advertisement.

HOME<書かれた記事の一覧<浦和L

「浦和L」タグの記事

(フォーメーション及び前半の内容はこちら)後半開始。メンバー交代は浦和だけにあった。CBの千葉望愛を下げて、MFの長野風花を入れた。これに伴って、猶本とボランチを組んでいた岸川がセンターバックに下がった。

序盤は再びジェフが主導権を握る。6分、ジェフレディースはCBが変わったばかりのところを狙ってボールを出し、それに川村真理が体をうまく使って裏へと抜け出す。このチャンスは守備に入っていた猶本にクリアされた。その2分後には、浦和のDFのクリアミスしたボールが、菅澤に渡る。菅澤はトラップをしてすぐに打ったがこれはキーパー正面だった。

ジェフレディースが後半途中、引き気味に守り出したころから、浦和に新たな攻撃パターンが生まれる。ジェフの前線と中盤の選手たちの距離が広がることによって、ボランチのふたりが自由に動けることが多くなった。そのことで、猶本は積極的に攻撃に顔を出すようになり、長野は余裕を持って縦への長いパスを入れられるようになった。

中でも、長野と北川ひかるのU-17W杯優勝メンバー同士のラインは見ものだった。後半10分に浦和は柴田が中央でルーズボールを拾うと、右の和田へと渡し、その和田から長野へ。ボールを受けた長野はここで思い切ってサイドチェンジをすると、左には上がっていた北川がいた。最後のクロスはキーパーにキャッチされたが、このプレーにはスタジアムが湧いた。

さらに、後半20分台後半から、浦和の波状攻撃が続く。27分には、吉良、柴田、清家へと渡り、飛び出していたキーパーの後ろへと抜け出して、右サイドの角度のないところから清家が打ったが、これはジェフのDF上野がクリアした。その2分後には、柴田を起点に、再びU-17コンビ間の大きなサイドチェンジから再びペナルティエリアにボールを放り込んだ。その1分後にも、長野、清家、柴田へとボールが渡るチャンスがあった。

ジェフレディースは攻め込まれているあいだ、ゴールまで35mから40mの地点で、何本かフリーキックのチャンスを得たが、得点には繋がらなかった。

後半34分にホームの浦和にとっての最大のチャンス、対するジェフにとっては最大の危機が訪れる。ジェフのディフェンダーのキーパーへのバックパスが中途半端なものになり、それを左サイドで後藤が奪うと、キーパー山根との1対1に持ち込む。最終的にシュートは放ったものの、ややボールを長く持ってしまったのもあって、揺らしたのはサイドネットだった。

千葉は後半37分に、出場前に監督から入念に指示を受けていた若林美里をMFの保坂に替えて入れると、若林は櫻本と磯金の間に入り、5-2-3のような形になる。浦和は後半25分からの10分間のチャンスで決め切れなかったことが響いたのか、再びジェフが盛り返す。39分には再び菅澤がエリア内でシュートし、ここからコーナーキックを得た。

後半40分を過ぎ、ジェフは徹底的に1点を守りにいく。43分には自陣でゴールからおよそ30mの地点でフリーキックのチャンスを相手に与えたが、フィールドプレイヤー全員が守備に回った。

アディショナルタイムに入り、なんとか一矢報いたいホーム浦和だったが、自陣でファールを取られてしまう。リスタートまでに1分前後の時間が費やされてしまったこともあり、フリーキックが蹴られた頃にはすでにほとんど勝負はついていた。まもなくホイッスルがなり、試合終了。ジェフレディースが前半の1点を守りきり、勝ち点3を手にした。

ジェフはこの勝利で勝ち点19となり、順位は変わらず4位。ただ、上位争いには欠かせない3点だった。一方の浦和は、負けたものの新潟が負けたため順位は5位のまま。ただし、8位の湯郷ベルとの勝ち点差は2しかない。

浦和レッズレディースで昨シーズンにレギュラー、エキサイティング両シリーズで全試合に出場し、チームの栄冠獲得に貢献しながら、昨シーズンオフに引退を発表していた堂園彩乃(当サイトによるプロフィールと成績)が千葉県のオルカ鴨川FCで現役復帰している。公式サイトの選手プロフィール一覧に新たに名を連ねる形で明らかになった。新たな背番号は21。

チームの公式サイトでニュースとしての発表はないが、6月17日更新のチームブログではすでに写真で登場している。

オルカ鴨川FCは、2014年創設の新しいチームで、2015年は千葉県女子サッカーリーグ1部で戦っている。このチームには、北本綾子選手兼監督をはじめ、何人かの浦和レッズレディース出身プレイヤーが活躍している。チーム間近の公式戦は、6月28日にフクダ電子スクエアにて行われる暁星国際高校との皇后杯予選となっている。


 

