advertisement.

HOME<書かれた記事の一覧<オリンピック・リヨン

「オリンピック・リヨン」タグの記事

UEFA Women’s Champions League(UEFA女子チャンピオンズリーグ)のRound 32の2nd legが10月15日、16日にかけて行われた。結果は以下の通り。

UEFA WCL 2014-15 Round 32結果(※太字が勝ち抜いたクラブ)
#
1 KKPK Medyk Konin(ポーランド) 2-0
0-3
グラスゴーシティー(スコットランド)
2 Ryazan-VDV(ロシア) 1-3
0-2
FC Rosengård(スウェーデン)
3 ACF Brescia(イタリア) 0-5
0-9
オリンピック・リヨン(フランス)
4 Clube Atlético Ouriense(ポルトガル) 0-3
0-6
Fortuna Hjørring(デンマーク)
5 SK Slavia Praha(チェコ) 0-1
0-3
バルセロナ(スペイン)
6 Raheny United(アイルランド) 0-4
1-2
ブリストルアカデミー(イングランド)
7 FC BIIK-Kazygurt(カザフスタン) 2-2
0-4
フランクフルト(ドイツ)
8 Gintra Universitetas(リトアニア) 1-1
1-1(PK4-5)
スパルタプラハ(チェコ)
9 ŽNK Pomurje(スロベニア) 2-4
1-3
ASDトレス(イタリア)
10 スターベック(ノルウェー) 0-1
1-2
ヴォルフスブルク
11 Apollon LFC(キプロス) 1-0
1-3
Brøndby IF(デンマーク)
12 MTK Hungária FC(ハンガリー) 1-2
2-2
ノイレンバッハ(オーストリア)
13 ŽNK Osijek(クロアチア) 2-5
0-2
FCチューリッヒ(スイス)
14 リヴァプールLFC(イングランド) 2-1
0-3
リンショピン(スウェーデン)
15 トウェンテ(オランダ) 1-2
0-1
PSG(フランス)
16 Stjarnan(アイスランド) 2-5
1-3
WFC Zvezda-2005(ロシア)

Notes

  • フランクフルトは1st legで、過密な遠征日程もあって、終盤に同点ゴールを許してしまい、2-2。ホームでの2nd legは4-0で勝利。
  • PSGとリヨンが勝ち上がった事によって、Round 16で早くも昨シーズンのクープ・ドゥ・フランス決勝カードでヴァレーカップ決勝カードでもあった2クラブによる対戦がUWCLでも行われることに。
  • ノイレンバッハとヴォルフスブルクが共に勝ち進んで、昨シーズンのベスト8進出チーム同士が早くも対戦決定。
  • シアトル・レインの控えGKの、ヘイリー・コップマイヤーがアポロンLFCのゴールキーパーとして先発。1st legでは相手をシャットアウトしたが、同じくフル出場した2nd legの試合に延長戦で2ゴールを許してしまい、チームは敗退した。
  • グラスゴー・シティーが1st legを0-2で負けて敗退が危ぶまれたものの、2nd Legの延長で勝ち越しゴールを決めて、3-0で勝利し、勝ち進んだ。
  • FA WSL 2013年チャンピオンで、先日リーグ2連覇を達成したばかりのリヴァプール・レディースが、2nd legでスウェーデンのリンショピンに0-3で破れたため、本戦初戦での敗退が決まった。
  • 安藤梢(フランクフルト)は、 1st leg では、89分にガーレフリーケスに代わって出場し、2nd legでは、フル出場した。
  • 田中明日菜(フランクフルト)は、1st leg では、ベンチ入りしたものの出場せず、2nd legでは、79分にマロジャンに代わって途中出場した。
  • 熊谷紗希(リヨン)は、1st leg ではフル出場し、2nd legでは、すでに大勝していたため温存も込めてか前半で退いた。
  • 未だ怪我が心配されるヴォルフスブルクのゲスリングが、2nd legでフル出場。

