advertisement.

HOME<書かれた記事の一覧<スウェーデン代表

「スウェーデン代表」タグの記事

ワールドカップ後に初めて更新された、2015年7月10日付のFIFAランキングで、カナダ大会の優勝チームのアメリカ代表が1位に復帰した。ベスト5位までは順に、アメリカ、ドイツ、フランス、日本、イングランドで、なでしこジャパンの順位に変動はなかった。

なでしこジャパンのポイントを詳細にみていくと、前回の3月27日の時点では2066ポイントだったのが、今回は準優勝の結果が反映されたのもあって2073ポイントに上昇した。3位のフランス代表が、前回の2103ポイントから2081ポイントまで下げたために、その差は8にまで縮んだ。

順位を上げたチームとしては、ワールドカップで3位になったイングランドが新たに5位となった。他にも、オーストラリア(9位)、ノルウェー(10位)、ニュージーランド(16位)、韓国(17位)がそれぞれ1ずつ上昇している。カナダでベスト8にまで進んだ中国は2つ上げて14位となった。フランスに金星を上げたコロンビアは3つ上げて25位になり、20位内を見据えている。

反対に順位を下げてしまったチームには、首位陥落のドイツの他に、ワールドカップで1勝もできずに終わったスウェーデンが7位になり、開催国でかつベスト8まで進んだカナダが3つも落としてしまっている(11位)。グループリーグで敗退したスペインは5つ下げて19位。また、スイスも今大会の結果をうけて、20位から外れてしまった。

上位集団ではないものの、カナダ大会の結果によって最も飛躍したチームが、カメルーン代表だ。ポイントにして87、順位では一気に10上がって43位になった。カメルーン代表はなでしこジャパンと同じC組で、スイス代表を破っての2位通過が記憶に新しい。

  • ミッタグ、シャシッチ、マロジャンのゴールでドイツがスウェーデンに完勝
  • ミッタグとシャシッチは5ゴールで得点ランキングトップに
  • スウェーデン代表シェリンは無得点で大会を終え、シェーグランがこの試合で引退

日本時間で21日早朝に行われたスウェーデンとドイツの間の試合は、ドイツ代表が力の差を見せつけ、4-1で勝利し、準々決勝進出を決めた。スウェーデン代表は無勝利で今大会から去ることになった。

続きを読む

スウェーデン 3-3 ナイジェリア

  • スタッツを見ると、ナイジェリアがスウェーデンを上回る。シュート企図 7 -14 (枠内4 – 5) 、 ポゼッション47 – 53 、ファール 14- 3 。
  • 昨日のダブリッツに続き、昨年のU20女子ワールドカップでの得点女王&MVPであるオショアラもゴールデビュー
  • プレイヤー・オブ・ザ・マッチ(POM)にはオコビが選ばれている。ナイジェリアの1点目のほか、あとの2点はオコビのアシストによるものだった。
  • この試合の観客数は31148人だった。

ハイライトリンク

アメリカ 3-1 オーストラリア

  • 前半こそはオーストラリアが、シュートの数や攻撃の組み立てにおいても、アメリカに勝っていた。
  • しかし、後半ではアメリカ代表が巻き返して2点を追加し、3-1で勝利した。
  • 警告はラピーノとホリデーに一枚ずつ与えられた。
  • POMにはこの日2得点の活躍のラピーノが選ばれた。
  • アメリカのフォーメーションは4-4-2。アメリカの2トップはルルーとワンバックだった。アレックス・モーガンはワールドカップ前の怪我の影響があったためスタメンを外れたが、79分から出場し、開幕戦には間に合った。
  • オーストラリアが4-3-3で、3トップの中央にヘイマンをポストプレーヤーとして置き、両サイドにはカー、デヴァンナという足の速い選手を持ってきた。デヴァンナはこの試合が代表100試合目で、27分にそれを自ら祝福するゴールをあげた。
  • 伊賀FCに所属していたケロンドナイト選手がフル出場した。
  • この試合の観客数は31148人だった。

