advertisement.

HOME<書かれた記事の一覧<U-17

「U-17」タグの記事

 2014年3月15日からコスタリカで開催される、FIFA U-17女子ワールドカップの組み合わせ抽選会が、日本時間の今日行われた。日本は、ニュージーランド、パラグアイ、スペインと同じC組に入った。日程としては、3月16日にスペインと、19日にパラグアイと、23日にニュージーランドと試合をすることが決まった。場所は、最初の2試合をティバスで行い、ニュージーランドとはサンホセで対戦する。

 AからDのグループの振り分けは以下の通り。

A組

コスタリカ

ベネズエラ

イタリア

ザンビア

 

B組

ガーナ

北朝鮮

ドイツ

カナダ

 

C組

ニュージーランド

パラグアイ

スペイン

日本

 

D組

メキシコ

中国

コロンビア

ナイジェリア


 前回大会

2012年大会の開催国はアゼルバイジャン。優勝国は、フランス、準優勝国は北朝鮮。PKの末の決着だった。日本は予選では17得点0失点で3戦全勝と圧倒的な力を見せつけ優勝を期待されたが、決勝トーナメントの初戦でガーナに1-0で惜しくも敗れた。現スペランツァの成宮唯や現ベレーザの長谷川、籾木、隅田などが活躍した。


関連記事

UEFA U-17決勝、ドイツが栄冠


参考リンク

Wikipedia

FIFA公式サイト

 グループリーグでは4-0と完敗したスペインを相手に、ドイツがリベンジを果たした。シュートの合計も終わってみれば、スペイン12本、ドイツ4本と3倍もの数を浴びせられた。しかし、終了4分前にハーティグが貴重な同点ゴールを決め望みをつなぎ、最終的にはPK3-1で優勝を飾った。

 なお、イタリアとイングランドのあいだで行われた3位決定戦は、こちらもPK戦の末にイタリアが勝利した(0-0, PK:4-3)。これで、2014年にコスタリカで開催されるU-17女子ワールドカップに、ヨーロッパからは、ドイツ、スペイン、イタリアの3カ国が出場することに決定した。

 今大会の最多得点者には、合計4得点の、Sehan(ドイツ※読み方わからず)とサンチェス(スペイン)が輝いた。

 決勝戦のハイライト動画は UEFA公式ページより見ることができる。


参考リンク

wikipedia

UEFA公式サイト

 12月5日(※時間は全て現地時間)、UEFA U-17女子大会の準決勝が行われ、ドイツとスペインが決勝に駒を進めた。17:00から始まったイタリア対ドイツの試合は、40分ハーフの前半15分にウォークリングが得点し、ドイツがこの一点を守り切った。別の会場で19:00から始まった、スペイン対イングランドの試合は、スペインがサンチェスの2ゴールを含む3得点で、3-0と完勝。総計23本のシュートをイングランドに浴びせ、終始試合の指導権を握った。

 決勝は、12月8日16:00より、チェスターフィールドFCスタジアムでキックオフの予定。

 より詳しい情報はUEFA公式ページから見ることができる。

 

1 / 11