advertisement.

HOME<書かれた記事の一覧<UWCL

「UWCL」タグの記事

UEFA Women’s Champions League(UEFA女子チャンピオンズリーグ)のRound 32の2nd legが10月15日、16日にかけて行われた。結果は以下の通り。

UEFA WCL 2014-15 Round 32結果(※太字が勝ち抜いたクラブ)
#
1 KKPK Medyk Konin(ポーランド) 2-0
0-3
グラスゴーシティー(スコットランド)
2 Ryazan-VDV(ロシア) 1-3
0-2
FC Rosengård(スウェーデン)
3 ACF Brescia(イタリア) 0-5
0-9
オリンピック・リヨン(フランス)
4 Clube Atlético Ouriense(ポルトガル) 0-3
0-6
Fortuna Hjørring(デンマーク)
5 SK Slavia Praha(チェコ) 0-1
0-3
バルセロナ(スペイン)
6 Raheny United(アイルランド) 0-4
1-2
ブリストルアカデミー(イングランド)
7 FC BIIK-Kazygurt(カザフスタン) 2-2
0-4
フランクフルト(ドイツ)
8 Gintra Universitetas(リトアニア) 1-1
1-1(PK4-5)
スパルタプラハ(チェコ)
9 ŽNK Pomurje(スロベニア) 2-4
1-3
ASDトレス(イタリア)
10 スターベック(ノルウェー) 0-1
1-2
ヴォルフスブルク
11 Apollon LFC(キプロス) 1-0
1-3
Brøndby IF(デンマーク)
12 MTK Hungária FC(ハンガリー) 1-2
2-2
ノイレンバッハ(オーストリア)
13 ŽNK Osijek(クロアチア) 2-5
0-2
FCチューリッヒ(スイス)
14 リヴァプールLFC(イングランド) 2-1
0-3
リンショピン(スウェーデン)
15 トウェンテ(オランダ) 1-2
0-1
PSG(フランス)
16 Stjarnan(アイスランド) 2-5
1-3
WFC Zvezda-2005(ロシア)

Notes

  • フランクフルトは1st legで、過密な遠征日程もあって、終盤に同点ゴールを許してしまい、2-2。ホームでの2nd legは4-0で勝利。
  • PSGとリヨンが勝ち上がった事によって、Round 16で早くも昨シーズンのクープ・ドゥ・フランス決勝カードでヴァレーカップ決勝カードでもあった2クラブによる対戦がUWCLでも行われることに。
  • ノイレンバッハとヴォルフスブルクが共に勝ち進んで、昨シーズンのベスト8進出チーム同士が早くも対戦決定。
  • シアトル・レインの控えGKの、ヘイリー・コップマイヤーがアポロンLFCのゴールキーパーとして先発。1st legでは相手をシャットアウトしたが、同じくフル出場した2nd legの試合に延長戦で2ゴールを許してしまい、チームは敗退した。
  • グラスゴー・シティーが1st legを0-2で負けて敗退が危ぶまれたものの、2nd Legの延長で勝ち越しゴールを決めて、3-0で勝利し、勝ち進んだ。
  • FA WSL 2013年チャンピオンで、先日リーグ2連覇を達成したばかりのリヴァプール・レディースが、2nd legでスウェーデンのリンショピンに0-3で破れたため、本戦初戦での敗退が決まった。
  • 安藤梢(フランクフルト)は、 1st leg では、89分にガーレフリーケスに代わって出場し、2nd legでは、フル出場した。
  • 田中明日菜(フランクフルト)は、1st leg では、ベンチ入りしたものの出場せず、2nd legでは、79分にマロジャンに代わって途中出場した。
  • 熊谷紗希(リヨン)は、1st leg ではフル出場し、2nd legでは、すでに大勝していたため温存も込めてか前半で退いた。
  • 未だ怪我が心配されるヴォルフスブルクのゲスリングが、2nd legでフル出場。

以上の結果を受けて、Round 16の組み合わせは以下のように決まった。

UEFA WCL 2014-15 Round 16 組み合わせ
#
1 FCチューリッヒ vs グラスゴー・シティー
2 ローゼンガード vs Fortuna Hjørring
3 PSG vs オリンピック・リヨン
4 ヴォルフスブルク vs ノイレンバッハ
5 リンショピン vs WFC Zvezda-2005
6 バルセロナ vs ブリストルアカデミー
7 フランクフルト vs ASDトレス
8 Brøndby IF vs スパルタプラハ

日程は以下の通り

  • 2回戦(16->8)/2014年11月8日〜11月13日
  • 準々決勝(8->4)/2015年3月21日〜29日
  • 準決勝(4->2)/2015年4月18日〜29日
  • 決勝戦(@ベルリン)/2015年5月14日

 

