advertisement.

HOME<書かれた記事の一覧<引退

「引退」タグの記事

FIFA女子ワールドカップ2015カナダ大会で得点女王に輝いた、ドイツ代表のシリア・シャシッチが16日に現役引退を表明した。本人も自身のFacebookページで既にコメントをしている。

シャシッチはシーズン終了間際に、フランクフルトとの契約更新を保留したままワールドカップに臨んでいた。大会終了後は、フランクフルトに残るのか、それとも移籍をするのか、決断が注目されていた。その中での引退発表となったため、驚きを持って受け止められている。年齢もまだ27歳だ。

シャシッチは、今年の女子ブンデスリーガで得点女王(2年連続)になり、直後のUWCLでも得点ランキングトップになり、その後のワールドカップでもゴールデンブーツ賞を手にしていた。ストライカーとしての賞を総なめにし、キャリアハイとも言える状況での引退となった。

引退の理由については、家庭のことや大学での学問など、「新たな挑戦」と述べている(Wikipedia英語版によると、シャシッチは2009年からコブレンツ=ランダウ大学でカルチュラル・スタディースを専攻しているという)。

なお、シャシッチは発表されたばかりのUEFA女子最優秀選手の候補にも名前が挙がっている。こちらの発表は8月29日になされる。


シリア・シャシッチ 1988年6月27日、カメルーン人の父とフランス人の母のもと、ドイツのボンで生まれる。生まれたときの名前は、オコイノ・ダ・ムバビ。2013年の結婚以来、現在の名前に。ドイツ代表の10年間で通算111試合出場63ゴール。

 

 スウェーデン代表で、現在クラブではモンペリエでプレーをする、ジョセフィン・オクビスト(Josefine Öqvist)が代表引退を発表した。

オクビストの写真

 オクビストは、2002年からスウェーデン代表として、通算80試合出場20得点と活躍。中でも、2003年のFIFA女子W杯アメリカ大会の準決勝カナダ戦では、86分に決勝ゴールを決め、チームの大会準優勝に大きく貢献した。2011年のW杯ドイツ大会では、日本が3-1で勝ち決勝進出を決めた試合の先制ゴールを決めている(下の動画)。

 2012年1月に妊娠していることが明らかとなり、そのまま産休に入ったため、ロンドンオリンピックの出場はなかった。今回の引退も家族と触れ合う時間を優先させるためと見られている。自国開催であったUEFA2013が、出場した最後の国際大会となった。


参考リンク

1 / 11