ハイライトリンク

11月下旬は、10月と同様に多くの女子サッカーの国際試合が行われます。11月下旬のヨーロッパ予選のプレーオフと、12月2日の南北アメリカ大陸間のプレーオフで、カナダ大会の全24チームが決定します。その他にも、記録的な観客数が見込まれているイングランドとドイツとの間の親善試合など、興味深い試合が盛りだくさんとなっています(この試合の観客数についてと、今月中旬に行われた東アジアカップ予選については別途記事にして投稿する予定です)。

11月下旬-12月2日に行われる主な女子サッカーの国際試合一覧
日付 時刻 対戦カード 試合詳細 形式
20 15:00 ニカラグア 0-3 コスタリカ
23 2:30 オランダ イタリア URL UEFA PO決勝
2:30 フランス ニュージーランド 親善試合
24 0:00 イングランド ドイツ 親善試合
25 未定 カナダ スウェーデン 親善試合
26 3:00 ノルウェー ニュージーランド 親善試合
27 2:30 フランス ブラジル 親善試合
未定※ カナダ スウェーデン 親善試合
28 4:30 イタリア オランダ URL UEFA PO決勝
3:00 ノルウェー ニュージーランド 親善試合
12/2 18:00※※ トリニダード・トバゴ エクアドル 大陸間PO 2nd leg

※2試合ともに非公開試合か
※※トリニダード・トバゴ vs エクアドル、コスタリカ代表の試合は現地時間


  • 万が一時刻が違っていた場合でも、当サイトは責任を負いかねますので、ご了承ください。
  • タイトルで「11月下旬」としたのは便宜をはかるためで、実際には来月2日までですので、お気をつけください。
  • 11/22追記: フランスとニュージーランドの試合のキックオフ予定日が1日遅いものになっていましたので、訂正しました。申し訳ありません。
  • 11/22追記: コスタリカ代表の結果を追加しました。

advertisement.

 

 首位のスウェーデンが27ポイント、2位のスコットランドが24ポイントと、勝ち点3差で並んだグループ4の1位2位の直接対決は、得失点差でスコットランドリードしていたため勝ったチームが出場権獲得という重要な試合だった(最終節までもつれた唯一のグループとなった)。

 ホームのスウェーデンは前半を7分のSjögran(マルメ)のゴールで1-0でリードしたまま終えた。1点のビハインドとなったスコットランドは、60分台前半に、2つの決定機を作ったが、共に相手ゴールキーパーに阻まれた。
76分には、スウェーデンが中盤のカウンターから追加点を上げた。シェリン(リヨン)がペナルティエリア内でスコットランドのディフェンダー2人に囲まれながらも、上手く体を回転させて打ったシュートでボールをゴールマウス右端に沈めた。 その後、スコットランドはセットプレーから何度かチャンスを作るも、得点までにはいたらなかった。結果、2-0でスウェーデンが勝利した。

 スウェーデンはこれで1991年の女子ワールドカップ創始から7大会連続しての出場権を獲得した。敗れたスコットランドだが、プレーオフでのチャンスがまだ残っており、オランダ、イタリア、ウクライナとヨーロッパ最後の1枠を争う。

イングランド女子代表のマーク・サンプソン監督は9日(現地)、来月行われるスウェーデンとの親善試合に向け、暫定の招集メンバーを公表した。最終的なメンバーは、試合当日の1週間前に今回のリスト(以下の表参照)の中から選出される予定だ。今回の選出では、アーセナル・レディースのジョーダン・ノッブス、チェルシー・レディースのクレア・ラファティが怪我から復帰した。

 イングランド女子代表は、ヨーロッパ予選のグループ6でウェールズ代表と首位争いを繰り広げており、その直接対決が8月21日(アウェイ)に控えている。それぞれ残り2試合を残し、首位イングランドと2位ウェールズの勝ち点差が5のため、イングランドはこの試合に勝てばグループ首位が決まり、出場権を得ることになる。FIFAランキングでイングランドの上を行くスウェーデン代表は、この重要な一戦の準備として十分な相手だろう。