以上の結果を受けて、Round 16の組み合わせは以下のように決まった。

UEFA WCL 2014-15 Round 16 組み合わせ
#
1 FCチューリッヒ vs グラスゴー・シティー
2 ローゼンガード vs Fortuna Hjørring
3 PSG vs オリンピック・リヨン
4 ヴォルフスブルク vs ノイレンバッハ
5 リンショピン vs WFC Zvezda-2005
6 バルセロナ vs ブリストルアカデミー
7 フランクフルト vs ASDトレス
8 Brøndby IF vs スパルタプラハ

日程は以下の通り

  • 2回戦(16->8)/2014年11月8日〜11月13日
  • 準々決勝(8->4)/2015年3月21日〜29日
  • 準決勝(4->2)/2015年4月18日〜29日
  • 決勝戦(@ベルリン)/2015年5月14日

 

昨シーズンいっぱいでオリンピック・リヨンの監督を退任した、パトリス・レール氏の近況が明らかになった(関連:リヨンのレール監督、今シーズンいっぱいで退任 )。

レール氏は、ユーロスポーツフランスの女子サッカーに特化した新番組、 “Femmes 2 Foot” の常任のコンサルタントとして番組と関わることになるという。 初回の放送となった9月22日には、PSG所属でフランス女子代表のドゥリーらと共にスタジオでカメラの前に姿を見せた。

以下は、番組関係者によってTwitterに公開されたレール氏の近影を含む画像。

<hr/>

参考

Foot d’Elles-“Patrice Lair rejoint l’équipe de “Femmes 2 Foot”

2014年で「オリンピック・リヨン」として創設10周年を迎えるフランス女子1部のリヨンは、公式チャンネルであるOLTVで9月13日20時(現地)から約1時間の記念ドキュメンタリーを放映する[番組表PDF]。

上の動画はその予告編映像。UEFA女子チャンピオンズリーグ2連覇と国内リーグ8連覇を含むオリンピック・リヨンの輝かしい歴史を振り返る内容となっている。映像では、ホープ・ソロのリヨン時代の様子も見る事ができる。

8月22日、スイスのニヨンにてUEFA女子チャンピオンズリーグの組み合わせ抽選会が開催された。その様子は、UEFAの公式サイトを通じて生中継された。組み合わせは以下の通りとなっている。

UEFA WCL 2014-15組み合わせ
#
1 KKPK Medyk Konin(ポーランド) vs グラスゴーシティー(スコットランド)
2 Ryazan-VDV(ロシア) vs FC Rosengård(スウェーデン)
3 ACF Brescia(イタリア) vs オリンピック・リヨン(フランス)
4 Clube Atlético Ouriense(ポルトガル) vs Fortuna Hjørring(デンマーク)
5 SK Slavia Praha(チェコ) vs バルセロナ(スペイン)
6 Raheny United(アイルランド) vs ブリストルアカデミー(イングランド)
7 FC BIIK-Kazygurt(カザフスタン) vs フランクフルト(ドイツ)
8 Gintra Universitetas(リトアニア) vs スパルタプラハ(チェコ)
9 ŽNK Pomurje(スロベニア) vs ASDトレス(イタリア)
10 スターベック(ノルウェー) vs ヴォルフスブルク
11 Apollon LFC(キプロス) vs Brøndby IF(デンマーク)
12 MTK Hungária FC(ハンガリー) vs ノイレンバッハ(オーストリア)
13 ŽNK Osijek(クロアチア) vs FCチューリッヒ(スイス)
14 リヴァプールLFC(イングランド) vs リンショピン(スウェーデン)
15 トウェンテ(オランダ) vs PSG(フランス)
16 Stjarnan(アイスランド) vs WFC Zvezda-2005(ロシア)

2連覇中のヴォルフスブルクは、ノルウェーのスターベックとの対戦が決定した。また、昨季までティレソーの中心選手だったマルタは、同じスウェーデンのクラブ、ローゼンガードのメンバーとして再び決勝の地を目指す。

今回のドローイングでは2回戦の組み合わせも決定された(以下の表を参照のこと)。やや悲劇的なことに、フランスからの2クラブ、オリンピック・リヨンとPSGが、両チームが1回戦を勝った場合、激突することになる。いずれも準々決勝前に姿を消すには惜しいチームだが、いずれかが今年中に消えてしまうことが決定した。

