advertisement.

HOME<書かれた記事の一覧<大野忍

「大野忍」タグの記事

なでしこジャパンのオランダ代表との試合の戦いぶりは、なでしこジャパン本来の魅力が出た好ゲームでした。前回大会にパスサッカーで世界の頂点を手にし、その後フランスをはじめとした他の代表チームが日本代表を見習うようになったと言われていますが、本家の実力が十分に発揮された試合だったといってもいいでしょう。このオランダ戦の試合の最中やそのあとに、引退した名選手や指導者、あるいは現役のプレイヤーから、日本代表のパスワークや両チームの戦いぶりを賞賛するツイートが多数投稿されたので以下にまとめてみました。

続きを読む

 6月1日、アーセナルLとエバートンによるFA Women’s Cup決勝戦が行われた。試合は、15分にスミスが鮮やかな直接FKを決め、後半17分には近賀ゆかりが、移籍後初得点となるゴール。この2点を守りきったアーセナルLがエバートンを下し、みごと13度目のFA Cupの頂点に立った。

[動画上:試合のハイライト(※近賀のゴールは2:15から)]

 大野、近賀の日本人デュオは先発フル出場した。

[写真上:優勝後の記者会見でのカー監督。カー監督はこの試合でチームを去ることが決まっている。]


参考リンク

 イングランドでのなでしこジャパン同士の初顔合わせなった試合は、とてつもない試合になった。

チェルシーL 3-5 アーセナルL (90分+延長30分)

 アーセナルは、前半にアイシがペナルティーエリア内でファールを受けPKを獲得したが、スミスがこれを外した。その後はしばらく試合は均衡した状態を保っていたが、69分のソヨンのゴールでチェルシーが先制する。しかし、その直後にベテランのスミスが先ほどのミスを取り消す同点ゴールを決める。
 だが、チェルシーは後半40分に日本のエース、大儀見優季の得点で土壇場での勝ち越しに成功する。アルコーのクロスをソヨンが見送り、ワンバウンドしたボールをキーパーが弾いた所を、詰めていた大儀見が逃さなかった。だが、またしてもスミスが1分後にすぐさまミドルシュートで同点ゴールを決め、試合を振り出しに戻す。そのまま試合は延長戦に入った。

得点経過

  • 69′ ソヨン
  • 70′ スミス
  • 85′ 大儀見
  • 86′ スミス
  • 93′ カーター
  • 99′ 大野
  • 104′ アルコー
  • 109′ ストーニー

 延長に入って、まずリードしたのは、アーセナルLだった。カーターがまず延長前半3分にゴール。そして、大野忍が6分後にFKからの素早い攻撃展開のなかで、カーターのクロスに右足で合わせて得点し、4-2とリードする。しかし、試合は簡単には終わらず、この日チェルシーの2得点に絡んでいたアルコーが延長前半終了間際に得点し、これで1点差となった。
 109分、この日途中出場のヤンキーのクロスに、ストーニーがヘディングで合わせてゴールを決め、試合を決定付けた。稀に見る死闘は、アーセナルLの勝利で終わった。

 なでしこリーグ関連選手情報としては、大儀見と近賀はフル出場。大野は120分、ソヨンは113分に途中交代で下がった。

 もう一方の準決勝戦、エバートンvsノッツカウンティは、エバートンが2-1で勝利し決勝進出を決めた。決勝戦は、現地時間で6月1日に行われる。アーセナルLとエバートンは、2010年のFAカップ決勝でも対戦しており、その時はエバートンが3-2でアーセナルLを破って優勝した。アーセナルLは決勝で勝てば、イングランドのクラブで最多の13回目の優勝となる。さらに男子チームもFA Cup決勝に進出を決めているため、男女同時優勝の可能性も残している。


  ※1YouTubeハイライト公開後の5月12日に、得点部分に関する記述を一部改めました。また、大野選手の得点シーンをヘディングによるものとしていましたが、実際は右足でのシュートでした。筆者の読解ミスによるものでした。お詫びして訂正申し上げます。
  ※2アーセナルLのAyisi選手の読みが実況から「アイージ」であることが判明したため、次回からはこれを採用することに致します。

参考リンク

本日、3月23日からUEFA WCL準々決勝が始まる。4年連続で決勝に進んでいたオリンピック・リヨンや、最多優勝クラブであるフランクフルトといった顔ぶれが見られないはファンにとっては残念かもしれないが、見所は多くある。

前回のステージからは、ウインター・ブレイクを挟んだということもあり、さまざまな変化がクラブにはあった。中でも、スウェーデンのティレソーは、今月の初めに財政危機に陥ったことが報告された、最悪の事態は免れたようだが、現在もクラブ再建に奮闘している。WCLの優勝賞金は、25万ユーロ(日本円でおよそ3500万円)。クラブのためにも選手たちが優勝を意気込んでいることは間違いない。
また、なでしこジャパンの大野近賀コンビの加入で話題のアーセナルレディースは、このオフに選手が10人入れ替わった。新しく加入した選手には、近賀、大野の他にイングランド代表主将のケイシー・ストーニーなどを含むが、手放した選手にはキム・リトル(米:シアトル・レインへ移籍)やエレン・ホワイト(英:ノッツ・カウンティへ移籍)などのA代表レベルの選手も含まれており、この大きな入れ替えによって、これから結果がどのように異なってくるかが注目されている。

日本人選手情報として、ポツダムの永里亜紗乃にも、先週のリーグ戦でゴールを決めているだけに、出場の期待がかかっている。ポツダムはリヨンを破って準々決勝進出を果たしていることからも、優勝候補筆頭であることは間違いない。大儀見優季が貢献した2010年以来の優勝となるか。

WCL準々決勝1st Leg組み合わせ
Home Kickoff. Away
ティレソー 3/23 14:45 ノイレンバッハ
トーレス 3/23 15:00 ポツダム
ヴォルフスブルク 3/23 17:15 バルセロナ
バーミンガム 3/24 20:00 アーセナル

advertisement.

大野忍の写真

 アーセナルレディースFC(以下、アーセナルL)は、2月15日午後7時(現地時間)にWebサイト上で、なでしこジャパンの大野忍と近賀ゆかりと契約したと発表した。具体的な契約形式や期間などはまだ明らかにされていない。

 アーセナルLは契約を発表した記事の中で、両選手のキャップ数などを紹介し、代表選手としてのキャリアの豊かさを強調。アーセナルLのヴィック・エイカーズGMは「ユカリとシノブは二人とも、W杯や五輪で決勝まで進むなど極めて国際経験が豊富な選手だ。彼女たちが入ることによって私たちのチームはより磨きがかかるだろう。アーセナルに迎えられることを嬉しく思う」(大意)とコメントした。

 なお、大儀見の所属するチェルシーLとの対決は、イングランド国内カップ戦の、2014年7月6日が最初となる。

cf.2011年11月に日本で行われたアーセナルLとINACの試合のダイジェスト動画


参考リンク

Arsenal Ladies 公式Twitter

Arsenal公式Webサイト news “Club Signs Yukari Kinga and Shinobu Ohno”

Arsenal Ladies 2014シーズンの日程

Sportiva 【なでしこリーグ】W杯の再現。INAC神戸対アーセナルで選手がつかんだ成長の手応え

1 / 11