advertisement.

HOME<書かれた記事の一覧<岩渕真奈

「岩渕真奈」タグの記事

スイスで行われているヴァレーカップ2015の決勝が現地時間の16日に行われた。初めての対戦となったオリンピック・リヨンとバイエルン・ミュンヘンの試合は、バイエルンがリヨンを3-1で下し、大会初優勝を飾った。

続きを読む

昨年からクラブ間同士の大会となった、スイスで行われるヴァレーカップが、現地時間の8月14日に開幕した。今年の大会には、去年と同じリヨンとPSGに加え、女子ブンデスリーガチャンピオンのバイエルン・ミュンヘンとチューリッヒが新たに参加している。

[大会概要など昨年の関連記事]

昨年の大会は、リヨンの監督が代わって初めての公式戦であり、移籍したばかりのノルウェー代表アダ・ヘイヘルバーグが決勝で2得点をあげ、その後の活躍をサポーターに約束した大会でもあった。

続きを読む

ヴォルフスブルクは、今シーズン怪我で欠いているケスラーに加えて、ポップも出場できないというチーム状況だった。1-0でリードしていた試合の終了間際に同点ゴールを決められ、延長戦にまでもつれたが、最後はベテランのミュラーが勝ち越しゴールを117分に決めて、2-1でザンドに勝利し、無事駒を進めた。

この12月に2度目の対戦となったフランクフルトとバイエルン・ミュンヘンの対決は、ホームのフランクフルトが3-1で勝利した。岩渕真奈は先発出場したものの思うように仕事をさせてもらえず、61分で下がった。安藤梢の出番はなかった。

ポツダムはケルンと対戦し、3-0で勝利した。なでしこジャパンの永里亜紗乃は先発出場し、75分にLia Wältiと交代した。

フライブルクとギュータスローの間で行われた試合は、先に格下のギュータスローが前半を終えて、3-0でリードするという波乱の展開ながら、フライブルクが後半に3点を取り同点に追いついた。延長では30分のあいだにフライブルクが4点を追加して、結果として7-3でフライブルクの大勝に終わった。

準決勝の組み合わせは、2015年1月に行われる予定で、また、準決勝は4月1日に、決勝は5月1日にケルンで行われる日程となっている。

なでしこジャパンの岩渕真奈(バイエルン・ミュンヘン)が、フライブルクとの試合(女子ブンデスリーガ第13節)であげたゴールが、サポーター投票による週間ベストゴールに選ばれた。得票率は、2位に対してダブルスコアに近い56パーセントだった(2位と3位はそれぞれ29パーセントと15パーセント)だった。

岩渕は前節のフランクフルトとの上位対決でも先制点を決めており、2試合連続ゴールとなった。その時は、受賞こそ逃したものの、週間MVP候補に選ばれていた

女子ブンデスリーガは、この第13節終了後にウインターブレークに入った。バイエルン・ミュンヘンは、この期間にフロリダ州へのキャンプが予定されており、フロリダ大学とアメリカ女子U-20代表とトレーニング・マッチをおこなう予定だ(詳しく取り上げる可能性あり)。


※12/20 追記 ) 厳密には、第13節終了後、フランクフルトとのDFBポカール準々決勝(12/21)を戦った後に、ウインターブレークとなります。ポカールがあることを明記すべきでした。

 

advertisement.

女子ブンデスリーガ第12節の上位対決、フランクフルトvsバイエルンミュンヘンの試合で、先制点を決めバイエルンの2-1の勝利に貢献した岩渕真奈が、今節の週間MVPにノミネートされた。岩渕のゴールは、女子ブンデスリーガ公式サイトのゴールダイジェストの20秒から見ることができる。

岩渕を含むノミネート6選手は、以下の通り。なお、前節の受賞者は、ヴォルフスブルクのレナ・ゲースリング。発表は今週中になされる予定だ。

  • ポーリーン・ブレマー(ポツダム)
  • 岩渕真奈(バイエルン)
  • Dolores Jacome Silva(デュイスブルク)
  • Ria Percival(イエナ)
  • Ramona Petzelberger(レバークーゼン)
  • アレクサンドラ・ポップ(ヴォルフスブルク)

バイエルンミュンヘンは現在、ヴォルフスブルクと勝ち点2差で、女子ブンデスリーガで2位に付けている。両チーム共に今シーズンまだ負けなし。女子ブンデスリーガは次の第13節を終えると、ウインターブレイクに入る。最下位再開は2015年の2月15日からの予定となっている。