外部サイトの関連記事

2014年のIWCC終了後にEAギャンガンに移籍していた、大滝麻未が現役引退を明らかにした。5月9日のリヨンとのリーグ最終戦終了時には、一部の現地のサポーターがこのことをツイートしていたが、5月15日に更新されたブログ記事の中で「これは私にとってサッカー人生最後の試合でもありました。相手が古巣のリヨンだったのもきっとなにかの縁だったと思います」と大滝自身がコメントしたことで、これが事実上の公式発表となった。記事の中ではこれまでのサッカー人生を回顧する部分もある。

早稲田大学卒業後の2012年からリヨンでプレーし、銀メダルを獲得したロンドンオリンピックのなでしこジャパンでは、FWのバックアップメンバーとして有吉佐織、上尾野辺めぐみ、山根恵里奈とともにチームに帯同した。その後、2013年夏に浦和レッズレディースに移籍し、低迷していたチームに活気をもたらす。2014年には出場機会も増え、キャプテン後藤が不在の中まわってきたスタメン起用で2ゴールを決めたり(レギュラーシリーズ第3節)、清家貴子の2分であげた2ゴール(エキサイティングシリーズ第4節)に対してともに起点になったりして活躍し、チームの優勝に貢献した。

advertisement.

今シーズン5戦目の湯郷vs浦和

2014年の国際女子サッカークラブ選手権(IWCC)の3位決定戦は、日本のクラブ同士の対決となった。レギュラーシリーズの勝者、岡山湯郷ベルと、エキサイティングシリーズの勝者(年間優勝)、浦和レッズレディースの間で行われたこのカードは、両シリーズの勝者同士のプレーオフ感覚としても楽しめるものだった。

この試合で浦和と湯郷は、今シーズン公式戦5試合目となった。過去4試合の成績は、浦和が3勝、湯郷が1勝で浦和が勝ち越していた。湯郷の1勝は、2014年の初顔合わせとなったなでしこリーグ第6節(5月4日)の試合だ。この戦いで湯郷ベルは、ホームの浦和を相手に完勝した。宮間あやの個人技( 2点目のフリーキックによる得点、3点目の終了間際のミドルシュート)もさることながら、左MFの中野真奈美、右MFの浅野未希、この素早い左右のMFがドリブルで中央に切り込んで何度もチャンスを作った。

その後の3試合では先に述べた通り、浦和の3連勝となった。3度目の対戦となった、再びホームの駒場スタジアムに湯郷を迎えたエキサイティングシリーズ第4節(10月10日)では、今述べた試合のリベンジを果たすように、80分台の3得点を含む計4得点で4-1で快勝した。

そして、今シーズン5回目の対戦となった12月6日のIWCC2014の3位決定戦。

試合は序盤から浦和ペースで進んだ。4分には、左サイドの和田奈央子からゴール前の後藤三知へ、5分には、この日右MFとして出場した齊藤あかねから吉良知夏へと、正確な対角線のクロスが入り、それぞれシュートで終えた。吉良のシュートは、この試合で初の枠内シュートとなった。浦和は立ち上がりに作った流れのまま、13分にに先制点をあげる。後藤の放ったシュートが湯郷のセンターバックのひとり髙橋佐智江の肩にあたり、ボールの軌道がかわってゴール左隅に入った。

前半は、湯郷のキーパー福元美穂が負傷するトラブル(後述)があったが、1-0のスコアのまま終了した。

後半も口火を切ったのは浦和だった。59分に柴田華絵がヘディングで得点し(齊藤の見事なアシスト)、2-0とした。一方の湯郷は、62分にペナルティエリア手前でフリーキック得たが、宮間のシュートはキーパーが正面でキャッチした。直後に、中盤でボールを受けた宮間からペナルティエリア内の有町紗央里へロングパス。有町は頭で中央へ落とし、最後はキーパーの前で松岡実希へと渡るものの、デフェンダーに囲まれうまくシュートできずに(同時にオフサイドで)得点までは至らなかった。

その後試合は再び浦和のペースになる。浦和は、70分台に立て続けに3枚メンバーを変えた。76分から出場した大滝麻未はこの試合の前にギャンガンへの移籍が明らかにされていた。大滝はピッチに入って早々、臼井理恵からのクロスに頭で合わせるも、これはゴール右枠外に外れる。この早稲田ア式蹴球OGラインを次に見られるとすれば代表だろうか。その2分後にまたしても大滝のチャンス。再び左から、今度は後藤から放たれたパスをヘッドで決め、惜別のゴールとなった。これで3-0。

終了間際には、湯郷の最終ラインでコーナーキックからのクリアボールを拾った布志木香帆がボールの扱いに失敗したところを、途中出場の泊志穂が逃さずボールを奪取し、ここから浦和のカウンターとなった。センターサークル内でボールをキープした泊は、岸川奈津希へと一度戻し、その岸川から清家貴子へ、清家から最後は臼井へと渡り左脚で振り切ってフィニッシュ。試合を決定づける4点目が決まった。試合はこのまま、4-0で終了。浦和が、IWCC2014の3位のタイトルを手にした。


