advertisement.

HOME<書かれた記事の一覧<シアトル・レイン

「シアトル・レイン」タグの記事

<MLB/12日/セーフコフィールド> MLBのシアトルマリナーズ戦の始球式を、アメリカ代表の優勝メンバーのメーガン・ラピーノが務めた。

 

ニューヨークとニュージャージーでの様々な優勝イベントを終え、西海岸に戻ってきたラピーノは、この日地元シアトルの球団、マリナーズの始球式に登場した。さすがアスリートということもあって、見事なノーバン投球を披露した。

続きを読む

なでしこジャパンのオランダ代表との試合の戦いぶりは、なでしこジャパン本来の魅力が出た好ゲームでした。前回大会にパスサッカーで世界の頂点を手にし、その後フランスをはじめとした他の代表チームが日本代表を見習うようになったと言われていますが、本家の実力が十分に発揮された試合だったといってもいいでしょう。このオランダ戦の試合の最中やそのあとに、引退した名選手や指導者、あるいは現役のプレイヤーから、日本代表のパスワークや両チームの戦いぶりを賞賛するツイートが多数投稿されたので以下にまとめてみました。

続きを読む

昨シーズンにシアトルでのプレーを終えてから、すぐにフランクフルトへ移籍し、ほとんどの試合で活躍したウェールズ代表のジェシカ・フィッシュロックが開幕直前にシアトルに戻ってきた。

先日ワールドカップのために今年クラブチームでのプレーをしないことを公表したアビー・ワンバックとシドニー・ルルーが互いにトレードで移籍することが決定した。来季ルルーは、再び東海岸に戻り、今度はウエスタン・ニューヨーク・フラッシュ(WNYフラッシュ)でプレーすることになる。

続きを読む

advertisement.

NWSLのシアトル・レインが1月29日に、スコットランド代表で2014年にはノッツ・カウンティでプレーしていたレイチェル・コーシー(Rachel Corsie)を獲得したことを発表した。これで、シアトルに所属する外国人選手は、キム・リトル(スコットランド)、ジェシカ・フィッシュロック(ウェールズ)、Katrine Veje(デンマーク・2015年新加入)と合わせて4人となった。

NWSLは、2014年シーズンまでは、外国人登録枠は3名までだったが、Equalizerの記事によれば、2015シーズンから最大4枠となる。これで、シアトルの2015シーズンの海外国籍の選手枠は埋まったことになった。川澄奈穂美が今シーズンもNWSLに挑戦する可能性は低くなったと言える。

ただし、NWSLは選手契約の譲渡が柔軟なので、来シーズンの1枠をトレードに出すことによって、新たな外国人選手を加入させられることは原理上可能となっている。とはいえ、INACがタイトル奪還にかけて必死であるのは明らかなので、川澄に移籍を容認するとは考えにくい、という事情も考慮する必要があるだろう。


1/31 22:09追記

2015シーズンが最大4枠となるのは、ワールドカップで主力選手が抜けざるをえないチームのための特別措置でした(参照)。2013年から2014年にかけて2枠から3枠に増えているので、またひとつ増えて2016年から4枠となる可能もあるかもしれませんが、とりあえず平常が3枠で2015年の4枠は特例とのことです。

 

家庭内暴力の疑いに関わる裁判が一応の解決を見たところで、アメリカ代表GKのホープ・ソロ(シアトル・レイン所属)に、再び大きなトラブルが起きてしまった。何が起きたか。夫のスティーブンスが飲酒運転で逮捕された時に、ソロも同乗していたのだ。さらには、その際の警察に対する態度にも問題があったとされている。これが、TMZというセレブ・ウォッチング系のニュースサイトに公にされてしまい、アメリカサッカー協会から最低でも30日間の代表活動停止を言い渡された。

影響としては、カリフォルニアで合宿中だったチームから強制的に離脱せざるをえない状況となった。加えて、アメリカ代表は2月に重要なヨーロッパ遠征(8日のフランス、13日のイングランドの計2試合)を控えているが、ソロはこれにも参加できないことになる。また、アルガルベカップ、ワールドカップ本戦の参加については、エリス監督と協会のこれからなされる新たな判断によって決まる。なお、クラブのシアトル・レインは、Equalizerによれば、ソロに対して特別な処分を下すことはないという。

ソロ本人はこの件に関して、すでにソーシャルメディア上で謝罪コメントを発表している。


参考リンク

 