UEFA WCL 2014-15組み合わせ
#
1 13の勝者 vs 1の勝者
2 2の勝者 vs 4の勝者
3 15の勝者 vs 3の勝者
4 10の勝者 vs 12の勝者
5 14の勝者 vs 16の勝者
6 5の勝者 vs 6の勝者
7 7の勝者 vs 9の勝者
8 11の勝者 vs 8の勝者

日程は以下の通り

  • 1回戦(32->16)/2014年10月8日〜16日
  • 2回戦(16->8)/2014年11月8日〜11月13日
  • 準々決勝(8->4)/2015年3月21日〜29日
  • 準決勝(4->2)/2015年4月18日〜29日
  • 決勝戦(@ベルリン)/2015年5月14日

※ラウンド16の誤りを訂正 

advertisement.

 スイスのバレー州で行われた大会、ヴァレーカップの決勝戦(現地時間8月9日)で、オリンピック・リヨンが優勝。今シーズンからプレシュール監督が就任したリヨンにとっては、上々のスタートとなった。

 クープ・ドゥ・フランス決勝の再現となったこの試合の終わり方は劇的だった。後半アディショナルタイムに突入の時点では、2-1でリヨンがリードしていた。しかしセガーのゴールでPSGが土壇場で引き分けに持ち込み、そのまま終了かというところで新規加入のヘイヘルバークのこの日2点目となる勝ち越しゴールが決まってリヨンの勝利が決まった。

 今大会で、特筆すべきはこのヘイヘルバークの存在で、彼女は今大会からリヨンでの試合にデビューしたにもかかわらず、2試合で3得点とチーム内で最多得点をマークしている。また、今大会の決勝戦で、スウェーデンのキャプテン同士の対決が早くも実現したように、フランス女子1部での北欧選手の活躍が目立って来た。PSGの1点目はアスラニのものだったし、今述べたヘイヘルバークもノルウェー代表選手だ。また、モンペリエにセンブラントが加入した事実も指摘しておこう。

 なお、なでしこジャパンの熊谷紗希は、両試合共に先発で出場した。監督が変わっても、ルナールとのセンターバックのポジションには変わりない。

 以下は全4試合のスコア(※クリック可能になっているものは、YouTubeのハイライト動画にリンクしています)。

準決勝第1試合
リヨン 7-1 アンデルレヒト
準決勝第2試合
バルセロナ 1-1 PSG (pk1-3)
3位決定戦
バルセロナ 6-1アンデルレヒト
決勝
リヨン 3-2 PSG

参考リンク

前回公開した女子ブンデスリーガ、上位4チームのシーズンオフ移籍状況のフランス女子1部版です。

オリンピック・リヨン

オリンピック・リヨンは出入りの数は少ない。フォワードのトナジーを手放しヘイヘルバークと契約したのは、チームの若返りも込めてのものか(トナジーは1981年1月生まれ、ヘイヘルバークは1995年7月生まれ)。また、お隣のチーム、サンテティエンヌからゴールキーパーも獲得。なお、この新入団の2選手は、ヴァレーカップ初戦で共に先発出場した。

オリンピック・リヨンの2014-15シーズン前移籍状況
 IN/OUT 選手名 from/to 備考
IN メリーヌ・ジェラール サンテティエンヌ
IN アダ・ヘイヘルバーク ポツダム
OUT トナジー モンペリエ

PSG

フランクフルトのアルシ、ティレソーのセガーを獲得したことによって、リヨンに劣らないほど中盤の選手が充実した。また、チャンピオンリーグに共に進出しているドイツ勢2クラブから選手が移動したことに寄って、これがWCLでも幾分有利に働くかどうか。

INベーガー・アン-カトリンポツダムGK

PSGの2014-15シーズン前移籍状況
IN/OUT 選手名 from/to 備考
IN アルシ フランクフルト 上の写真
IN セガー ティレソー
IN ジョセフィン・ヘニング ヴォルフスブルク

移籍関連とは別に、チームとしての懸念を挙げるとすれば、アメリカ人コンビのヒースとホランだろう。ホランは、U-20女子ワールドカップに出場しているために、PSGの活動を約1ヵ月離れることになる。一方のヒースは、NWSLのポートランドに加入後、怪我で出場できない状態が続いている。