80分にみせた泊と石井の中野へのプレスに年間勝者のディシプリンを見た

湯郷はこの試合、完敗だった。公式記録のシュート数を見ても、6-23と大きく下回ってしまった。チームの柱である宮間は、元から献身的なプレースタイルの浦和の柴田に徐々にフィジカル面での改善が見られることもあり、中盤での展開に苦労する場面があった。この試合の湯郷は、セットプレーのチャンスに恵まれなかったわけではないが、この試合ではそこから得点に繋がることはなかった。

今年の初顔合わせで大活躍した中野と浅野は、浦和側で対策が徹底されていた。それが最も顕著だったのが、85分の石井咲希と泊がペナルティエリア付近でボールを持った中野に対してすかさずプレスをかけ、相手の機会を潰したシーンだった。71分にも齊藤と堂園彩乃が2人で挟むシーンはあった。しかし、泊と石井の2人は、今シーズンのリーグで、2人を合わせても合計22分しか出場していない(石井の2試合分のみ)。にもかかわらず、レギュラークラスの選手と同等に実戦でプレスをかけることができるというのは、チームの規律という面で高い水準にあることを示している。このプレーに年間勝者のディシプリンを見た。

もっとも、中野、浅野は完全に封じられていたわけではない。浅野は53分にはこの試合で初めて持ち前のドリブル突破を見せてコーナーキックを獲得したし、中野は2回以上(スローから相手2人をかわした11分など)成功させてチャンスを作った。しかし、両者ともこの数回にとどまってしまった。ベレーザの有吉や、新潟の小原のように自分で前線に上がって勝負できるタイプのサイドバックがいれば、湯郷にも別の選択肢は生まれたはずだが、現在はそういった選手がいないのが現状だ。


福元の負傷と代わって入った青柳について

この試合の20分台に、湯郷のキーパー福元がペナルティエリアにボールが入るか入らないないかというところに飛び込んできたボールをヘディングでクリアしようとしたときに、浦和の後藤と衝突してしまうアクシデントがあった。これによって、福元は左目付近を負傷し、退場を余儀なくされた。代わりに急遽、シーズン途中から加入した青柳麻理鈴が入った。

ここで、十分にアップする時間がなかったことを加味する必要があることを前提にして、初出場となった青柳について触れておきたい。ゴールキックの正確さにおいては、やはり代表の福元と比べても見劣りしてしまう部分はある。だが、後半1分に浦和の岸川が放った枠内へのミドルシュートを、弾いても十分ファンプレーというところをダイビングキャッチでセーブし、キャッチング能力の高さを初出場で自ら証明したと言える。自身が出場した後に3失点となってしまい、デビューとしては「ほろ苦」かもしれないが、今後を期待できるキーパーだろう。

両チームの間で今期6度目の対戦があるとすれば、皇后杯決勝まで共に勝ち進んだ場合となる。

フランス女子1部リーグのEAギャンガンが公式サイトで、大滝麻未(浦和L)との契約を発表した。公式サイトでは本人のコメントも公開されている。12月中旬にギャンガンの本拠地に到着すると書かれているので、大滝の浦和のメンバーとしての皇后杯出場はないものとみられる。


大滝は、浦和に入団する前にリヨンに所属しており、フランスでのプレーはこれが2度目となる。EAギャンガンはフランス北西部のブルターニュ地方にホームグラウンドを持つクラブ。フランス女子1部リーグは現在4強と言われているが、EAギャンガンはその4チームに付随して強いチームで、モンペリエが不調なこともあり、今季は4位につけている。チームの好調と大滝の加入もあって、「4強」に変化が出てくるかもしれない。

ASエルフェン埼玉は11月22日に、松田岳夫監督と来季の契約を結ばないことを明らかにした。松田監督の下でのAS埼玉は、2014年の皇后杯が最後となる。

一方、同じ埼玉のクラブの浦和レッズレディースは、エキサイティングシリーズ優勝を決めた3日後の11月27日に吉田靖監督と来季の契約を結んだことを公表した。これで浦和は2015年シーズンも引き続き、吉田監督が務めることになった。

 なでしこリーグエキサイティングシリーズ上位リーグ第2節の試合で、7日(日曜日)午後6時から味フィ西でキックオフ予定の、日テレ・ベレーザと浦和レッズレディースによる試合がなでしこTVにてライブストリーミング(インターネット上の生中継)で放映される。

なでしこTVはこれまで録画で過去の試合を公開してきたが、生中継になるのは稀なこと。なお、なでしこTVはFLASHで公開されているために、FLASHに対応していない端末(例えば、iPhoneやiPadなど)では視聴できないことに注意。また、個々の試合の切り替えもFLASHで制御されているために、YouTubeで中継するNWSLのように固定したURLは存在しない。とはいえ、キックオフになる時間に、http://nadeshikoleague.jp/tv/を開いておけば、まずは見られることだろう。

 参照:なでしこリーグ公式 -“【なでしこTV】第2節 日テレvs浦和 ライブ配信決定!”