advertisement.

HOME<書かれた記事の一覧<レベッカ・モロス

「レベッカ・モロス」タグの記事

2013年まで「ベッキー」としてINAC神戸でプレーし、2014シーズンからはNWSLのポートランド・ソーンズに加入していた、レベッカ・モロスが昨季NWSLチャンピオンのFCカンザスシティへ移籍することになった。

今回の移籍は、ポートランドとカンザスシティのトレードで、ポートランドがレベッカ・モロスの代わりに誰を獲得するかはまだ決まっていない。なお、カンザスシティには、「ベッキー・サーブラン」という登録名のアメリカ代表DFが既にいるので、まだ「ベッキー」という愛称を完全に捨て切れていないサポーターは、このままだと今シーズンの試合観戦中にややこしくなるはめなる。

元INAC神戸の外国人選手関連では、2014シーズンオフで同クラブを去った、ゴーベルヤネズがシアトルレインと新たに契約をした。そのため今シーズンからは、NWSLに専念することになる。また、チェルシーのチ・ソヨンは、大儀見とは異なり、チェルシーとの契約を更新する予定だという。


 

参考リンク

FC KANSAS CITY AQCUIRES BECCA MOROS FROM PORTLAND

 

 ポートランド側では先月に既に発表されていましたが、ベッキー(レベッカ・モロス)選手の移籍がINAC公式サイトでも発表されました(参考:Portland Timbers | Thorns FC acquire forward Jessica McDonald, rights to defender Rebecca Moros from Seattle in exchange for Danielle Foxhoven )。ゴーベル・ヤネズ選手の場合と違って、移籍期間が明示されていません。

 ベッキー選手のコメントを引用します。記事全文はINACの公式サイト(NEWS | ベッキー選手 移籍のお知らせ)で。

 「日本で、そしてINACでとてもよい経験ができました。日本で約1年半を過ごし、少し日本人になったような気がします。私は心から日本が大好きです。アメリカに帰っても日本のことを忘れません。ずっと応援してくださったみなさんにもとても感謝しています。日本で学んだことを生かし、次のチームでもがんばります」

 

1 / 11