ジュビジー

INテア・グレボヴァルエナン・ボーモン

ジュビジーの2014-15シーズン前移籍状況
IN/OUT 選手名 from/to 備考
IN ロマヌ・ブレウノー ラ・ロシュ=シュル=ヨン GK
IN オドゥ・モノー サンテティエンヌ

モンペリエ

モンペリエは放出した選手は確認していないが、昨シーズンオフにオクビストなど4選手が引退でクラブを去った。それを埋め合わせるかのように、現在まで4選手を獲得している。代表歴のあるトナジーと昨季フランス2部で20試合で32得点をしたゴヴァンの加入による、攻撃力アップに期待がかかっている。

の2014-15シーズン前移籍状況
IN/OUT 選手名 from/to 備考
IN トナジー オリンピック・リヨン
IN リンダ・センブラント ティレソー
IN ヴァレリー・ゴヴァン トゥールーズ ※記事リンク
IN ソフィア・ヤコブソン クロッペンブルク 上写真参照。MF
IN Genessee Daughetee ※1

※1, 8/12追加/アメリカ国籍のディフェンダー。170cm。1992年生まれ。


※ジュビジーから抜けた選手は追えていません。また、完全に網羅しているわけではありませんのでご了承下さい。

 スイスのヴァレーで8月上旬に、ヨーロッパの強豪4クラブが集まってカップ戦を行う。この4クラブの構成は、フランスからはリヨンとPSGの2チーム、スペインからは2013-14シーズンのリーグ&カップ覇者のバルセロナ、そしてベルギーからアンデルレヒトとなっている。

 試合は、8月7日、8月9日の2日に分けて行われる。組み合わせは、初戦がそれぞれリヨンvsアンデルレヒト(16時K.O.)、バルセロナvsPSG(19時K.O.)というスケジュール。9日は順位決定戦となっており、負けたクラブ同士が15時から対戦し、勝ったクラブ同士が18時から決勝戦を行う。なお、今の記した時間は全て現地時間。

 試合が行われるのは、ヴァレー州レンスにあるスタッド・デュ・クリスト-ロワ。夏でも割と涼しいので、8月の暑さも気にならないだろう(上地図)。

 大会公式ウェブサイトはhttp://www.valaiscups.com/en/womencup/homeからアクセス可能で、公式Twitterは、@ValaisFSCをフォロー。

 7月23日の全体練習から、オリンピック・リヨンの2014-15シーズンが始まった。今年のリヨンは、選手の構成にはあまり大きな変化は見られなかったが、監督、コーチに変化があった。

 4年間リヨンを指揮していたレール氏が去った後の新監督に、ジェラール・プレシュール氏が就任することが先月に発表された。また、2012-13シーズンを持って現役を引退し、その後はチームスタッフとしてリヨンに携わっていた、ソニア・ボンパストーが、今シーズンからアシスタント・コーチとして新たにリヨンとの契約を結んだ。

 リヨン公式サイトで掲載されたインタビューで、目標を聞かれたプレシュール監督は、「再びヨーロッパの頂点に立つこと」と述べた。リヨンは国内でこそほとんどど敵がいない状況だが、チャンピオンズリーグでは2年連続でドイツ勢に破れ、特に、昨年のチャンピオンリーグでは早い段階でポツダムに負け、ベスト16に留まってしまった。プレシュール氏には、2011-12シーズン以来のWCL制覇という大きな重圧がかかっている。

 この初日のトレーニングには、ルイザ・ネシブや熊谷紗希といった昨年からのメンバーらに加えて、ポツダムから移籍したばかりでノルウェー代表の、Ada Hegerberg(アダ・ヘイヘルバー or アダ・ヘイヘルバーク)と、サンテティエンヌから獲得したゴールキーパー、ジェラールも参加した。もうひとりの新入団選手(ユースチームからプロ契約)である、イヴ・ペリセは、U-20女子ワールドカップに出場する為にチームを離れている。練習の様子は、Ortega Alexさんのツイートから写真で見ることができる。


 ※筆者より/フランスとドイツの詳しい移籍動向については、別途記事にして公開します。


参考リンク