今季のシアトル・レインの快進撃を支えた中心選手で、NWSLのMVPにも選ばれたキム・リトルが、9月13日に行われるUEFAワールドカップ予選のフェロー諸島との試合で、代表通算100キャップに到達する。地理的な要因もあるが、この数字は同じ世代の熊谷紗希(リヨン)やチ・ソヨン(チェルシー)のキャップ数よりも大きい数字となる。
なお、キム・リトルは、NWSLシーズンオフ期間のプレー先が注目されたが、シアトルのフィジオで川澄奈穂美の通訳も務めていたシーラさんのブログによると、代表活動に専念するという。

Kim little scotland.jpg
Kim little scotland” by Alasdair Middleton from Rothesay, Scotland – IMG_5293. Licensed under CC BY 2.0 via Wikimedia Commons.

スコットランドは現在、スウェーデンとUEFA予選グループ4の1位通過争いを繰り広げている。8試合終了時点で、全勝のスウェーデンが1位で、1敗のスコットランドがそれに続いている。両代表チームは、9月17日にスウェーデンのホームで直接対決を控えている。

残り2試合、スコットランドが1位通過を決めてワールドカップの出場権を9月中に得る為には、13日のフェロー諸島戦で大差で勝利し、17日のスウェーデンとの試合で、3-1以上の成績で勝つ必要がある。スコットランドは、リサ・エヴァンス(ポツダム)らを怪我で欠いているため、厳しい戦いになることが予想される。

キャップ数の大台が近い選手

  • 澤穂希(日本代表) あと3試合で200キャップ到達
  • クリスティー・ランポーン(アメリカ代表) あと5試合で300キャップ到達

参考リンク


ヨーロッパ予選は、この1週間でプレーオフ1枠を除いた全ての枠が決まります。イングランド、スイスに続くのはどこの代表なのか。グループ予選最終日前に記事を公開する予定です。
※9/13シーラさんに関する部分の記述を補足変更

INACからシアトル・レインへレンタル移籍していた川澄奈穂美(FW)が、NWSLのベストイレブンに選出された。ベストイレブンのリストについては別にまとめることにして、ここでは川澄の今シーズンについて振り返ることにしよう。

なでしこリーグ2013シーズンのMVPといえども、女子サッカーの本場であるアメリカのNWSLでどれほど活躍できるか開幕当初にわかっていた人はほとんどいなかっただろう。開幕直前に行われた、アメリカ女子代表選手たちが欠けているなかでの親善試合で5アシストという離れ業をやってのけたものの、開幕戦はベンチスタートだった。

シアトル・レインの今年のFW陣は、ボストンから加入したルルー、リヨンからNWSLに一本化したラピーノ、そしてINACからのゴーベルヤネズ、川澄の4人がおり、いずれもベンチで座らせておくだけでは惜しい選手だった。ラピーノを中盤に下げて使えば、3トップにして余らせることなく使うこともできたが、その中盤にはリトル、フィッシュロック、あるいはウィンターズといったこれまた控えにするにはもったいない選手たちがいた。

川澄選手のNWSL2014シーズンの活躍

ハーヴィー監督は起用法について頭を悩ませていたかもしれないが、この状況はラピーノが開幕戦に怪我をしてしまったことによって、思いがけず解決することとなった。その後、川澄はアジアカップでチームを離れるまで、NWSL特有のタイトな日程ながらも4試合連続で先発出場することになった。日本からの報道陣も駆けつけたシーズン4試合目のスカイブルー戦では、荒天も味方しながらNWSL初得点も決めた。

アジアカップから戻ったあとの活躍は、多くの人が知る通りで、チームに再合流したスカイブルーとの試合で2ゴールを上げたり、ボストン・ブレーカーズとの試合では決勝点を決め週間MVPに選ばれたりなどした。結局、アジアカップ期間中の4試合を除く、すべての試合に出場した。※以下は今シーズン全9ゴール総集編の動画。

シーズン全24節を終えた時点での主な成績は、9ゴール5アシスト(9ゴールはリーグ全体5位で、5アシストは全体7位)。この成績とレギュラーシーズン優勝への貢献が評価され、見事NWSLベストイレブンに選出された。他のフォワード2人が、ロドリゲス(カンザスシティ)とホリデー(カンザスシティ。前年の得点女王とMVP)というアメリカ女子代表100キャップ越えの名選手であることからも、いかに名誉な賞であるかわかるだろう。


オリジナルTシャツ発売や、ヘンリー君のことなど、ピッチ外の活躍については別の機会があれば書きます。