advertisement.

HOME<書かれた記事の一覧<オランダ代表

「オランダ代表」タグの記事

ついに開幕したFIFA女子ワールドカップ2015カナダ大会の第1日目の様子を簡潔にお伝えします。
続きを読む

アルガルベカップと並行して行われる女子サッカーの国際大会、キプロスカップのグループ分けと試合日が決定した。キプロスカップの公式サイトによると、開幕はアルガルベと同じ3月4日、続いて、6日、9日、そして順位決定戦が11日に行われる予定だという。グループ分けは、次の通りとなった(太字はワールドカップ2015出場国)。

  • グループA : オーストラリアイングランド、フィンランド、オランダ
  • グループB : スコットランド、カナダ、イタリア、韓国
  • グループC : ベルギー、チェコ、メキシコニュージーランド

グループBの韓国とカナダは、1月11日に中国で行われた試合(スコアは、カナダ 2-1 韓国)に続いてキプロスカップで早くも今年二回目の顔合わせとなる。また、今年のワールドカップで「死の組」に入ってしまった、オーストラリアは、イングランド、オランダ、フィンランドという強豪と並ぶグループAに入った。

日本時間で12月19日の午後6時に、最新の女子FIFAランキングが発表された。今回の発表で特筆すべきこととして、アメリカ女子代表が長らく維持してきた首位の座が、ついにドイツ女子代表に取って代わられたことがあげられる。アメリカとドイツのポイント差は、今年から徐々に縮まっていた。そのため、遅かれ早かれ抜かれることは予想されていたが、ついに実現された形になった。

ドイツは、今年だけでも、アルガルベカップとU20代表のワールドカップで優勝しており、男子チーム同様に、非常に安定した強さを誇るチーム作りに成功している。一方のアメリカは、今年のアルガルベカップの2敗に象徴されるように、思うようにいかないシーズンとなった。アメリカ女子代表が2位になるのは、2007年12月発表時点のランキング以来だという

もう一つの大きなニュースは、日本女子代表がトップ3から外れてしまったことだ。代わりに入ったのは、フランス女子代表。なでしこジャパンは、ポイント数では3ポイント上げて、2084としたものの、フランス女子代表が24ポイント上げて2091としたために、抜かれてしまった。フランス女子代表は、ベルジュロー監督就任後は、ランキングを着実に上げている。今年のキプロスカップ(アルガルベカップの裏で開催される国際大会)では優勝という成績をおさめ、10月25日のドイツとの親善試合では2-0で勝利していた。

他には、アジア大会の決勝で日本を破った北朝鮮が、順位を4つあげて7位になってトップ10に復帰し、UEFA予選のプレーオフを制したオランダ代表も同じく4つ上げて、11位になるなどしている。次回の発表は、アルガルベカップ後の、3月27日の予定となっている。

11月の22日、27日(現地)に行われた女子ワールドカップカナダ大会UEFA予選のプレーオフ決勝で、オランダがイタリアを2戦合計3-2で破り、オランダが女子代表チーム初のワールドカップ本戦出場を決めた。

イタリアのホームで迎えた第2戦では、バイエルン・ミュンヘンでは岩渕真奈と同じフォワードとしてポジション争いをする、フィフィアン・ミデマーが2得点の活躍で2-1で勝利した。この選手は、世代的には日テレ・ベレーザに所属する土光や籾木と同じ1996年生まれの若いプレーヤーで、次世代のスター選手候補の筆頭にあげられる(下写真は、岩渕のTwitterに投稿されたミデマーとの2ショット)。

これで、出場チームは24枠中23まで決まり、残すはエクアドルとトリニダード・トバゴのプレーオフ第2戦の結果を待つのみとなった。12月6日(現地)には、カナダのオタワにて、組み合わせ抽選会が行われる。

advertisement.

