、クリステン・プレスは昨年A代表デビューした選手で、2013年は12試合に出場し、8ゴールと活躍した。1988年12月29日生まれの現在25歳。今年に入ってからは、いずれもフル出場ではないが、3試合すべてでプレーし、ロシアとの2試合のうち3ゴールを上げている。クラブチームでは、NWSLのシカゴで4月からプレーする事が決まっているが、2013シーズンでは、スウェーデンリーグのティレソーに所属していた。リーグ戦では20試合に出場し、23ゴールの活躍を見せた。

2014年2月8日に行われたアメリカ対ロシアの試合のアメリカ代表のフォーメーション

 アメリカ代表のフォワードでは、ワンバックとこの2人の他に、代表100キャップ越えの経験ある中堅のロドリゲスと、バイエルン・ミュンヘンLで着実に結果を残し実力をつけている長身のサラ・ヘイゲンがいる。

 なでしこジャパンとしては、岩清水、熊谷のコンビで、シンクレア、シェリンをロンドンオリンピックで封じたことからも、実力的には十分対応可能なことは明らかだ。しかし、フォワードは抑えたものの、2列目の選手にしてやられたというのがロンドン五輪決勝でのロイドによる2ゴールだった。

 メンバーがほとんど完全に揃った上での日本代表で、なおかつアメリカ代表が相手という好カードはあの決勝以来。キックオフは5日21時45分(日本時間)で、テレビ放送はTBS系列で行われる。

2014年2月13日に行われたアメリカ対ロシアの試合のアメリカ代表のフォーメーション


 ちなみに、モーガンの怪我の経過状況は、3月3日に自身のTwitterにアップロードされたリハビリの様子の写真(参照)から、まだ左足首のサポートブーツが取れていないことが確認できる。開幕に間に合うかどうかはまだ未知数といったところだろう。

 なでしこジャパンが出場するアルガルベ・カップと同時期にキプロスではキプロス・カップ2014(3/3から3/13まで)が開催される。こちらの大会もアルガルベ同様、12のナショナルチームが集まって順位を争う。FIFAランキングの上位3チームが出場することを考えると、アルガルベ・カップの方が大会としてレベルが高いのでは、と感じるかもしれないが、実際に並べてみると、一概にもそうとは言えない結果になった。なお、ブラジルとスペインはどちらの大会にも出場していない。

アルガルベカップとキプロスカップの出場国をFIFAランキング順にインフォグラフィックで紹介しています。

advertisement.

 今年のアルガルベ・カップは、3月5日のアメリカとの試合からスタートします。続いて、7日にデンマーク戦、10日にスウェーデン戦を行い、12日の順位決定戦で幕を閉じます。
 この記事では前回大会の招集メンバーとの比較を簡単にした上で、メンバーを紹介しています。

なでしこジャパン・アルガルベカップ2014招集メンバー
名前 Pos. # 生年月日 身長 所属クラブ 年齢
福元美穂 GK 1 1983/10/02 165 湯郷ベル 30
海堀あゆみ GK 18 1986/09/04 170 INAC 27
山根恵里奈 GK 21 1990/12/20 187 ジェフL 23
近賀ゆかり DF 2 1984/05/02 161 アーセナルL 29
岩清水梓 DF 3 1986/10/14 162 ベレーザ 27
鮫島彩 DF 5 1987/06/16 163 Hダッシュ 26
有吉佐織 DF 19 1987/11/01 159 ベレーザ 26
北原佳奈 DF 20 1988/12/17 173 新潟L 25
熊谷紗希 DF 4 1990/10/17 172 リヨン 23
三宅史織 DF 12 1995/10/13 165 INAC 18
澤穂希 MF 10 1978/09/06 165 INAC 35
安藤梢 MF 7 1982/07/09 165 フランクフルト 31
宮間あや MF 8 1985/01/28 157 湯郷ベル 29
川澄奈穂美 MF 9 1985/09/23 157 シアトル 28
阪口夢穂 MF 6 1987/10/15 165 ベレーザ 26
田中明日菜 MF 14 1988/04/23 164 フランクフルト 25
宇津木瑠美 MF 13 1988/12/05 168 モンペリエ 25
木龍七瀬 MF 22 1989/10/31 161 スカイブルー 24
中島依美 MF 23 1990/09/27 158 INAC 23
大野忍 FW 11 1984/01/23 156 アーセナルL 30
大儀見優季 FW 17 1987/07/15 168 チェルシーL 26
髙瀬愛実 FW 15 1990/11/10 164 INAC 23
岩渕真奈 FW 16 1993/03/18 155 ホッフェンハイム 20

2014アルガルベの年齢分布図

なでしこジャパン・アルガルベカップ2013招集メンバー
名前 Pos. # 生年月日 身長 所属クラブ 年齢
海堀あゆみ GK 1 1986/09/04 170 INAC 26
久野吹雪 GK 21 1989/12/27 170 伊賀FC 23
山根恵里奈 GK 12 1990/12/20 187 ジェフL 22
岩清水梓 DF 3 1986/10/14 162 ベレーザ 26
鮫島彩 DF 5 1987/06/16 163 ベガルタ 25
有吉佐織 DF 2 1987/11/01 159 ベレーザ 25
川村優理 DF 16 1989/05/17 167 ジェフL 23
長船 加奈 DF 7 1989/10/16 169 ベガルタ 23
加戸由佳 DF 18 1990/06/19 162 湯郷ベル 22
熊谷紗希 DF 4 1990/10/17 172 フランクフルト 22
川澄奈穂美 MF 9 1985/09/23 157 INAC 27
田中明日菜 MF 14 1988/04/23 164 INAC 24
宇津木瑠美 MF 13 1988/12/05 168 モンペリエ 24
山崎円美 MF 19 1990/06/09 166 新潟L 22
中島依美 MF 20 1990/09/27 158 INAC 22
髙瀬愛実 MF 15 1990/11/10 164 INAC 22
田中陽子 MF 22 1993/07/30 157 INAC 19
川村真理 MF 25 1988/12/19 160 福岡AN 24
小川志保 FW 23 1988/12/26 166 ジェフL 24
永里亜紗乃 FW 24 1989/01/24 165 ポツダム 24
大滝麻未 FW 11 1989/07/28 172 リヨン 23
大儀見優季 FW 17 1987/07/15 168 ポツダム 25
田中美南 FW 26 1994/04/28 161 ベレーザ 18

アルガルベ2013メンバーの年齢分布図

1 / 11