UEFA女子チャンピオンズリーグのノックアウトステージが、10月8日から始まる。女子ブンデスリーガのフランクフルトは、FC BIIK-Kazygurtとの初戦をアウェイで迎える。この試合は、嬉しいことに、カザフスタンサッカー協会の公式YouTubeチャンネルで生中継される予定となっている。

キックオフは、日本時間で10月8日の17:00(現地時間で14:00※日本との時差は3時間)からの予定。チャンネルのアーカイブを確認したところ、生中継された映像は基本的に保存されているので、時間の都合が合わなければ後から見る事も可能だ。

なお、スペイン代表、ヴェロニカ・ボケーテのツイートによると、フランクフルトは今回の遠征で、飛行機を2回乗り換え、片道合計15時間の旅となり、移動距離は、4635kmにもなったという(以下のツイート)。チームがカザフスタンに着いたのは、10月7日と見られ、コンディション面がやや懸念されている。

8月22日、スイスのニヨンにてUEFA女子チャンピオンズリーグの組み合わせ抽選会が開催された。その様子は、UEFAの公式サイトを通じて生中継された。組み合わせは以下の通りとなっている。

UEFA WCL 2014-15組み合わせ
#
1 KKPK Medyk Konin(ポーランド) vs グラスゴーシティー(スコットランド)
2 Ryazan-VDV(ロシア) vs FC Rosengård(スウェーデン)
3 ACF Brescia(イタリア) vs オリンピック・リヨン(フランス)
4 Clube Atlético Ouriense(ポルトガル) vs Fortuna Hjørring(デンマーク)
5 SK Slavia Praha(チェコ) vs バルセロナ(スペイン)
6 Raheny United(アイルランド) vs ブリストルアカデミー(イングランド)
7 FC BIIK-Kazygurt(カザフスタン) vs フランクフルト(ドイツ)
8 Gintra Universitetas(リトアニア) vs スパルタプラハ(チェコ)
9 ŽNK Pomurje(スロベニア) vs ASDトレス(イタリア)
10 スターベック(ノルウェー) vs ヴォルフスブルク
11 Apollon LFC(キプロス) vs Brøndby IF(デンマーク)
12 MTK Hungária FC(ハンガリー) vs ノイレンバッハ(オーストリア)
13 ŽNK Osijek(クロアチア) vs FCチューリッヒ(スイス)
14 リヴァプールLFC(イングランド) vs リンショピン(スウェーデン)
15 トウェンテ(オランダ) vs PSG(フランス)
16 Stjarnan(アイスランド) vs WFC Zvezda-2005(ロシア)

2連覇中のヴォルフスブルクは、ノルウェーのスターベックとの対戦が決定した。また、昨季までティレソーの中心選手だったマルタは、同じスウェーデンのクラブ、ローゼンガードのメンバーとして再び決勝の地を目指す。

今回のドローイングでは2回戦の組み合わせも決定された(以下の表を参照のこと)。やや悲劇的なことに、フランスからの2クラブ、オリンピック・リヨンとPSGが、両チームが1回戦を勝った場合、激突することになる。いずれも準々決勝前に姿を消すには惜しいチームだが、いずれかが今年中に消えてしまうことが決定した。

UEFA WCL 2014-15組み合わせ
#
1 13の勝者 vs 1の勝者
2 2の勝者 vs 4の勝者
3 15の勝者 vs 3の勝者
4 10の勝者 vs 12の勝者
5 14の勝者 vs 16の勝者
6 5の勝者 vs 6の勝者
7 7の勝者 vs 9の勝者
8 11の勝者 vs 8の勝者

日程は以下の通り

  • 1回戦(32->16)/2014年10月8日〜16日
  • 2回戦(16->8)/2014年11月8日〜11月13日
  • 準々決勝(8->4)/2015年3月21日〜29日
  • 準決勝(4->2)/2015年4月18日〜29日
  • 決勝戦(@ベルリン)/2015年5月14日

※ラウンド16の誤りを訂正 

 5月22日(日本時間23日)にリスボンで行われた、ティレソーとヴォルフスブルクによるUEFA女子チャンピオンズリーグ決勝戦は、3-4でヴォルフスブルクの勝利で終わった。ヴォルフスブルクは昨季の優勝に続いて、これでチャンピオンズリーグ2連覇となった。

 前半の勢いはティレソーにあった。女子サッカー界のスター軍団たるティレソーが、個人技でヴォルフスブルクを圧倒する。28分の先制ゴールとなったマルタの得点は、ヴォルフスブルクのディフェンダー3人を抜いてのゴール。その直後の前半30分のボケーテのゴールは、アメリカ代表のプレスが、巧みなドリブルによるキープの末に上げたクロスが起点となった。
 ティレソーは、センブラント、セガーあるいはダルクビストといった自国のスタープレイヤーが中盤から後方を支えつつ、前線でボケーテ、プレス、そしてマルタのような国際的なプレーヤーが、それぞれの個の力を活かして躍動した。

