advertisement.

HOME<書かれた記事の一覧<木龍七瀬

「木龍七瀬」タグの記事

スカイブルーFCは1月28日に木龍七瀬と2015シーズンに契約しないことを発表した。記事の中では、スカイブルーのJim Gabarra監督が「木龍がベレーザへ戻るための手助けをする。彼女の成功を願っている」と述べているので、木龍はベレーザへ復帰するものとみられる。

木龍は昨年スカイブルーと契約し、909分出場、1アシストを記録している。得点は無かった。シーズン終盤には、ナディア・ナディムが加入し、ナディムが非常に活躍したために、出場機会は減っていった。NWSLシーズン終了後に、レンタルという形でベレーザに復帰し、エキサイティングシリーズから出場していた。

 スカイブルーFCがシーズン終盤に追いやげを見せ、プレーオフにぎりぎり届く範囲までにきている。NWSLの今シーズン中盤までの順位概要としては「シアトルが首位独走で、2位カンザスシティが率いる6位までの中間集団おり、7位以下の下位集団がまたそれに続いていた」と説明することができる。そして、スカイブルーはこの下位集団の7位に位置していたクラブだったのだが、8月13日の日程を終えた時点で、6位に浮上した。さらに順位を一つ上げただけでなく、中間集団のカンザスシティより下を走っていたクラブたちがシーズン終盤に足踏みをした(シカゴは7月にシアトルに初めて土をつけさせたものの他の5試合は全て引き分け/ポートランドはシーズン23試合目の大事な一戦で最下位ボストンに0-2で負ける、等)ことによってプレーオフ進出の可能性が強まった。

 現在、NWSLは3位のワシントン・スピリット、4位のシカゴ・レッドスターズ、5位のポートランド・ソーンズまでが勝ち点35、34、33と1差ずつでで並んでいて、これらのクラブはいずれも1試合だけ残している。対して、スカイブルーは残り2試合残しており、勝ち点が28のMaxが34で、勝ち点的にプレーオフ圏内にいる。もちろん、全勝が必須条件だが、5位のポートランドの最終節の相手が今シーズン1敗のシアトル・レインというスケジュールであるなど、3連勝中のスカイブルーにとって追い風となる要因はある。なお、スカイブルーFCの最後の相手となるのは、8位のヒューストン・ダッシュ。これは、7月2日に雨で順延となった試合なのだが、なぜか未だに代替日が発表されていない。※8/15 7時台追記。この記事を更新した数時間後にNWSLから発表有り。代替日は日本時間で、8月21日の午前8時からキックオフと決定しました。この日はアメリカ代表とスイス代表の親善試合がある日ですので、スカイブルーからはランポーン、ヒューストンからはクリンゲンバーグが招集されているためリーグ戦は出場不可となります。代表戦は、スカイブルーvsヒューストンの試合の30分後に始まる予定です(ライブストリーミングあり)。

 3チームが34で並んだ場合はどうなるかというと、NWSLのツイート(上参照)によれば、タイブレークとして3チームの直接対決だけを見て勝ち点を出し、その1試合あたりの平均ポイントの最も高いクラブがプレーオフに進出することになるという。計算してみると(3試合の直接対決のスコアは下の「参考」に記した)、スカイブルー、2勝3分1敗で9pts(平均1.5)。シカゴ、1勝5分0敗で8pts(平均約1.3)。ポートランド、0勝4分2敗で4pts(平均約0.67)となり、スカイブルーが進出することになる。

 スカイブルーFCがプレーオフ進出の可能性をまだ残している最大の要因は、シーズン途中から加入した、デンマーク代表のナディア・ナディム(上写真左/今年のアルガルベの日本戦でも後半から出場)の活躍だ。前の試合でハットトリックを決めた後に、今日の試合でも2得点を上げ、いずれも決勝ゴールで勝利に貢献している。最近のスカイブルーはフォワードにマヤ・ヘイズとこのナディムを起用することが多く、なでしこジャパンの木龍七瀬はポジションを奪われてしまっている。


参考

  • スカイブルー 1-1 ポートランド
  • ポートランド 0-1 スカイブルー
  • スカイブルー 1-1 シカゴ
  • スカイブルー 0-2 シカゴ
  • スカイブルー 2-2 シカゴ
  • ポートランド 1-2 スカイブルー
  • ポートランド 2-2 シカゴ
  • ポートランド 1-1 シカゴ
  • シカゴ 1-1 ポートランド

 今年からNWSLに参加するなでしこジャパンアルガルベ組の、木龍と川澄がようやく新たなチームへと合流した。

 まず、木龍から。2011年のワールドカップ優勝とロンドン五輪銀メダルの時のメンバーではなかったためか、チームのサイトやTwitterで取り上げられることはなかったが、チームTwitterが24日に投稿した画像の中にその姿を発見することができた(下添付画像の右から3番目。※スマートフォンの場合はリンク先でご覧になってください。)。キプロス・カップに参加していたカナダのシュミットらと共に、開幕前キャンプ第3週からの参加となる。
 スカイブルーFCの次の試合は、3月29日午後4時(現地・予定)のノースカロライナ大学戦。ここでの出場が期待される。

 もう一方の川澄は、Twitter上で大きく紹介された。

 シアトルの間近の試合は、4月3日午後7時(現地)のワシントン大学で、それまでは川澄の新天地への適応も含め、チームを開幕に向けて組織していく日が続く。

 上の動画でハーヴェイ監督の後に喋っているのは、ミッド・フィルダーのウィンターズで、途中頻繁に映像が切り替わることからもわかるように、川澄のニックネームと英語について主に語っている。日本では「ナホ」と呼ばれていた川澄を、ウィンターズは「気に入ってくれるかまだわからない」としつつも「ホーミー」と呼びたいようだ。
 シアトル・レインは外国人枠を、川澄の他に、ジェシカ・フィッシュロックとキム・リトルに使っている。この2人はそれぞれ、ウェールズとスコットランドの出身なので、非英語ネイティヴは川澄だけということになる。言葉の面でも川澄の挑戦は続く。


参考リンク

1 / 11