 イングランドとスウェーデンの国際親善試合は、現地時間で、8月3日の午後2時から、ロンドンのヴィクトリア・パークで行われる。

スウェーデン戦にむけ招集されたイングランドのメンバー
Pos. Name Club
GK カレン・ バーズリー マンチェスター・シティW
GK シュボン・チェンバレン アーセナルLFC
GK レイチェル ブラウンフィニス エバートン
GK カーリィ・テルフォード ノッツ・カウンティ
DF ジェマ・ボナー リヴァプールLFC
DF ソフィー・ブラドリー(※1) ノッツ・カウンティ
DF ルーシー・ブロンズ リヴァプールLFC
DF アレックス・グリーンウッド エバートン
DF ステフ・ホフトン マンチェスター・シティW
DF アレックス・スコット アーセナルLFC
DF ケイシー・ストーニー  アーセナルLFC
DF デミ・ストークス 南フロリダ大学(アメリカ)
DF クレア・ラファティ チェルシーL
MF アニータ・アサンテ マルメ(スウェーデン)
MF ラウラ・バセット チェルシーL
MF ジェイド・ムーア バーミンガムシティ
MF ジル・スコット マンチェスター・シティーW
MF ファラ・ウィリアムズ リヴァプールLFC
MF ジョー・ポッター バーミンガムシティ
MF ジョーダン・ノッブス アーセナルLFC
FW カレン・カーニー バーミンガムシティ
FW デュニア・スージー ノッツ・カウンティ
FW エニオラ・アルコー チェルシーL
FW ジェス・クラーク ノッツ・カウンティ
FW ジェマ・デーヴィソン リヴァプールLFC
FW ナターシャ・ドウィ リヴァプールLFC
FW トニ・ダガン マンチェスター・シティW
FW フラン・カービィ レディング
FW リアン・サンダーソン ボストン・ブレーカズ(アメリカ)
FW ケリー・スミス アーセナルLFC
FW ジョディー・テイラー ワシントン・スピリット(アメリカ)
FW ダニエル・カーター アーセナルLFC

※1 怪我のため離脱 cf. Sophie Bradley: England and Notts County defender out for season


参考リンク

はじめに-運営者より-

 この記事のオリジナルは、オリンピック・リヨンの非公式タンブラーがサイト上で公開したスウェーデン代表、ロッタシェリン選手へのインタビュー記事です。そしてこの記事はその日本語訳版になります。掲載元のサイト名は、Olympique Lyonnais Fémininで、この翻訳の元となった記事のリンクはLotta Schelin Answers Your Questionsです。翻訳を許可して下さった運営者様に感謝いたします。

 インタビューの形式に触れておくと、これは本人に直接会い生で行われたものではありません。オーナーの方が、まずサイト上でユーザーの方々から質問を募集した上で、それをシェリン選手側に(恐らくメールで)送り、返って来たものを編集するという形がとられています。それでは以下からが本文となります。


ロッタ・シェリン、ファンからの質問に答える。(原文)

