advertisement.

HOME<書かれた記事の一覧<フランス代表

「フランス代表」タグの記事

ワールドカップ後に初めて更新された、2015年7月10日付のFIFAランキングで、カナダ大会の優勝チームのアメリカ代表が1位に復帰した。ベスト5位までは順に、アメリカ、ドイツ、フランス、日本、イングランドで、なでしこジャパンの順位に変動はなかった。

なでしこジャパンのポイントを詳細にみていくと、前回の3月27日の時点では2066ポイントだったのが、今回は準優勝の結果が反映されたのもあって2073ポイントに上昇した。3位のフランス代表が、前回の2103ポイントから2081ポイントまで下げたために、その差は8にまで縮んだ。

順位を上げたチームとしては、ワールドカップで3位になったイングランドが新たに5位となった。他にも、オーストラリア(9位)、ノルウェー(10位)、ニュージーランド(16位)、韓国(17位)がそれぞれ1ずつ上昇している。カナダでベスト8にまで進んだ中国は2つ上げて14位となった。フランスに金星を上げたコロンビアは3つ上げて25位になり、20位内を見据えている。

反対に順位を下げてしまったチームには、首位陥落のドイツの他に、ワールドカップで1勝もできずに終わったスウェーデンが7位になり、開催国でかつベスト8まで進んだカナダが3つも落としてしまっている(11位)。グループリーグで敗退したスペインは5つ下げて19位。また、スイスも今大会の結果をうけて、20位から外れてしまった。

上位集団ではないものの、カナダ大会の結果によって最も飛躍したチームが、カメルーン代表だ。ポイントにして87、順位では一気に10上がって43位になった。カメルーン代表はなでしこジャパンと同じC組で、スイス代表を破っての2位通過が記憶に新しい。

アメリカ代表の1999年以来となる3度目の優勝で終わったカナダ大会の各賞の受賞者をまとめました。一番最後の大会ナンバーワンゴールは、サポーター投票によって決まります。なでしこジャパンからは、宮間あや選手がブロンズボール賞を受賞しています。

続きを読む

フランスサッカー協会は1日、フィリップ・ペルジュロー監督と契約を2017年まで延長したことを明らかにした。これでベルジュロー監督は、2017年にオランダで行われる女子EUROまでフランス代表の監督を務めることになる。

 

今大会の優勝候補と言われながらも、ドイツとのPK戦に破れベスト8に終わったフランス代表だが、2013年8月から指揮をとって以来、ベルジュロー監督がフランス代表にもたらしたものは多かった。

2014年にはキプロスカップでの優勝を経験し、同年には親善試合でアメリカ代表とドイツ代表を破り、FIFAランキングで日本代表を抜いて3位となった。今年から参加したアルガルベカップでは、準優勝という成績をおさめている。

なお、フランス代表は、現在行われているカナダ大会の成績により、すでに来年のリオデジャネイロオリンピックの出場権を手にしている。 これが、協会側の評価のポイントのひとつになっている。

FFF “Philippe Bergerôo reconduit dans ses fonctions jusqu’en 2017 “

決勝にあってもおかしくない戦いはPKの末にドイツがフランスに勝利し、準決勝に進んだ。

開始1分にフランスの決定機が訪れる。右サイドをドリブルで駆け上がったトミスのセンタリングから、ペナルティエリア内まで駆け上がっていたネシブがフリーで受けてシュート。しかし、これは枠内をとらえられず、ゴール左に外れた。この展開に象徴されるように、この試合のフランスのシュートシーンの多くは、ネシブ、アンリ、アビリーといった2列目以降の選手が担った。逆に言うと、フォワードのデリー、ルソメを生かした攻撃をすることができなかった。

64分に試合は動いた。最終ラインの選手が最前線のデリーに合わせたロングフィードを、ドイツ代表のセンターバックが頭でクリアしたボールの跳ね返りがネシブに渡り、それをネシブがミドルで決めてフランスが先制した。だが、69分にトミスが下がると、試合は違う展開を余儀なくされる。その15分後、ドイツの右サイドからの攻撃の中で、フランスのサイドバック、マジュリがハンドでPKを与えると、ドイツのキッカーは大舞台での経験豊富なシャシッチがこれを決めて同点にした。

そのあとは延長戦も含め、ほとんど均衡状態に。フランス代表はひとつ決定的なチャンスがあったが、そのクロスを受けたティネイがオフサイドとセルフジャッジしたのか、中途半端なシュート終わったプレーがあった。全体的なプレーの粘り強さという面ではドイツが勝っていた。また、後半からマロジャンを投入することは予期されていたが、今大会のこれまでの試合のように同じポジションのロイポルツと代えるのではなく、フォワードのミッタグと入れ替えたことが、終わってみれば奏功したと言えるかもしれない。

PK戦の詳細は次の通り。最後のPKを止めたアンゲラーがプレイヤーオブザマッチに選ばれている。

なお、ドイツの次の相手は、中国との試合に勝利したアメリカ代表。

advertisement.

グループFでアップセット。FIFAランキング28位のコロンビア女子代表が今大会の優勝候補に数えられるフランス代表を2-0で破り、グループFのトップに立った。

続きを読む

リーグ9連覇を達成しながら、女子チャンピオンリーグでは2年連続ベスト16にとどまったオリンピック・リヨンが、新たに4選手と契約をしたことを、会長のジャン=ミシェル・オーラ氏が6月1日Twitter上で発表した。リヨンは、シーズン終盤の時点で、現在の主力かつベテランのフランス代表ブザグリアとスイス代表ディッケンマンがヴォルフスブルクに移籍することが決まっていた。そして今回、それによる不足の補強と同時に若返りを図るように4選手と新たに契約をした。

続きを読む