女子ブンデスリーガ2014シーズン第4節のヴォルフスブルクとバイエルン・ミュンヘンの試合が、日本時間で9月25日の1時よりDFB-TVにて生中継(ライブストリーミング)される。ストリーミング中継はこのURL( http://tv.dfb.de/livestream/frauen-bundesliga-vfl-wolfsburg-fc-bayern-muenchen-live/9378/ )から、見ることができる。

女子ブンデスの第3節と第4節の間は短く、バイエルンは中2日での試合となる。ヴォルフスブルクは、今のところ3試合無失点で全勝をキープして首位におり、バイエルンは開幕戦でフランクフルトと引き分けてからは2連勝中(ポツダムに続いて3位)。今日の試合は、新たに戦力を補強したバイエルンにとって試金石となるだろう。

なでしこジャパンの岩渕真奈は、前節の古巣ホッフェンハイムとの試合では右FWとして先発出場し、79分までプレーした。フル出場はないものの、今のところ3試合すべてスタメンで出場(ポジションは3試合とも異なる)しているので、今日の試合もスタメンが濃厚と見られる。

今後のDFB-TVのライブストリーミング予定(※時間は日本時間)

 今季からバイエルン・ミュンヘンに加入した、なでしこジャパンFWの岩渕真奈が、ホームで行われたPSGとの親善試合に出場した。53分にはベーリンガーのフリーキックから惜しいシュートを放ったようだが、得点にはいたらず、トレーニングマッチということもあり63分にウォークリングと共にピッチを退いた。

 試合は、前半にPSGが先制したものの、後半35分にバイエルンが同点にし、1-1で試合終了。ドイツとフランスのシーズンオフに補強に力を入れたクラブ同士の対戦は引き分けに終わった。PSGはヴァレーカップでもぎりぎりまでリヨンを苦しめ、続く親善試合では昨季フランス女子1部4位のモンペリエを5-0で下したばかり。その相手に引き分けた女子ブンデス昨季4位のバイエルンは、早速補強の効果があらわれていると言えるだろう。8月31日のフランクフルトとの開幕戦が楽しみだ。なお、PSGの方は、この後ヴォルフスブルクとの親善試合も控えている。

 両チームのスターティングメンバーメンバーは以下の通り。なお、試合経過については主にバイエルン・ミュンヘンのTwitterアカウントを参照している。

 リーグ前半最終節の最も豪華な対戦カードに、3030人の観客が訪れた。フランクフルト対ポツダムの1位2位対決は、ラウディアの開始2分でのコーナーキックからのヘディングゴールを皮切りに、36分、48分にも得点を重ねたフランクフルトが3-0で勝利した。この勝利によって、フランクフルトは勝ち点を26まで伸ばし、2位のポツダムとの差を6に広げた。ただ、ポツダムはフランクフルトより1試合多く試合を残している。この順延となっていた試合は、12月21日に行われる予定。日本人選手情報としては、フランクフルトの安藤梢はフル出場、田中明日菜は試合終了間際の88分から試合に出た。一方のポツダムの永里亜紗乃はベンチスタートだったものの後半開始46分からプレーした。

 また、ホッフェンハイム所属の岩渕真奈はバイエルンミュンヘン戦にフル出場。チームは、シュナイダーの終了間際のゴールで同点に追いつき、2-2で引き分け、貴重な勝ち点1を手にした。順位は9位のまま。

 ブンデスリーガ女子第10節全体の試合結果は以下の通り。

ポツダム 0 – 3 フランクフルト

デュイスブルク 3 – 0 イェーナ

レバークーゼン 8 – 0 ジンデルフィンゲン

ホッフェンハイム 2- 2 バイエルンミュンヘン

フライブルク 1 – 1 エッセン

 なお、ヴォルフスブルク対クロッペンブルクの試合は、天候を理由に順延となった。代替日は未定。ブンデスリーガ女子は、延期された試合を除いて、これでリーグ前半戦を終了。後半開始にあたる第11節は、2014年の2月23日に行われる予定。

 ちなみに、今節の全ゴールのハイライトはDFB-TV FRAUEN-BUNDESLIGA: TORSHOW VOM 10. SPIELTAGより見る事ができる。


  参考リンク

FRAMBA.DE Frankfurt zieht davon – München stolpert erneut

フランクフルト公式サイト


 この記事の残念なところ

・ドイツ語ができないために監督のコメントを引用することができていない。

・ハイライト動画を埋め込むことは原理的に可能なはずなのに、そうすることができなかった。

  両方とも改善していきます。