自国開催で迎えたEURO2013はとても素晴らしく、記憶に残る経験でした
サッカー選手としていちばん良い思い出は? -ルイーズ(スウェーデン)
シェリン:1つの試合でということなら、フランスに勝ってW杯で3位になったときの試合ですね。その試合でゴールを決めたし、それが銅メダルにも繫がりました。総合的に振り返ってなら、自国開催のEURO2013です。決勝までいけなかったけれど、とても素晴らしく、記憶に残る経験でした。
どのように学業とサッカー生活を両立させていましたか?また、プロサッカー選手になる前に何か勉強していましたか -アンリ(オランダ)
シェリン:とてもうまくやっていましたよ。ハイスクール時代にイェーテボリでプレーしていましたが、学校側は代表チームに招集されたりすることを理解してくれていました。最終学年のときに怪我をしてしまったのですが、そのおかげで勉強に費やす時間が増えたは不幸中の幸いでした。後に、イェーテボリでの社会学に加えて、ここリヨンではフランス語をかなり勉強していますね。
個人やクラブで日常的にやるトレーニングはどんな感じですか?例えば、フットワーク向上のためにダンスしたりボクササイズをしたりすることはありますか?それか、空いた時間に卓球をしたりとか。はたまた、イブラヒモビッチみたいにテコンドーをやったりしますか? -BK Höllviken 03 Girls(スウェーデン)
シェリン:どれもやりません。プロの選手として クラブの時間だけ集中してトレーニングするように定められているし、オフの時間は休むためにあるものですから。リヨンでは週に5,6度、ボールを使ったセッションと、2,3回の身体トレーニングをこなします。この2つのメニューが重なって忙しい日もありますが、週のうちの1日はオフと決まっています。
今までのゴールの中でのベストなゴールは? -ベス(イギリス)
シェリン:良い質問ですね。リヨンは最近、チャンピオンズリーグでオランダのチーム(訳注=FC Twenteのこと)と試合をしたのですが、その試合でのキーパーの裏をかいて決めたゴールですね(そのゴールのGIF => 参照)。他にももっと大切なゴールはありますが、とりあえずはそれでしょうか。
イェーテボリとリヨン、そしてスウェーデン代表でもプレーしてきて、いろんなディフェンダーと出会ったと思います。その中で、誰が一番印象に残ってますか?そして、誰が一番やりにくかったですか -フィリップ(フランス)
シェリン:たくさんいるのですが、アメリカ代表のクリスティー・ランポーンは速くて完成されている選手でしたね。私も速い選手なのですが、それだけにやりにくかったです。他には、ハンナ・マークランド(訳注=2008年までプレーしたスウェーデン代表のディフェンダー。スウェーデンのリーグでも活躍。cf.Wikipedia: Hanna Marklund)もライン際の駆け引きが巧みで、良いディフェンダーでした。
あなたの経歴を見ると、長いキャリアの中でも2つのクラブでしかプレーしていないですね。これは女子サッカー界ではとても珍しいことです。そのことによる一番の強みは何ですか? -ヒラリー(アメリカ)
シェリン:安心感を得られること。それだけでなく、チームとして共に戦ってゴールの喜びを分かち合う中で育まれる、本当の意味での「クラブ愛」のようなものが得られることではないでしょうか。
スウェーデンとフランスが決勝で当たったら素晴らしいでしょう…
スンダーゲ監督が代表チームのキャプテンにあなたを任命した時、どのように感じましたか。そしてキャプテンとして迎えたホームでのEURO2013はいかがでしたか?キャプテンに任命されたことによる責任感によってあなた自身に何か変化はありましたか? -カタリーナ(ドイツ)
シェリン:とても名誉なことだと思いました。キャプテンに任命されるということは、自分の今までのキャリアがそれに値するということですからね。 セガーと共にスウェーデンを代表するのはとても楽しみなものでもありました(訳注=スンダーゲ監督は2012年10月にシェリンとセガーのふたりをキャプテンに選び、実際にどちらにキャプテンマークを付けるかは試合毎の状況に照らして判断する方針をとった cf.参照)。ウッレヴィ(注= イェーテボリにあるスウェーデン女子代表チームが使用するスタジアム)のピッチにキャプテンマークを巻いて入場するというのは格別なことでした。でも、私自身に変化はありません。スウェーデン代表はまだ常勝というわけでもないので、一番大事なのは代表チームがもっと強いチームに変われるように皆が貢献することだと思います。
2015年W杯のスウェーデンは、いけますかね? -ペトラ(オーストリア)
シェリン:さぁ、どうでしょう! 私たちはいつも準備万端ですし、出場権も得て、メダルを得るために戦っていることでしょう。大会までの残る1年と半年の間、頼もしいスンダーゲ監督と共に、私とセガーがチームの核として引っ張っていければ、結果はついてくるでしょう。
W杯決勝で当たるチームを選べるとしたらどこがいいですか? -マリア(チリ)
シェリン:フランス。スウェーデンとフランスが決勝でぶつかったら素晴らしいでしょうね。もちろんスウェーデンが勝つ限りにおいてですけれどね!
ドリームチームというものを組んだらあなたは11人の中の1人に入ります。では、あなたと肩を並べている他の10人は誰ですか。 -ダナ(アメリカ)
シェリン:ありがとう。リヨンはリヨンでもうドリームチームでしょう。けど、私としてはリヨンとスウェーデン代表を組み合わせたら完璧になると思います。
リヨンのみんなはそれぞれ何かしらに秀でています。
今シーズンを振り返って、満足してますか? もしそうでないなら理由を。-クラウディア(フランス)
シェリン:ベストなシーズンではないです。きっと、チームは曲がり角にいるような感じで、チャンピオンズ・リーグを既に敗退したことを考えると、全体的に見てベストなシーズンとは言えません。CLで敗退についてはもう考えなくなりましたが、過去にはもっと良いシーズンがありましたね。
リヨンでキャリアを終える可能性はありますか? -ノエミ(フランス)
シェリン:それはないと思います。私はいつもイェーテボリに戻りたいと願っているしそう思い描いてもいます。 リヨンで何か得るものがあると強く思える限り、もちろんリヨンには居るつもりです。けれど、スウェーデンに戻ってイェーテボリでもう一年かそれ以上プレーしたいです。
フランス女子1部リーグのレベルについてどう思いますか? -テディ(フランス)
シェリン:上位4チーム(訳注=リヨン、PSG、ジュビジー、モンペリエのこと)に関しては、常に高いレベルにありますが、下位のチームがあまり訓練されていないのでレベルが低いのが問題です。そういうチームは平均して週に3回しか練習していないといいます。 実力以前に、練習時間だけを単純に比較しても十分ではありません。
リヨンに来て欲しい選手は誰かいますか? -マイリス(フランス)
シェリン:どうなんでしょうね。リヨンには既に素晴らしいプレイヤーがいるし、チームとしても完成されています。だから特に思い浮かぶ人は居ません。でも、文化的に異なるバックグラウンドをもつ選手が増えれば楽しいでしょうね。
チームメイトの中で最も賞賛に値すると思うのはだれですか。理由とともに教えて下さい。 -匿名希望(フランス)
シェリン:リヨンのチームが凄いのは皆が一流の選手だということです。とりわけ、ネシブの鮮やかで素晴らしいテクニックは格別ですね。でも、リヨンのみんなはそれぞれ何かしらに秀でています。
次の5つの質問から連想するリヨンの選手をそれぞれ教えてください。まず、料理が一番得意なのは誰ですか?-ブライアン(フランス)
シェリン:サブリナ・ヴィギエの料理は本当に上手です。プラザも良い料理を作ります。あと、フランコも負けてません。
2つめ。冗談が一番面白いのは?
シェリン:これもサブリナです。
3つめ。もっとも面倒くさがりなのは?
シェリン:いないと思います。でも強いて言えば、トミスでしょうか。彼女は信じられないほど身体能力が高いので。皆と同じ練習量をこなす必要がない選手なんです。
4つめ。いちばんシャイな選手は?
シェリン:ネシブがとってもシャイです。彼女はそのせいで、周りのことに興味の無い人間だと見なされ、他人に悪く受け止められることがあるのですが、それは単にシャイなだけなのです。
最後です。もっとも知的なのは?
シェリン:みんなそれぞれに知的な面はあります。中でもディッケンマンは聡明でいくつかの言語に習熟しています。