 しかし、前回チャンピオンであり女子ブンデスでも優勝争いをするほどのクラブであるヴォルフスブルクが、このまま2-0で試合を終わらせるはずなどなかった。後半から、徐々にヴォルフスブルクペースとなる。まず、後半2分に右サイドからのクロスにポップがヘディングで合わせて得点すると、その6分後にはミュラーがキーパーと一対一となったチャンスを逃さず同点に追いつく。試合はあっという間に振り出しに戻った。
 だが、再びマルタが個人技で魅せる。56分、セットプレイでの混戦からボケーテが頭でマルタへボールを渡すと、ペナルティエリア内での絶妙な切り返しでヴォルフスブルクのDFふたりを交わしてシュート。ゴールキーパーも必至に飛びついたが、巻き気味に放った柔らかいシュートは、ゴールネットの右隅を揺らした。

 これで、3-2でティレソーのリードとなったものの、この試合で後半より右サイドからの崩しを徹底してきたヴォルフスブルクの攻撃が、ますますティレソーゴールを脅かすようになっていった。
 68分、後半からワーグナーに変わって途中出場したファイストが得点を決める。そして、80分には、ケスラーが右から相手のゴールポストすれすれのところまで駆け上がり、ミュラーが厳しい体勢ながらも何とか押し込み、これで逆転に成功した。なお、この80分のゴールにより、WCLの得点ランキングにおいて、ミュラーが通算10ゴールとなりプレスを1ゴール分上回ってトップとなった。

 残り10分は、おおよそ互角でティレソーも何度かチャンスメイクをしたがゴールには至らず、そのまま試合終了のホイッスル。ヴォルフスブルクが4-3でティレソーを下し、昨年に引き継ぎヨーロッパチャンピオンとなった。なお、この日のプレイヤー・オブ・ザ・マッチには、決勝点のアシストを決めたヴォルフスブルクのキャプテン、ナディーン・ケスラーが選ばれた。

 ティレソーは、財政難とその後の対応でのトラブルで、来シーズンにスウェーデンのリーグに参加する資格を失っており(現在は異議申し立ての協議中と見られている)、またマルタの契約が切れることからも、この決勝で見たようなドリームチームとしては一度見納めとなってしまう。マルタの移籍先は今も噂の的だが、ボケーテはNWSLのポートランドへ、プレスはNWSLのシカゴにこの後合流することが決まっている。


参考リンク

advertisement.

ティレソー 3-0 バーミンガムシティ (計3-0)

 前半までは0-0。49分にマルタのPK失敗があったものの、その後の61分と72分のプレスの2得点で試合の流れはティレソーに。試合終了直前には、UWCL終了後にチームを去るマルタのダメ押しゴールでとどめを指し、決勝進出を決めた。

ヴォルフスブルク 4-2 ポツダム (計4-2)

 ドイツ勢同士の対決は、10,000人を越えるホームの歓声に後押しをされたヴォルフスブルクに軍配が上がった。36分、41分のアレクサンドラ・ポップの2ゴールで、同点と逆転に成功。その後はポツダムの攻撃を封じ、最後は80分のミュラーの得点で勝ち越し、そのまま逃げ切った。これでヴォルフスブルクは昨年に引き続き決勝進出が決定し、連覇に挑むことになる。決勝は、5月22日にリスボンで行われる。

 WCLで唯一準決勝まで残っていた日本人選手だった永里は、2nd legでは先発で出場し、90分間通してプレーした。33分には、ヴォルフスブルクのディフェンダーとゴールキーパーとの間のミスを逃さず、キーパーからボールを奪い、ポツダムの2点目となったアノンマのゴールを演出した。

今夜からUEFA女子チャンピオンズリーグ(UWCL)の、準決勝がスタートする。ドイツ勢同士の対決、大会終了後にチームを去るマルタが所属するティレソーなどに注目が集まっている。また、ポツダムの永里亜紗乃も前ステージに続いて出場する可能性が高い。今夜(まもなく)行われるドイツクラブ同士の試合は、rbbでライブストリーミングされるという。

UEFA女子チャンピオンズリーグ準決勝の日程
日時 Home Away
1st Leg
4/19 21:00 ポツダム ヴォルフスブルク
4/19 22:00 バーミンガム ティレソー
2nd Leg
4/27 21:45 ティレソー バーミンガム
4/27 24:15 ヴォルフスブルク ポツダム

決勝は男子CL決勝と同じリスボンで、その2日前に行われる。先日、優勝カップがリスボンに到着し、大会もいよいよフィナーレを迎える。


参考リンク