advertisement.

HOME<書かれた記事の一覧<コートジボワール代表

「コートジボワール代表」タグの記事

リオデジャネイロオリンピックのアフリカ予選のベスト4進出チームが決定した。準決勝に進んだのは、カメルーン、コートジボワール、南アフリカ、赤道ギニアの4チーム。一方、アフリカの強豪のひとつに数えられるナイジェリアは、ここで敗退した。

8月2日に準々決勝の第二試合が行われた。結果は以下のとおり。

  • ガーナ 2-2 カメルーン (計 3-3 ※アウェイゴールの数でカメルーンが勝利)
  • 南アフリカ 1-0 ケニア (計 2-0)
  • ナイジェリア 1-2 赤道ギニア (計 2-3)

コートジボワールの結果が無いのは、相手のジンバブエ代表が第二試合を棄権したため。第一試合で、ジンバブエ代表はアウェイのコートジボワールでの試合に登場しなかったことにより、FIFAから制裁を受けてしまった。これにより、第一試合が3-0として扱われることになった。これに加え今回、第二試合がなされなかったことで、コートジボワールが実質不戦勝という形で勝ち上がることとなった。

カナダワールドカップに出場できなかった赤道ギニア代表のオリンピックにかける思いは強いだろう。このアウェイで迎えた第二試合では、12分にナイジェリア代表のオコビ(W杯敗退後にNWSLのワシントン・スピリットと契約)に先制点を決められてしまう。

しかし、赤道ギニアは86分に同点にすると、延長戦でさらに勝ち越しゴールを決め、ナイジェリアを2戦合計3-2で破った(試合の経過はGoal.comの記事、及びナイジェリアサッカー連盟のTwitterアカウントを参照)。なおこの準々決勝において、現在ポートランド所属のアノンマは、試合に出ていないものとみられる(NWSLの出場状況から判断)。

このアフリカ予選からは上位2チームが出場権を得ることができる。つまり、次のカードの勝利チームがアフリカからのリオデジャネイロオリンピックへの出場国となる。次の試合はそれぞれ、カメルーンとコートジボワール、南アフリカと赤道ギニアの間で、10月上旬に行われる。

 

 

ともに優勝経験のある2チームが格下となるチームを相手に大きく勝利した。次の試合でこの2チームは対戦することになり、これは2013年のEURO決勝の再現となる。また、タイ代表ではかつて大阪高槻に所属していた選手が活躍。ワールドカップデビューを果たした。

続きを読む

 ナイジェリア、南アフリカ、カメルーン、コートジボワールの4カ国で争う、アフリカ予選のノックアウトステージ準決勝の2試合が10月22日(現地時間。以下同)に行われた。この中の上位3チームがカナダ大会への出場権を手にし、4位のチームはそこで敗退決定となる(※時間的に早い南アメリカ予選を未だ記事にできていませんが、編集上の都合で前後してしまっています。済みません)。


 10月22日午後5時に始まった、ナイジェリアと南アフリカとの試合は、先日行われたU-20ワールドカップ2014で大会MVPに輝いたオショアラ(上写真)が前半のうちに2点を挙げる活躍をし、南アフリカも後半に1点を返したものの、追いつく事はできずに試合終了(CAF公式試合詳細へのリンク)。もう一方の、カメルーンとコートジボワールとの間で行われた試合は、ペイシェンスの延長後半13分のゴールで、カメルーンが2-1で勝利し、カメルーン女子代表初のワールドカップ出場権を手にした(CAF公式試合詳細へのリンク)。
 これらの結果を受けて、カメルーンとナイジェリアの出場が決定した。決勝は10月25日に、最後の1枠を争う南アフリカとコートジボワールによる3位決定戦も同日に開催予定。

1 / 11