シェリン選手のインタビューはここで終わります

ロッタ・シェリン プロフィール
ロッタ・シェリンの画像
ロッタ・シェリン(from Wikipedia)

 1984年2月27日、スウェーデンで生まれる。身長179cmの長身FWで、女子サッカー界を代表するストライカー。オリンピック・リヨン所属で、スウェーデン代表としても活躍し、A代表129試合出場63得点。昨年自国で開催されたUEFA2013では、チームは準決勝でドイツに敗れたものの、自身は大会5得点で最多得点者に輝いた。

 スウェーデン代表で、現在クラブではモンペリエでプレーをする、ジョセフィン・オクビスト(Josefine Öqvist)が代表引退を発表した。

オクビストの写真

 オクビストは、2002年からスウェーデン代表として、通算80試合出場20得点と活躍。中でも、2003年のFIFA女子W杯アメリカ大会の準決勝カナダ戦では、86分に決勝ゴールを決め、チームの大会準優勝に大きく貢献した。2011年のW杯ドイツ大会では、日本が3-1で勝ち決勝進出を決めた試合の先制ゴールを決めている(下の動画)。

 2012年1月に妊娠していることが明らかとなり、そのまま産休に入ったため、ロンドンオリンピックの出場はなかった。今回の引退も家族と触れ合う時間を優先させるためと見られている。自国開催であったUEFA2013が、出場した最後の国際大会となった。


参考リンク

1 / 11