11月下旬は、10月と同様に多くの女子サッカーの国際試合が行われます。11月下旬のヨーロッパ予選のプレーオフと、12月2日の南北アメリカ大陸間のプレーオフで、カナダ大会の全24チームが決定します。その他にも、記録的な観客数が見込まれているイングランドとドイツとの間の親善試合など、興味深い試合が盛りだくさんとなっています(この試合の観客数についてと、今月中旬に行われた東アジアカップ予選については別途記事にして投稿する予定です)。

11月下旬-12月2日に行われる主な女子サッカーの国際試合一覧
日付 時刻 対戦カード 試合詳細 形式
20 15:00 ニカラグア 0-3 コスタリカ
23 2:30 オランダ イタリア URL UEFA PO決勝
2:30 フランス ニュージーランド 親善試合
24 0:00 イングランド ドイツ 親善試合
25 未定 カナダ スウェーデン 親善試合
26 3:00 ノルウェー ニュージーランド 親善試合
27 2:30 フランス ブラジル 親善試合
未定※ カナダ スウェーデン 親善試合
28 4:30 イタリア オランダ URL UEFA PO決勝
3:00 ノルウェー ニュージーランド 親善試合
12/2 18:00※※ トリニダード・トバゴ エクアドル 大陸間PO 2nd leg

※2試合ともに非公開試合か
※※トリニダード・トバゴ vs エクアドル、コスタリカ代表の試合は現地時間


  • 万が一時刻が違っていた場合でも、当サイトは責任を負いかねますので、ご了承ください。
  • タイトルで「11月下旬」としたのは便宜をはかるためで、実際には来月2日までですので、お気をつけください。
  • 11/22追記: フランスとニュージーランドの試合のキックオフ予定日が1日遅いものになっていましたので、訂正しました。申し訳ありません。
  • 11/22追記: コスタリカ代表の結果を追加しました。

 日本時間で30日と31日の未明に、UEFA予選のプレーオフ準決勝の第2試合がそれぞれ行われた。この結果、イタリアとオランダが決勝に進出した。イタリアは、アウェーで臨んだウクライナとの試合を50分の時点では0-2とリードされる展開になったが、その後にベテランのパニコのゴールなどで2点を取り返して、同点に持ち込み、合計4-3として決勝進出を決めた。イタリアは、前回大会予選のプレーオフで、あと1勝すればワールドカップというところでアメリカに敗れているが、今回も出場に王手をかけるところまでたどり着いた。
 翌日に行われた、オランダとスコットランドの試合は、2-0でオランダが勝った(合計4-1)。得点者は、第1試合と同じMartensとMelisのふたり。スコットランド代表でシアトル・レイン所属のキム・リトルは、2試合通じてフル出場したが、得点は初戦のPKのみで、ここで敗れ去ってしまった。
 決勝ラウンドは11月の22日から27日のあいだに、ホームアンドアウェー方式で2試合行われ、この試合の勝者がカナダ大会全24枠最後の参加チームとなる。

  
UEFAプレーオフ準決勝の結果
日付 時刻 対戦カード 試合詳細
10月25日 22:00 イタリア 2-1 ウクライナ URL
10月26日 1:30 スコットランド 1-2 オランダ URL
10月30日 1:00 ウクライナ 2-2 イタリア URL
10月31日 3:00 オランダ 2-0 スコットランド URL

イタリアのベテランのパニコ

スコットランド vs オランダ 1st legのハイライト

スコットランド vs オランダ 2nd legのハイライト
(追加予定)

9月13日に行われたFIFA女子ワールドカップ2015カナダ大会のヨーロッパ予選で、グループ5で8戦全勝のノルウェーがアルバニアとの試合を11-0の勝利で飾った。2位のオランダが、勝ち点19(6勝1分1敗)であるため、同日に行われる予定のオランダvsポルトガルの試合結果を待たずして、ノルウェー代表のカナダ大会への出場が決定した。

なお、ノルウェーとオランダは、、グループ5の最終戦で対戦する予定。1位通過の可能性が無くなった一方のオランダだが、プレーオフ進出の可能性を残す為にも、残りの2試合をできるだけ良い結果で終える必要がある。

ヨーロッパ枠からの出場国は、スイス、イングランドに続いて3カ国目。なお、9月13日は他のカードでも出場国が決まる可能性がある。

1 / 11